タグ:コドモッチ ( 42 ) タグの人気記事


2013年 04月 17日

太鼓のハナウタ

ソンクラーンが終わりました。
今年は知り合いの方に誘っていただき、
田舎のソンクラーンに参加して、
温かい気持ちで新年(こちらの)を迎えることができました。
c0132422_22365082.jpg

さて、この写真は、一昨年のソンクラーンのイベントでの一コマです。
タイヤイの踊りを披露しているところですが、
かわいい鳴り物も熱演中です。
赤いシャツの男の子は、ベンジャミン君、当時4歳。
c0132422_22371999.jpg

ここでは太鼓を叩くベンジャミン君。
動画じゃないのが残念ですが、
大人顔負けのリズム感で、太鼓を打ち鳴らしているんですよ。
タイヤイの踊りには、この太鼓は欠かすことができない要なんです。

ベンジャミン君のおじさんは、タイヤイ太鼓の名人。
将来が楽しみです。


c0132422_22373725.jpg

小さなマイ太鼓には、ベンジャミン君の「はなうた文字」がありました。




[PR]

by yunkao | 2013-04-17 22:54 | はなうた文字
2011年 12月 21日

床屋さんにて  หน้าร้านตัดผม

c0132422_11534128.jpg

昔ながらの床屋さん。                                         หน้าร้านตัดผม

赤いシャツの女の子、
歌いながら待っているのは・・・・

c0132422_1154088.jpg

                                                   กำลังรอคุณพ่อตัดผมเสร็จ
お父さんです。
                                       

早く帰ろうよ~♪







[PR]

by yunkao | 2011-12-21 12:01 | かわいい出来事
2011年 12月 04日

つるのおんがえし

c0132422_1057533.jpg
幼稚園の年長さんに絵本の読み聞かせをしてほしい
とお願いされ、
「つるのおんがえし」を読んであげました。

文はまつたにみよこさん、絵はいわさきちひろさんです。
日本に帰った時に古本屋でゲットしました。
いわさきちひろさんの絵は、
タイでも人気があります。

ちょっと切ないお話だけど、
美しい絵を味わってもらいたいな、
あと、タイは寒い冬がないから、
日本の冬の景色を伝えるのに、いいかもしれない。

タイ人の読み聞かせを聞くと、
タイ語の独特のリズムと抑揚を活かしていて、とっても楽しいんです。

c0132422_10582692.jpg


私のタイ語では、とてもそんな風にはできないので、
つるの鳴き声を入れたり、
機織りの真似をしたり……、
お話からかなり脱線します(読み聞かせじゃないですね、苦笑)

c0132422_110463.jpg


とかしていると、
いよいよお話のクライマックスがきました。
c0132422_10592181.jpg

機織りをする姿をのぞいてはいけない、
という、むすめとの約束を破って
おばあさんが、そっとのぞこうとします。
「やめろ、ばあさま!」
と、止めるおじいさん。


ここで、子供たちに聞きました。

私     「約束、覚えてるかな? 
       織ってるところ、見てもいいのかな?
       それとも見ないでおく?」

子供たち 「見てもいい! 見てもいい!」
       「見るー! 見るー!」 

のぞいた部屋では、
つるが一羽、
自分の羽を抜きながら、機を織っていました。

機場の戸が静かに開いて、
やせ細ったむすめが出てきて言いました。

「じいさま、ばあさま、わたくしは、ゆきの日に
たすけてもろうた つるです。
すがたを みられては、もう おそばに いられません。
おわかれします」

むすめはそういうと、
みるまにつるの姿になって、
こうと一声鳴いて、夕焼けの空に舞い立っていきました。


子供たち  シーーーーン


タイの絵本にはない、なんとも切ない後味です。
子供たちの中には、泣き出しそうな顔の子も・・・。
こんな空気にしてしまって、いいのだろうか・・・(汗)

でも、約束の厳しさや、
誰にでもいつか必ずやってくるお別れの日のこと、
そんなことを、このお話は教えてくれます。

子供向けの絵本は、ハッピーエンドが多いのですが、
こういう悲しいお話の方が、心に残るものかもしれません。

子供たちがこのお話のことを覚えておいてくれたらいいな。








[PR]

by yunkao | 2011-12-04 02:59 | 私のお気に入り
2011年 11月 27日

白い糸でつながっている?!

c0132422_12513482.jpg
チェンマイのアパートで暮らし始めた頃のことです。

洗濯物を部屋の前の洗濯ロープにかける時、
ロープに並行して、白い紐があったので、
そこにくつ下をかけようとしたら、
ちょうど出てきたお隣さんに
「そこはだめですよ!」と激しく注意されました。

実は、そのアパートの大家さんの娘さんが
事故で突然お亡くなりになったので、
厄除けのためにアパート中に白い糸を張っていたのです。
c0132422_1241680.jpg

今住んでいるあたりでも、
村でお寺にお布施を届けるお祭りの時などに、
集落一体に白い糸が張られます。

白い糸は、こちらの精霊信仰の儀式や仏教儀式では欠かせないものです。
手首に巻いて、「クワン」という体に宿っているといわれる魂を守ります。
また、家の扉の上に魔除けのしるしと一緒に白い糸を張って、
悪い霊が入らないための結界にもするようです。


さて、
毎年、秋に島根に帰ると、
ちょうど秋のお祭りの時期と重なります。

町中に白い糸が張り巡らされているので、
ああ、お祭りなんだな、とすぐにわかるのですが、
初めてそれを見た時は、
チェンマイの風景とよく似ているので、驚きました。
c0132422_12454464.jpg

場所は遠く離れていますが、
太古の時代から、
同じアジアで育まれた文化が脈々と今につながっているような、
不思議な気分になります。




今年も近所の神社へ、石見神楽(いわみかぐら)を見に行きました。
c0132422_12532791.jpg

この辺りはスサノオノミコトや天照大神などが登場する、
神話の世界を表現した石見神楽が盛んです。
ダンナも子供の頃、この神楽を踊ったそうです。

いろいろな物語が、
夕方から明け方まで、延々と踊られます。

スサノオノミコトが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)をやっつける話など、
ヒーローものの世界なので、子供たちは大好き。
この日ばかりは夜更かしして、神楽を見るのだそうです。



神楽の最後には、
やはり、ヤマタノオロチが登場します。

出雲国の肥河(島根県斐伊川)の上流にやってきた須佐之男命は、
ヤマタノオロチに娘たちを食べられてしまった老夫婦に会います。
c0132422_1252828.jpg

                                                         酒を飲む大蛇
最後に残った末娘の櫛名田比売(くしなだひめ)を助けるため、
夫婦に強い酒を準備させて、ヤマタノオロチに飲ませ、
酔って寝ているところを、剣で切り刻むと、
中から太刀が出てきたといわれています。

その演目まで見たかったのですが、夜が苦手な私。
眠くなったので、諦めて家に帰りました。


翌日、近くのショッピングモールでおはやしが聞こえるので
行ってみると、神楽が行われていました。

夜遅くまで見られないチビッコもたくさん。
そこで、ヤマタノオロチもやってくれたので、ラッキー!

c0132422_12484544.jpg



口から花火を拭きながら、暴れる大蛇。
そして、舞台から飛び降りてくる大蛇は、迫力満点でした。





今回もスライドショーにまとめましたので、ごらんください。














[PR]

by yunkao | 2011-11-27 13:54 | ちょっと遠くへ
2011年 11月 24日

蓮の折り紙




c0132422_0235499.jpg

とある幼稚園での、仏教儀式の1シーンです。
(白い糸は仏像やお坊さん、祭壇につながっていて、
白い糸を伝ってよい霊(もしくは魂?)が入ってくると信じられています)

こんな風に、タイでは小さい頃から仏教行事に親しみます。

先日、幼稚園の子供たちと
「ロ-イクラトンは何をしたのかな?」
という話をしました。
みんな、家族で川にクラトンを流しに行ったそうです。

ひとりの子が、
「クラトンを学校で作ったのが楽しかったよ。
もっと作りたいなあ!」
と、かわいいことを言うので、
クラトンではありませんが、
ちょっぴり形が似ている
蓮の花の折り方を教えてあげました。

c0132422_0241043.jpg



翌週、幼稚園を訪れると、
お掃除のおばさんが
私の顔を見るなり、
かけ寄ってきました。

手には、先週子供たちに教えてあげた
蓮の折り紙を持っています。

「この折り方を教えてほしいの!」

「あ、いいですよ」

おばさんが持ってきた広告の紙で一緒に折り始めると、
いつの間にか、お掃除チーム全員が集まってきました。

仕事中なので、
ちょっと周りを気にしながらも、
目つきは真剣!

きれいに折れると、
「バナナの葉でも、できるかしらね」
と、相談しはじめた彼女たち。

「なんで、ローイクラトンの前に教えてくれなかたの!
たくさん作って、道端で売ったのに~!」

・・・なるほど(苦笑)

来年のソンクラーン祭りでは、
ピン川沿いで、こんなクラトンが売られていたりして(笑)







[PR]

by yunkao | 2011-11-24 01:25 | かわいい出来事
2011年 07月 14日

車のはなうた文字

c0132422_1254835.jpg

わーーーーっ!



なに?なに?
なにをそんなに慌ててるの(笑)?

c0132422_1263933.jpg

あっ!
み~つけた!

窓の下に車のはなうた文字
あんたが描いたんでしょ。


ピン川の岸辺のワローロット市場の側にある、
郊外行き黄色ソーンテーオ(乗り合いタクシー)乗り場です。



c0132422_1271784.jpg




もうすぐ発車しまーす!
[PR]

by yunkao | 2011-07-14 12:22 | はなうた文字
2011年 06月 29日

お茶の時間

c0132422_2346382.jpg

カフェでみつけた、はなうた文字
お店の子供が描いたのか、小さなお客さんが描いたのか。
楽しいお茶のひとときですね。
[PR]

by yunkao | 2011-06-29 23:52 | はなうた文字
2011年 06月 17日

アラレちゃん(実写版)

c0132422_1505059.jpg

えっ? まさか!?

ワローロット市場の布屋さんに行ったら、
・・・・カウンターに・・・・ ウ○チが!!

なんで、こんなところに!?

c0132422_1511268.jpg

                    
このウ○チ、動いています。
なんと、ウ○チのねじ巻きおもちゃでした。ほよよ~
動画で撮ればよかったですね。



c0132422_1512952.jpg

女の子はめっちゃんこ楽しそうに、
ウ○チで遊んでいました。

バイちゃ!
[PR]

by yunkao | 2011-06-17 02:15 | びっくり!小事件
2011年 06月 02日

孫と猫とニワトリ

c0132422_2411220.jpg


4月の上旬、ソンクラーン(タイ正月)の直前。
チェンマイを北に上がって、メコン川を渡り、
ラオスを陸路で北上して、
中国雲南省のシーサンパンナに行きました。

たくさん撮った写真の中で、
これが一番気に入ってます。

ラオスのルアンナムターで寄った、タイルーの村。

夕方、
木造高床式のお宅の床下で、
おばあさんと孫と、猫とニワトリ(笑)と、
のんびりくつろいでいるところへ、ちょっとお邪魔しました。
[PR]

by yunkao | 2011-06-02 02:51 | みちくさラオス
2010年 12月 25日

チェンマイのサンタさん

c0132422_1051921.jpg

                                           2005年12月 ローイクロ通り
メリークリスマス~ ♪

電化製品修理屋さんに預けられていたサンタさんは
元気に復活したようでした。

今はどこで仕事してるのかな。
[PR]

by yunkao | 2010-12-25 11:02 | きらきら☆歳時記