人気ブログランキング |
NEW POST

北タイの伝統楽器サローのコンサート

ティティポン・カンティーウォン(通称ゴー)さんのコンサート
「月映え」に行ってきました。

右はサローのゴーさん。
左はピアノのコラピン・ワシカシリ先生。
c0132422_20211492.jpg

ゴーさんは北タイの伝統音楽界を代表する若手音楽家です。
北タイの音楽といっても、
日本の方にはあまり馴染みがないですよね。

サローという弦楽器、ギターに似たスン、笛、太鼓、鐘などが、
一定のリズムにのってフレーズを自由にアレンジしながら繰り返す・・・
どことなく、日本のお囃子にも似ています。

ゴーさんは、サローにスンや笛、太鼓や踊りまで、全てこなします。
特に、幼少の頃から演奏してきたサローの名手として知られ、
ソリストとして活動し、歌手の加藤登紀子さんと共演するなど
日本でも何度も公演しています。

このコンサートは、昨年、癌で亡くなった染め・織作家の瀧澤久仁子さんと、
建築家のシリチャイ・ナルミットレーカーガン教授を追悼するために開かれました。

だから、演奏された曲は、日本の童謡など、日本人に馴染みの深い曲ばかりです。

生前、瀧澤さんはチェンマイに工房をもって制作をされていて、
ゴーさんは、若い頃から日本での演奏に招待してもらったり、
いろいろとお世話になったのだそうです。

「月映え」というタイトルは、
ゴーさんが瀧澤さんから教えてもらった日本語です。

タイトルについてゴーさんに聞いてみると、

「ある夜、先生が、月明かりを受けて静かに輝いている石を指して、
『月に照らされた美しい光を『月映え』というんですよ』
と教えてくれました。
僕はこの言葉を聞いて、
暗闇でもよく見ると美しく輝いている光がある、ということに、
何か哲学的な意味を感じて、とても印象に残ったんです」

と言っていました。


c0132422_20193457.jpgc0132422_20202473.jpg














左は3本の弦がある特別なタイプ。
ダチョウの卵に漆を塗り重ねた、ゴーさんの手作り。
右は中低音のサロー。
この他に、高音のサローの3本を
曲ごとに持ち替えて演奏していました。


サローという楽器は、
中国の胡弓に似ていますが、
蛇皮を張った胡弓は、
人の声に似た、艶やかな音色なのに対し、
サローはココナッツの殻と木製の板で作られ、
やや固い、少しくぐもったような素朴な音色です。

でも、それは、
まるで木霊が歌っているかのような
穏やかな揺らぎを持った不思議な音。

その昔、
夜になると、年頃の男性はお目当ての女性の家に
このサローなどの楽器を持って行って
窓の外から
演奏を聞かせて気を惹こうとした時代もあったそうです。
は~、ロマンチックですね~。

北部地方の伝統楽器は精霊の世界と通じている
と、ゴーさんは言います。
タイは仏教国ですが、
北タイでは、もともと土着の精霊信仰もあったので、
今でも、仏教を信仰すると共に、
いろいろなものに精霊が宿ると信じられているんです。
なんか、日本と似ているような気もしますね。

楽器をまたいだりしてはいけないのはもちろん、
毎日、演奏の前に楽器に対してワイ(手を合わせて祈る)をします。
これは、音楽を創り、伝えてきた過去の師に対して敬意を払うためであり、
また、楽器には精霊が宿っているから、なのだそうです。


実は、もう、10年以上も前の話になりますが、
私が大学生の頃、
ゴーさんからサローを習ったことがありました。

弦が2本のシンプルな楽器なのですが、それは、もう・・・
「ギーギー」と悲鳴を上げるばかり(苦笑)

美しい音色を出すのも、表情豊かに弾くのも、
見た目よりずっと難しいのです。

そういえば、当時、同年代の私たちは親しみをこめて
「ゴーちゃん」と呼んでいたなぁ。

でも、今回改めて聞いてみると
チェンマイ大学美術学部在学時代から
「今までにない面白いことをしたい!」と、
若き音楽仲間や舞踏家たちと「チャーンサトン」という楽団を結成。
ピアノやフルートなどの西洋の楽器と共演したり、
海外の民族楽器の演奏者とコラボレートしたりと、
当時から、コンテンポラリーで実験的な音作りに挑戦していたんですね!
すごい!
最近は、「ゴー先生」と呼んでしまう私・・・。

c0132422_1583495.jpg

                   お寺で演奏する「チャーンサトン」

今回のコンサートで演奏された曲は、
「赤とんぼ」、「故郷」、「荒城の月」など、日本人なら誰もが知る曲ばかり。
ダンナは「おぼろ月夜」の演奏が良かったと言っていました。
「島歌」のリズミカルな演奏には、一際大きな拍手が贈られていました。
私はゴーさんオリジナルの「なると」と「月映え」という曲が良かったなぁ・・・

なにより、
タイ人のゴーさんが
日本の曲をこれほど情緒豊かに演奏してくださったことに、
とても感激しました☆
c0132422_20184321.jpg

家への帰り道、
空を見上げれば「おぼろ月夜」。

美しいものは、なんで切ないんだろう・・・。
は~。
柄にもなく、しんみり染み入りました。

日頃、乱雑に暮らし、
精霊の世界を感じるような感性を持ち合わせてはいませんが、
ゴーさんの音楽は、確かに聴く人の魂に触れました。
Commented by Nagai at 2008-07-13 06:35 x
早朝に何度も読んだナ~
何なんだろ~ 詩的溢れる文才のせいかナ~ 始めて聞く「月映え」のせいかナ~ 画像が叉いいナ~ 後ろの屏風らしきものに月が映えてるナ~ ワシカリ先生は着物? ゴーさんの足元!足袋? やっぱ文才かナ~ 
Commented by at 2008-07-13 10:15 x
ラストパラグラフを読んで、私の魂も触れられましたよ。
こんな日本語が書けたらなあと ; )

サローは私も昔習っていました。
悲鳴を上げていましたね(苦笑)。

「闇はあやなきを、月映えは今少し心ことなりと定め聞こえし」<源氏物語>、という有名な(?)詩があるそうですが、まさに今日のブログにぴったりではないでしょうか。

Commented by yunkao at 2008-07-13 11:49
Nagaiさん
いえいえ、私も「月映え」は初めて聞きました。ゴーさんの衣装は、瀧澤先生によるものらしいです。それに合わせて、ピアノの先生も着物を着ていらっしゃったよう。
昨年は、奈良県で雅楽の楽団と共演したのだとか。これから日本でもゴーさんの音楽が聴ける機会が増えるといいですね。
Commented by yunkao at 2008-07-13 12:14
ぽさん
最後のくだり、ちょっと気恥ずかしかったけど、褒めてもらえたので良かった(^^) 
あの生演奏を聴いたら、誰でも詩人になってしまいます・・・
ま、ちょっと酔ってたのもあるけど(笑)

お! サロー、習ってたんだね。 トホホ楽団結成か?!

「闇はあやなきを、月映えは今少し心ことなりと定め聞こえし」<源氏物語>って、
ナニソレ?って感じだったので、ネットで調べましたよ(苦笑)
ぽさんの日本語の方が凄いぞ~!!

Commented by at 2008-07-13 16:12 x
私だってネットで調べましたもん(ーー;)。

トホホ楽団か、いいねー。私は打楽器担当。ココナッツの殻を、、、叩きます。

Commented by yunkao at 2008-07-13 17:00
ぽさん
ネットは便利だね~ 感謝、感謝(^^)!

ははは、ココナッツの殻を叩くんだね! 実は笛も習ったことあるんだけど・・・家のものから「うるさいっ」と苦情が出ましたよ・・・・・・がんばれ!トホホ楽団。
Commented at 2008-07-13 20:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yunkao at 2008-07-14 02:02
鍵コメさん
「花は盛りに 月は隈なきをのみ 見るものかは」って、徒然草ですね?ネットで検索しました(苦笑)。こういう昔からある日本人の感性って、独特なものですね。
今日は帰国する友人が歌ってくれた歌に、じーんとしました・・・。
Commented by ymomen at 2008-07-15 00:42
わたしも拝聴してみたい。

心を打つもの、美しいものは切ないです。
わたしはそんなものに出会うと胸がいっぱいになって、ものが食べられないようになります。
そんなときが続けばダイエットになりますね・・・笑。

胡弓の音が好きですが、またこれとは違うのですね。
同じ弦楽器でも、いろいろな音色があるのですね。
音が聴こえて幸せです。
Commented by yunkao at 2008-07-15 01:16
ymomenさん
ゴーさんの音楽は、これから、もっと多くの人に聞いてもらえるようになると信じています!きっと、もめんさんにも聞いていただける日が来ると思いますよ(^^)

ものが食べられないほど、胸がいっぱいになることって、なかなか溢れてはいませんが、もめんさんの日常には(ブログを拝見しますと)心を打つもの、美しいものが沢山ですよね! それは、もめんさんがいつも求めていらっしゃるからなのでしょうね。

サローは「ウーン」と言っているみたいな、なんとも不思議な音色なんですよ~。まだ、コンサートの余韻が残っていて、幸せです。
Commented by tongshin at 2008-08-23 23:47 x
yunkaoさん、はじめまして。
私もむかしチェンマイに住んでいたことがあり(トンパヨーム市場の近くです)、とてもなつかしくこのブログを読ませていただきました。

当時リンカムホテルの近くに瀧澤さんご夫婦の作ったレストランがあって、そこで久仁子さんとお話するようになりました。工房や作品の話をたまに誰かにきいて「今もチェンマイにいらっしゃるんだなあ」と思っていたのですが亡くなられていたとは…

もう長いことチェンマイには行っていませんが、今度は昔を思い出しつつゆっくり滞在したいです。サローの演奏を聴くことができたらぜひ聴きに行きたいと思います。
Commented by yunkao at 2008-08-24 00:36
tongshinさん
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
トンパヨーム市場の近くに住んでいらっしゃったんですか!運河沿いの道がまだ1本しかなかった頃でしょうか?

レストランのお話は知りませんでした。行ってみたかったです。
生前、私は瀧澤さんとお話しする機会はほとんどありませんでしたが、すばらしいお仕事をされて、日本人にとってもタイ人にとっても財産となるコレクションを残されました。

次回ゆっくり来られた時には、ゴーさんのサローの演奏が聴けるといいですね。
by yunkao | 2008-07-13 02:22 | 私のお気に入り | Comments(12)

タイ・チェンマイをのんびりみちくさ☆ゆかいな写真ブログ


by yunkao