<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 24日

ワロロット市場でちょっと一息 THAMEL COFFEE

c0132422_2185583.jpg

ワロロット市場の路地にある
「THAMEL COFFEE (タメル・コーヒー)」は
お買い物の休憩にピッタリの喫茶店です。



c0132422_226542.jpg

インドやネパールの衣料品などを売る雑貨屋さんの2階にあって、
どこか屋根裏部屋のような雰囲気。

いつも来てくれるお客さんにゆっくりくつろいでもらおうと、
倉庫にしていた2階を改造したんだそうです。


窓からは市場で買い物をする人たちが見えます。
c0132422_228386.jpg

                   大きな鍋を買っていますね↑




c0132422_236279.jpg

オーナーの友達が描いてくれたという壁の絵が
南国の雰囲気を醸し出しています。

この絵を見たら、まず飲みたくなるのが
トロピカルフルーツ・シェイクでしょう。


c0132422_3531219.jpgc0132422_3533273.jpg






ドラゴンフルーツ(左)と
パッションフルーツ&パイナップル
のシェイク




色鮮やかですね~。
これでビタミン補給OK!



チェンマイ産コーヒーのシェイクもありますよ☆
c0132422_225332.jpg

                              ブクブク~

おいしい~。
猛暑になる3~4月に向けて、じわじわと気温上昇中のチェンマイ。
冷たいものを飲むと、生き返ります。



ドリンク・メニューは他にもいろいろありますよ。
お店のオススメは、ネパール・ティーだそうです。
c0132422_212060.jpg

飲んでみて、もし気に入れば茶葉も売っているからお家でもどうぞ。



c0132422_2121951.jpg

            こんな手作りポットで出してくれます。




先週、私が行った時は、
窓辺の座敷の席に座って、チャイを注文しました。

ふふ~ん

ミルクで煮たお茶の甘さとスパイスの爽やかな香り・・・
買い物疲れと暑さでぼーっとなった頭も、
しゃきっとリフレッシュ!


・・・と、その時です。

ドーンドーン、シャーンシャーン!

どこからか、
シンバルや太鼓のお囃子が近づいてきました。


なんだろう。
窓から路地を見下ろすと・・・





c0132422_315638.jpg


龍です(笑)!

中国正月を祝う龍の行列でした。
この地域は中国系のタイ人が多く、
すぐ側には中国寺院があります。

行列は中国寺院の前で踊りを披露した後、
中華系商店をまわって、お布施を集めていました。



お茶を飲みながら
縁起の良い龍を見ることができて、ラッキー。
金運がUPしますようにと、ちゃっかりお願いした私(笑)
他のお客さんも、「アメージング!」と喜んでいました。




c0132422_2511369.jpg

                              ほっとするホット・チャイ


話がそれましたが、
ワロロット市場での休憩がてら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。






THAMEL COFFEE

営業時間
8:00~17:00
メニュー
ドラゴンフルーツ・クーラー 45B
ホット・コーヒー        35B
アイス・コーヒー        40B
ネパールティー        40B
チャイ              40B

[PR]

by yunkao | 2010-02-24 04:22 | アジのあるお店
2010年 02月 21日

ピリュー君と虫

c0132422_1037819.jpg

いたずら者のピリュー君は
いつも庭先にいろんなものを持ってくるので
庭はゴミだらけ。困りますねえ。

今日も何か持ってきたようです。


c0132422_10372159.jpg

あっ、カブト虫?
にしては、ちょっと季節はずれです。

これは、牛のウンコにもぐるのが好きな、ウンコ虫ですね!
ピリュー君は臭いものが好きだから
連れてきたんでしょうか。

c0132422_10373392.jpg

ウンコ虫を、くんくん、ぺろぺろっ。
あれ? 意外とやさしいとこ、あるね~、ピリュー君!





                        ガオー! 
c0132422_10374410.jpg

・・・そんなわけないか(苦笑)

この後、しばらく激しく遊んでいました。
成仏してね、ウンコ虫君。
[PR]

by yunkao | 2010-02-21 11:28
2010年 02月 12日

バレンタインのバラ

c0132422_2293612.jpg


もうすぐバレンタインデーですね。
タイでは男性が女性に赤いバラの花を贈るのが一般的だそうです。
友達は「タイは女性の方が強いからね~」と笑ってました。

c0132422_2315377.jpg
バラの花はタイ北部の標高が高くて涼しい地域で育てられています。
普段は、安いと50本60バーツ(約200円)くらい、
グレードAのバラでも10本100バーツくらいの値段です。
それが、バレンタインのシーズンになると、
1本20~50バーツ、中には1本100バーツと値段がどーんと上がります。
外国産の特別なバラだと1本500バーツのものもあるとか。

バンコクなどの都市部を中心に
タイ全土の恋する若者たちが買おうとするので、
生産地のチェンマイでは逆にバラの花が品薄になってしまうようです。


周りの人にバラにまつわる話を聞くと、
「そうねえ~、うふふ・・・」
と、1人で嬉しそうに笑って教えてくれない人や、
昔の恋話を赤裸々に語ってくれる人など、
けっこう盛り上がります(笑)
タイにお住まいの方は、周りの人にぜひ聞いてみてください。




c0132422_3262514.jpg

商売上手な花屋さんと、アツアツのカップル



先日、チェンマイの花市場に行ったら、
大学を卒業したてくらいのカップルが
バラの花束を買っていました。

誰に贈るんですか? と聞いてみたのですが、
彼女の方は照れてなかなか教えてくれません。

代わりに彼が
「彼女から僕に・・・」と答えてくれました。

「誕生日なんですか?」と重ねて聞いたら、
「バレンタインだから!」と彼女。

ひゃー! 
かっわいい!!
でもちょっと早いですね~
値段が上がる前にプレゼントしたかったのかな?

この会話を聞いていたお店の人はすかさず、
「結婚式用の花飾りも注文できるよ!」と
サンプルの写真集を押し付けていました。
さすが商売人です(笑)。

それを真剣に見ている2人を見ていると
心のこもった花の贈り物って、いいなあ・・・
と思いました。




とはいえ、バラ1本20バーツって高いぞ、
と思ってしまうケチな人もいるでしょう。
そんな人には郵便局で毎年発売される
「バレンタイン記念切手」がオススメです。

c0132422_231146.jpg

バラの花が浮き出たようにプリントされていて、
なんと、バラの香りつき!
1枚たったの5バーツです。
義理バラ代わりに最適?

先日、たまたま郵便局のカウンターに並んだら、
私の前に並んでいた男性も、
後の男性も、みんなこのバラの花切手を買っていました。
けっこう人気があって、すぐに売り切れになってしまうようです。

別の用事で並んでいたのに、
「あんた、バラの花切手シートを買った方がいいよ、
いろんなバラがついてるから」
と、後の男性がわざわざ購入を勧めてくれるので、
思わず買ってしまいました(笑)。

シートは1枚14バーツです。
もったいなくて貼れないし、
実は使い道があんまりないかも・・・?
ダンナにあげてもそんなに喜ばないだろうから、
自分のコレクションにしておこうと思います。
c0132422_2312214.jpg
あなたたちには関係なさそうね


今回はなんだかとりとめのない話になってしまいました。
バラだけに話がバラバラで、どうもすみません(←オヤジか!)
[PR]

by yunkao | 2010-02-12 03:19 | チェンマイの常識?
2010年 02月 06日

おじいさんのひょうたん

c0132422_2111980.jpg



市場にお土産を買いにいったら
見慣れぬおじいさんが座っていました。


c0132422_21114215.jpg

おじいさんは、
はるばる隣の県からバスに乗って出てきたといいます。
地面にひょうたんを並べていました。


私はひょうたんの形が好きなので
思わず足を止めてしまいました。
ひょうたんの形って、
力がぬけるようなやわらかさとおかしさがありますよね。


c0132422_21125756.jpg

ひょうたんにはおじいさん直筆の
手書きのマジックの字で呪文が書き込まれています。

タイでは、よく家の前や中に
このひょうたんのお守りを吊るしています。
お金が入るようにという意味や
災いを防ぐとか、
火災予防などの意味があるそうです。

これは、おじいさん手製の琴。
c0132422_21132139.jpg

本体にやはりおじいさん直筆の呪文が書かれているので
なんと、音を鳴らすだけでご利益があるそうです。
「あんた、買う?」
と聞かれましたが・・・
上手く活用できる自信はありません。


ひょうたんの方は、ちょうど帰国前だったので、
日本の友達へのよい「いやげもの」になるだろう(ニヤリ)
と、3つ買いました。
おじいさんのバス代の足しにもなったかな。


なぜか、無料の占いもついていました。
年齢を言うとおじいさんはノートのようなものをぺらぺらとめくり、
「天使のご加護があるじゃろう」といいました。
歳しか言ってないのに、分かるのか? 
おじいさん、皆にそう言っているんじゃないの?


ところが、日本から帰ってきて気がついたのですが(ガーーン)
ひょうたんを持って帰るのを忘れていました(涙)
おじいさんの占いをバカにしたから、ばちが当たったのでしょうか・・・


3つのひょうたんは、
しばらく家でごろごろ転がっていました。
時々、ひょうたんを持ち上げてみるとさらさらと音がします。
どうしても中のものが見てみたくなって(笑)
1つ、開けてしまいました、
ごめんなさい、おじいさん。

中から、金貨ではなく、こんな種がざっくざく。
c0132422_21134879.jpg

仕方がないので、植木鉢に植えました。
上手く育つでしょうか。

お守りを壊しちゃったけど、
バチはあてないでね、おじいさん。
[PR]

by yunkao | 2010-02-06 21:42 | 私のお気に入り