みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 29日

お坊さんのお葬式

c0132422_23531573.jpg
旧市街にあるチェンマイの有名なお寺ワット・プラシンで
偉いお坊さんのお葬式がありました。

c0132422_23533710.jpg

「プラタンマシッタージャーン」という高僧です。
写真の右側に映っているのは高僧の蝋人形です。
今年1月24日に97歳でお亡くなりになりましたが、
北タイ仏教界の最高権威だった高僧なので、
ご遺体は長い間本堂に祀られ、
先日、蛇尾に付されました。


一般の人の場合は、
旧市街内(お堀の内側)で火葬することはありませんが、
今回、ワット・プラシンの敷地で行われるのは
特別に偉い僧侶だからだそうです。


火葬までの9日間、
毎日数百人の僧侶によってお経があげられ、
大勢のチェンマイ市民がお布施をして
袈裟や焚き付けの木をお供えしました。

そして、
地区ごとの有志グループが昼食の炊き出しをして
お参りに来た人に無料で振舞いました。
我が家の大家さんも 
「1日500食のバミーを配って、新聞に出たよ~」と嬉しそうに言ってました。


c0132422_2354695.jpg

火葬の前日、
本堂に祀られていた棺がみこしに乗せられて
火葬場に運ばれていきます。


そして、棺はさらに大きな棺の中に安置されます。
c0132422_23562895.jpg

これは、「ノック・ハッサディーリン」という空想上の動物で、
頭は象の姿をした鳥を模ったもの。
木や紙などの燃える素材で作られています。

その昔、チェンマイに都を置いたラーンナー王国では、
王族など重要な人物が亡くなった時に、この棺を準備したといわれています。
(※イサーン(タイ東北地方)にもあったそうです)


一般の人でも、木や紙でできたお城のような棺に乗せて火葬場に運ばれますが
ノック・ハッサディーリンはそれの超豪華版です。

c0132422_2356523.jpg

夜はライトアップされて、とてもきれいでした。
顔の向きを変えたり、
鼻を曲げたり、耳を動かすこともできるんですよ。


c0132422_23571749.jpg

火葬の日の夜は日曜歩行者天国と重なったこともあり、
大勢の人が訪れました。
タイでもお葬式には黒い喪服を着る習慣があります。
火葬に備えて、消防車も4台くらい来ていました。


1時間ほどお経が上げられ、
「これで、もう高僧とお会いすることはありません。
高僧の教えを私たちは忘れません。
また、人間に生まれ変わってほしいです・・・」
というような(正確ではありませんが)アナウンスが流れ、
一瞬、辺りはしんみりした雰囲気になりましたが・・・・・・

すぐに伝統音楽楽団による、速いテンポのガムラン音楽のような
生演奏が賑やかに始まりました。

いよいよ棺に火が付けられます!

c0132422_23585917.jpg

ピューーーーーっと、耳をつんざくような音を立てて、
敷地内にある建物の3階からケーブルを伝い、
ロケット花火が下りてきました。

棺の周りには様々な花火がたくさん仕掛けられているのです。

c0132422_23592059.jpg

ドッカーーーン!!!!



ひえー! 
ビックリした~(涙)


続いて、仕掛け花火にも引火。
c0132422_022271.jpg
「さようなら、プラタンマシッタージャーン」バチバチバチバチ☆

プロペラのようにくるくる回る花火やナイアガラの滝など、
次々と仕掛け花火が連続炸裂!!
辺りは真っ白い煙に包まれました。

さらに、
c0132422_050784.jpg
ドッカーーン!


c0132422_034785.jpg
パチパチパチパチ☆
棺の近くにも花火が炸裂!


シューシュー!
c0132422_061111.jpg

土台からも仕掛け花火の火粉が噴き上がります。


ドッカーーーン!!
c0132422_031024.jpg

今度は棺の中が爆発!


ピューーーン、ドーン! ドーン!
c0132422_041540.jpg

打ち上げ花火も次々と上がり、もう、なにがなんだか分かりません(苦笑)
音と炎のスペクタクル?!

c0132422_05662.jpg

皆さん、一心に炎を見つめています。
時々、待機している消防車が
火が燃え広がらないように火の粉に向けて放水していました。


c0132422_062559.jpg

大きな炎があがります。風下にいると非常に熱い・・・。


30分くらいで、殆ど燃えてしまいました。
c0132422_065090.jpg


それにしても、すごい迫力の火葬でした。

そういえば、
初めてタイでお葬式に参加したとき、
「お葬式で泣くと涙が川になって死んだ人があの世へ行けなくなるから、
泣いてはいけないんだよ」と教えてもらったことがあります。
親戚ばかりでなく、地域の人たちがわいわい協力してお葬式をあげていて、
なんとも明るい雰囲気でした。
お別れは寂しいものですが、
亡くなった方も、みんなに楽しんでもらえれば本望なのかもしれませんね。
[PR]

by yunkao | 2009-12-29 01:22 | チェンマイの常識?
2009年 12月 24日

雪だるま

c0132422_075275.jpg

                                    赤い雪が降っている!

もうすぐクリスマスですね。
タイは仏教国。
チェンマイでは日本ほど盛り上がりませんが(日本だってキリスト教国ではないけど)、
西洋人のお子さんも通う某幼稚園では、
クリスマス会に飾るため、お絵かきの時間に
「スノーマン(雪だるま)の絵を描きましょう~」ということになりました。


ご存知のように、
タイには雪が降らないので、
当然、タイの子供達は本物の雪も雪だるまも、見たことがありません。


一生懸命、想像して描くしかないのですが
そうやって描いた絵は、ちょっと不思議な感じです。

c0132422_08311.jpg

この絵はお日様がふたつ。
ひとつは水に映っているのかな?
魚が元気に泳ぐ温かそうな海(川?)に、雪が降っています。




c0132422_081443.jpg

この雪だるまは耳があって、まるでクマのようです。
手足があって、元気に歩き出しそうですね。



こちらは・・・・・・
c0132422_082431.jpg

茶色です(日焼け?)
クマ、そのものです(笑)


なんか、面白いですね~
メリー・クリスマス!
[PR]

by yunkao | 2009-12-24 01:22 | きらきら☆歳時記
2009年 12月 10日

ニマーンヘーミン・アート&デザイン・プロムナード2009

c0132422_13283760.jpg

チェンマイのお洒落スポットニマーンヘーミン・ソイ1で
毎年恒例の「ニマーンヘーミン・アート&デザイン・プロムナード(以下nap)」が
12月5日~9日に行われました。

今年で10周年を迎えるこのお祭り、
初日は「父の日」で祭日ということもあり、
バンコクからも観光客が押し寄せ、ものすごい人出でした!
世界的に不況といわれる中、ここだけが別世界のようです。

ソイ(路地)の両側に、
お洒落なバックやTシャツ、手作り雑貨、
アート作品などを展示したブースがずらりと並びます。

c0132422_13285081.jpg

こちらは、ボヘミアン調の服と雑貨の「チャバー」のブース。カラフルです!


ひとつひとつはちいさなブースですが、
展示の仕方にそれぞれお店のセンスと工夫が凝らしてあり、
見てまわるだけでも、とっても楽しいです。



c0132422_132911.jpg

懐かし系Tシャツのブランド「ザ・チョンナボット」。
田舎をテーマにしたブースの屋根は、草葺です。 凝ってますね。
オーナーの着ているTシャツは、napだけの限定品「アイラブ・バーンノーク(田舎)」。
売れたそうですよ~

c0132422_1329121.jpg

なんとも可愛らしい、ケーキと雑貨のお店もありました。
お店の人もかわいいです^^

お次は、今回のnapで一番売れた!と噂されているアイスクリーム屋さん。
c0132422_13292333.jpg

コーンもその場で焼いているので、甘い香りに、皆さん、引き寄せられます(笑)。
夜はけっこう寒くなりますが、それでも食べたい! アイス、大好き!



沢山あるお店の半分くらいは
普段、自分の店舗を持たない作家やデザイナーが作品を並べています。

この期間にオーダーをもらうことも多いのだそうです。
作品を世間に発表する、良い機会なんですね。


でも、napに参加していた友達はアイスを食べながら、
「やっぱり、食べ物が強いよね。
来年はクウェティアオでも売ろうかな・・・」って言ってました(笑)



c0132422_13293471.jpg

こちらは女の子に大人気の網ぐるみのお店です。
へ~、着せ替えが出来るんですね。
このお客さんは、1時間くらい人形の服を選んでいました。


c0132422_13294849.jpg

「コミュニスタ」の刺し子ズボンは大人気☆
買ったばかりのズボンをはいているお客さん。
とってもお似合いですよ~

c0132422_13295829.jpg

刺し子のバックも素敵ですね~




お次は、若い人に人気のお店。
c0132422_13303396.jpg

このお客さんが嬉しそうに持っているのは、ナンでしょう?



c0132422_13302175.jpg

「トトロ」や「顔なし」、「真っ黒クロスケ」・・・            (みかんはサービスです)
ジブリ・グッズです!

napではもうお馴染みになったこのお店。
今年で3年目だそうです。
他では全く売っていなくて、年に一度だけ、このお祭りで売るんですって。
値段も高くないし、ほとんど趣味の世界?

著作権の問題もあるかもしれませんが、
すべてオーナーさんの手作りで、愛情を感じます。

そしてタイの若い人達が、
「あ、トトロだ! かわいい~」と足を止める姿を見るのは、
日本人としてもちょっぴり嬉しいですね。


c0132422_13304423.jpg

こんなマニアックなものまで再現してありました(笑) 「千と千尋」の・・・お湯?
漢字を書くのは難しかったでしょうね。


お店の人が
「ネコバスの前には、なんて書いてあるの?」と聞くので、
「病院とか、めいとか、行き先が書いてあるんだよ」と教えてあげたら、
「そうか!」と喜んでいました。

そんな話をしていると・・・・・・

はっ!
c0132422_1330936.jpg

映画「かもめ食堂」に出てくる日本好きの外人さん、みたいなお客さんが!
アニメファンってことは、一目瞭然。

すご~く悩んで、
「こだま」のポーチと、
「顔なし」のペンケースとこけしを買っていました。

この「顔なし」のペンケースはけっこう人気で、
私がいる間だけでも、
10個まとめ買いする人が何人もいました。


c0132422_1330543.jpg

「トトロ」や「顔なし」のこけし。
頭に金具を刺して、キーホルダーにしてくれます。

お店の人が
「いつも忙しくて、自分の店の写真が撮れないの」というので
写真を撮ってあげたら、
トトロのこけしをひとつくれました。
[PR]

by yunkao | 2009-12-10 15:02 | きらきら☆歳時記
2009年 12月 06日

飛んできた犬

c0132422_23424100.jpg
はじめまして。
ピリューです。
バンコクから飛行機に乗って飛んできたので、
「プリュウ(ปลิว 飛ばされるという意味)」です。
発音すると、日本語の「ピューっと飛ばされる」の「ピュー」に近い音ですね(犬笑)


これが、最近、うちで飼うことになった犬です。


もともとはというと・・・
バンコクにいる友達がアパートに住み着いている犬をかわいがっていて、
ある日、その犬が赤ちゃんを産んだのですが、
いろんな事情で、保健所(?)に引き取られそうになったそうで、
その中の一匹がピリューでした。

そして、友達は自分の部屋でピリューを飼うことにしました。

c0132422_23423449.jpg

困ったような皺が特徴。


でも、友達も引っ越すことになり、飼えなくなってしまったので、
落ち着くまでの間、数ヶ月、うちで預かることになりました。

というわけで、
自己紹介にもありましたが、
ピリューは友達と一緒に飛行機に乗ってやってきたんです。

成犬は荷物と一緒になるそうですが、
子犬は機内に同乗できるんですって。

飛行機の中で隣に座った人に
何の種類ですか?と聞かれ、
「ラブラドールです、雑種ですけど・・・」と答えたそうです(笑)

c0132422_2343299.jpg

只今、生後2ヶ月くらい。
やんちゃ盛りです。
咬み癖がなかなかとれません。
いてっ、身を噛むな~!

ダンナは犬好きなので、たいへん可愛がっていますが、
咬み癖を直すよう、しつけ中です。


そういえば、我が家にはもう一匹
住み着いているのがいます(飼っているわけではないのです)。
c0132422_23433110.jpg

「チビ」と呼ばれているこのネコ。
ピリューと仲がいいです。
ほら、この通り!
c0132422_23442111.jpg


・・・・・・本当はヤラセです(笑)
この後、ピリューはネコパンチを数発、食らっていました。

c0132422_23445742.jpg

大抵、ピリューが一方的に追いかけてます。

c0132422_23452164.jpg

微妙な距離がありますが、なんとなく一緒にいる関係です(笑)


チビはこう見えても、4児の母なんですよ。

c0132422_2347936.jpg

子猫たちは屋根の上に住んでいて、
ほとんど一日中、降りてきません。
(飼い主、募集中)





c0132422_23474850.jpg

一緒に遊びたいなあ~



子犬やら、子猫やら、
なぜか急ににぎやかになった、今日この頃です。
[PR]

by yunkao | 2009-12-06 00:54