<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 27日

モスクのある路地

c0132422_12285631.jpg

先週、偶然通りかかったモスクのある路地。
お祭りをしていたので、ちょっと立ち寄ってみました。



c0132422_12291370.jpg

歩いたことのない路地です。
子供達の声が聞こえてきます。



c0132422_12293110.jpg

お祭りと関係なく、いつもどおり遊ぶ子供達。
タイは95パーセントが仏教徒だといわれますが、
チェンマイをはじめとする北タイには、
中国系イスラム教徒の人が多く住む地域があります。
(まだ激しい抗争が続く深南部は、ムスリムの人口が80パーセントを占めています)



c0132422_12294886.jpg

モスクの中では、料理やお菓子が売られていました。
甘いものに目がない私・・・
女の子が手を伸ばしているお菓子を買ってみました。



c0132422_12301125.jpg

それが、このトレーに入ったお菓子。
ういろのようなタイプと、もち米のままのタイプと2種類あり、
ココナッツミルクが入った、やさしい味でした。



c0132422_12302832.jpg

帽子を選ぶ男の子。
あれこれ、とっかえひっかえ被っていました。



c0132422_12304546.jpg

衣料品の出店では
ムスリムの帽子やスカーフ、サロンやドレスが売られています。
刺繍がきれいですね。



c0132422_1231252.jpg

衣料品店の美人の奥さんは、パキスタン人。
チェンラーイ県出身のご主人と結婚して、タイに移住し、もう20年だそうです。
お祭りに合わせてチェンラーイから親戚に会いがてら、駆けつけたんですって。
一緒に写真を撮りましょう、と言ってくれたのですが、
ご主人、なかなか上手く撮れず・・・(笑)



c0132422_12311826.jpg

写真が撮れるのを待っていると、
目の前で、おばあさんが熱心にお孫さんのスカーフを選んでいました。
この、ピンク色に決まったようです。
とっても、かわいいですね。


ほんのひと時でしたが、
知らない街を旅しているような気分でした。
[PR]

by yunkao | 2009-07-27 13:44 | 路地裏散策
2009年 07月 25日

チェンマイに初めて雪が降った日

c0132422_0381358.jpg

チェンマイ動物園のパンダ館に、パンダ・スノードームがオープン!
チェンマイ初の人工降雪施設です。

今月18日から一般公開されていますが、
一足お先に、12日の取材向けの公開に紛れ込んで見てきました(古くてすみません)

c0132422_0374699.jpg

入場前に、防寒用の赤いジャケットとブーツ、手袋を貸してもらえます。
タイは南国ですからね~

記者会見ではチェンマイ知事が、
「本日はチェンマイに初めて雪が降った日です!」
とコメントしていましたが、
さて一体、どんなものなのでしょうか・・・


いざ! 入ってみましょう!



c0132422_0383525.jpg

うわっ!
さっぶーーーーー! 何これ!

吹雪で視界が悪いです・・・



はっ!
c0132422_039012.jpg

雪だ・・・

雪を見るのは、10年以上ぶり(ずっと冬に帰っていないので)。
ああ、これ、これ~。本物みた~い。
思わず、「きゅっきゅっ」と踏みしめます(笑)


c0132422_0392183.jpg

ドーム内は万里の長城を模ったデザインになっています。

c0132422_0394511.jpg

中国風の門に、つららが・・・

パンダに合わせて作られているのは分かりますが、
私としては、どうせなら、
タイの田舎によくある藁葺き屋根の東屋に雪が積もっているという
シュールな景色を見てみたかったなあ~(笑)

冬の12月から2月頃まで、
パンダ一家はこのスノードームで暮らし、
お客さんは、2階からパンダを見学する予定だそうです。

「故郷と同じように雪のある環境にいれば、
パンダも『サバーイジャイ(いい気分)』で、また赤ちゃんができるだろう」
と、知事は言っていましたが・・・・・・


でも、ちょっと寒すぎません?
c0132422_0405100.jpg

ドームは-5℃に温度調節されています。
しばらくすると、ほっぺたが痛くなってきました。

パンダのいない時期は、
一般の人が純粋に雪を楽しむドームとなります。
ちなみに入場券は、大人が150バーツ、子供が100バーツ。
定員は50名。制限時間は1回20分です。

c0132422_0402623.jpg

やっぱりタイの人にとって、雪は珍しいものですからね。
マスコミの人も楽しそう。 ・・・仕事は?




また、ドームの中にはスロープが作られていて、
ソリ遊びもできます。


c0132422_0411262.jpg

あ、誰か降りてきますよ~




c0132422_0413824.jpg

                 ザーーーーーー




c0132422_042187.jpg

                 ザッ




c0132422_0422192.jpg

             ・・・・・・・・・・。

ん? どうした、パンダ君。



c0132422_0424127.jpg

あはは。
ひとりじゃ、起きられなかったんですね(笑)



c0132422_043195.jpg

「次がありますから」と、パンダ君は去っていきました。

パンダ君、おつかれ!
[PR]

by yunkao | 2009-07-25 02:18 | チェンマイの常識?
2009年 07月 22日

日食

c0132422_1584255.jpg

今日、日本では皆既日食が見られたそうですね!

タイでも部分日食が見られました。

チェンマイ大学天文クラブの呼びかけで
早朝6時半から日食の観察会がありました。

私も、朝、サイクリングの途中によってみました。
たくさんの人が集まっています。
c0132422_20610.jpg


まず、クラブの人から紙と黒いプラスチックでできた
「太陽めがね」をもらいます。

これです。

c0132422_203624.jpg

これで、日食が見れるのかな~
わくわく!


ところが・・・

c0132422_1591756.jpg


どーーーん

あいにくの曇り空。
雨季なので、雨が降らなかっただけましですが、
果たして日食は見られるのやら・・・


待つこと数十分。
c0132422_212359.jpg

・・・・・・・・・・。


                      わっ!
c0132422_21508.jpg


やっと見れました!

デジカメに太陽めがねをかけさせて撮りました(笑)
c0132422_223158.jpg

左上が少し欠けています。
現地時間7時37分です。

クラブの人の話では、
最も欠けるのが8時02分ごろで、
約60%が欠けるそうです。


珍しい光景に、大人もしばし夢中。
c0132422_23153.jpg


一番目立ったのは、家族連れで見に来ている人でした。
c0132422_233471.jpg


子供達はうれしそう。
c0132422_24189.jpg





いい思い出になったことでしょう。

c0132422_242650.jpg


次にチェンマイで日食が見られるのは、
来年の1月15日だそうです。
[PR]

by yunkao | 2009-07-22 23:38 | きらきら☆歳時記
2009年 07月 21日

マフアン☆

c0132422_17314367.jpg

マフアン(มะเฟือง)という果物。
英語名はスター・フルーツ。
ダンナが好きなので、
きれいなのを見かけると買います。
c0132422_1732941.jpg

飛行船みたいな形がユニーク。

5つのひだがあるので
輪切りにすると
ほら!
c0132422_17322788.jpg

きれいに、星型☆
スター・フルーツというのも頷けますね。

でも、この果物、
当たり外れが大きいです。

おいしい実は果肉が瑞々しく、
口の中に花のような甘い香りがふわんと広がります。

おいしくないと、ちょっと渋い・・・
なんか青臭いような・・・


私はもっぱら甘いマフアン・ワーンを食べますが、
マフアン・プリアオという酸っぱい実など、
いろいろと種類があるそうです。


マフアンは花もかわいいんですよ。
c0132422_17371187.jpg

花や実がついたマフアンの木からは
いい匂いが漂っているので
すぐに気がつきます。
この木も道端で立ち話をしていて、鼻で見つけました(笑)

c0132422_17382361.jpg

ふふふ、この実はまだ青いですね。


c0132422_17384575.jpg

うちでは薄く切って食べます。

c0132422_17395292.jpg

マフアンのジュースも、
香りが良くておいしいです☆
・・・・・・そういえば、マフアン・ジュースにも当たり外れがあるなあ・・・

運試しの果物ですね。
[PR]

by yunkao | 2009-07-21 17:58 | 今日のおやつ
2009年 07月 19日

パンク修理

c0132422_10342555.jpg

「パンク修理承ります」

信号待ちをしていたら、
こんな宣伝バイクをみかけました。
バイクのタイヤがパンクしたとき、
この電話番号にかければ、直しに来てもらえるんでしょう。
さっそく手帳にメモ☆


私のバイクも、
時々、思わぬ時にパンクします。

パンクした時は、
まず、深呼吸して(イライラしがちなので、苦笑)
近くのバイク修理屋まで押して行きます。
修理屋さんは慣れたもので、
その場であっという間に直してくれます。


困るのは、辺鄙な場所や真夜中にパンクすること。


一度、夜遅く屋台に出かけた先で
パンクしたことがありました。
修理屋さんはどこも閉まっている時間。

家まで押して帰るしかありませんが、
1時間以上かかるでしょう。
あいにく風邪をひいて頭はフラフラ。
野犬も怖い・・・・・・。


ついてないな~


坂道をとぼとぼ、
ダンナと一緒にバイクを押しながら歩いていると、
ちょっと前に一度すれ違ったバイクが戻って来ました。


「パンクですか?
 どこまで行くんですか?」と、バイクの彼。

「家に帰るんですけど、まだまだ先の方なんです」と、私たち。

「それは大変ですね。手伝いましょう」

彼はバイクを運転しながら、
片足で私たちのバイクを押してくれました。
パンクしたタイヤが
パタパタと音を立てながら進みます。
のろのろスピードですが、さっきよりずっと早い。

暗闇の中、
少しほっとして、
見上げると星がとてもきれいでした。


私たちの家に着くと
バイクの彼はくるりと向きを変えて、
もと来た道を戻っていきました。
[PR]

by yunkao | 2009-07-19 10:44 | チェンマイの常識?
2009年 07月 13日

モンさんの家

c0132422_1147622.jpg

友人の家の隣に、気になる家があります。
モンさんのお宅です。

先日行ったら、家が金ピカになっていました。
ペンキを塗った上から
金色のステッカーを貼っているそうです。


モンさんは毎日、朝から晩まで、
たった1人で家の修理をしたり、
敷地いっぱいの大きな池を掘ったりしています。
c0132422_1157113.jpg

いろいろな事情で、精神を病んでいるモンさん。
一見、めちゃくちゃのようでもありますが、
よく見ると、モンさんなりの秩序で塗られているようです。


c0132422_11473271.jpg

いわゆる、アウトサイダーアートと言っていいのではないでしょうか。
人の評価など全く関係なく、
作ることに対する切実さが伝わってきます。

モンさんにとって、
作り続けることと生きることとが、
同じ重さでバランスをとっているのかもしれません。


c0132422_11481111.jpg


お宅のすぐ前に、こんな3階建て(?)の
家(要塞?)も建てています。

よく1人でできるなあ・・・
すごいエネルギーを感じます。

c0132422_11483477.jpg

近くで見ると、物凄い迫力!


c0132422_11485349.jpg

敷地の電柱も、こんな風に塗られています。

色彩のバランス感覚に思わず見とれてしまいましたが、
日々、あちこち作り変えているそうなので、
次回行った時は、全く違う色が塗られているかもしれません。
[PR]

by yunkao | 2009-07-13 16:15 | ハンドメイドな人
2009年 07月 10日

赤ちゃんパンダ誕生おめでとう!のパレード

c0132422_20343769.jpg
本物です(↑)

よく見ると、奇妙なシチュエーションですが(笑)、
5日に行われたチェンマイ動物園主催の
パンダの赤ちゃんの誕生を祝うパレードの1コマです。

c0132422_20345542.jpg

パンダは中国語で、「熊猫」なんですね。
2003年に中国からチェンマイ動物園に貸与された2頭のパンダに、
5月27日、待望の赤ちゃんが生まれました。

動物園では連休の4日から6日まで、
パンダの赤ちゃんの一般公開があり、
県外からも大勢の人が動物園を訪れましたよ。



c0132422_20351274.jpg

パレードでは、皆、お揃いのパンダ・メイクです。
骸骨ではありません(笑)
手に笹を持っていますね~

c0132422_20353116.jpg

バナナの葉を細かく折リたたみ、花を飾った、塔のような形のこれは、
「バーイシー」といいますが、パレードの主役です。

バーイシーには魂や良い霊が集まってくる・・・
という民衆信仰があり、
バーイシーに結び付けられた白い糸を手首などに巻いて、健康や幸せを祈ります。
結婚式や新築祝い、お祭り、病人が出たときなどに、よく登場します。

昔は、人でも水牛でも(!)、赤ちゃんが生まれると、
バーイシーを用いた「ラップクワン(魂を受け入れる)」という儀式をしたそうです。

この日は、パンダの赤ちゃんにもこの儀式をして、
健やかな成長を祈るんですって!
とてもタイらしいですね。



賑やかなパレードの参加者には、子供達が多いです。

そして、中には・・・
c0132422_20354641.jpg

チンパンジーの赤ちゃん!    カワイイ~
パンダの服を着て、パレードに参加。

c0132422_2036024.jpg

ホワイト・タイガーの赤ちゃんも!


c0132422_20361583.jpg

ちょっと地味ですが、爬虫類もパレードに参加しています。
赤ちゃんなのかな・・・


c0132422_20362944.jpg

ぎゃあああ~~!

                              ニョロニョロ~    こわーー






c0132422_2037355.jpg

ユニークな気ぐるみも、総出で参加。
なぜか、青いカバ・・・。


c0132422_20372016.jpg

パンダにおされ気味ですが、チェンマイ動物園にはコアラもいますよ☆
隣にいるのは、いったい・・・・





c0132422_20373566.jpg

・・・・・・・・・・・・。

う~ん、何だろう。

もしかして、ペンギンかな?





あ、そうそう、肝心の赤ちゃんパンダ。

c0132422_20375191.jpg

パンダのお医者さんにもらった写真です。
生まれたばかりは200グラムくらいだったそうですが、大きくなりましたね~
この手は、やっぱり、熊っぽいな~

動物園では入り口のモニターで、
出産直後の母子パンダの映像が放映されています。
生まれたての赤ちゃんは、ピンク色のモグラみたい。
大声で鳴きながら、エビのようにピンピン跳ね回る元気な姿から、
赤ちゃんの生命力の強さが伝わってきて、ちょっと感動もの。



動物園では8月5日まで、
赤ちゃん(メス)の名前を決めるためのハガキを受け付けています。
「クワンタイ」、「タイジーン」、「リンピン」、「インイン」の4つの中からひとつ選びます。

特製の「名付けポストカード」が、5バーツで発売中。
パレードでは、子供達に配られていました。

私も出してみることにしました。

c0132422_2038445.jpg

「リンピン」は中国語で「氷の林」という意味だそうです。
チェンマイを流れる「ピン川沿い」というタイ語と音が似ているので、これにしました。
[PR]

by yunkao | 2009-07-10 00:10 | かわいい出来事
2009年 07月 06日

ダンナの陶器が「クロワッサン」に登場!

5月25日発売の「クロワッサン」の757号に
ダンナの陶器が使われています。
c0132422_2141220.jpg

雑誌に載るのはこれが2度目で、
1度目は香川県の情報誌「ル・プッカ」の表紙でした。



今回、「クロワッサン」に載っているのは、
32頁の「手早い! おいしい! 魚の缶詰は役に立ちます。」という記事の中です。
c0132422_2111837.jpg

下の器です。

お料理を担当されたのは
フードスタイリストの飯島奈美さん。
飯島さんは「東京タワー」などの映画のフードコーディネートをされていて、
糸井重里さんの「ほぼ日」から出ているお料理の本「LIFE」が大好評なので、
ご存知の方も多いと思います。


この秋に公開されるチェンマイを舞台にした映画「プール」の
フードコーディネートもされています。

私は現地コーディネーターの1人として
「プール」の撮影のお手伝いをさせていただいたのですが、
この器はその時に飯島さんにプレゼントしたものです。
さっそく使っていただいて、とても嬉しいです!



c0132422_212332.jpg

この器は型に押して作ったもので、
縁が柔らかく曲線を描いています。

ちょっと味のある土を使っていて、
外側は茶色、内側は黄色身を帯びた白で、
鉄分のプチプチ模様がアクセント。
そして、口の辺りにうっすらとピンク色が出ています。
直径18cmで、ほどよい深みもあり、使いやすいサイズです。


これからの制作の励みになるね~と、
ダンナとふたり、ボロアパートの狭い部屋で、飛び上がって喜びました(笑)


お知らせが遅れてしまいましたが、
もし、「クロワッサン」のバックナンバーをお持ちの方は、
チェックしてみてくださいね。
[PR]

by yunkao | 2009-07-06 21:35 | ダンナの陶器
2009年 07月 05日

鍼に行きました

c0132422_22131056.jpg

なりゆきで鍼治療を受けることになりました。

本当はちょっと苦手。
以前にも鍼を打ってもらったことがあったのですが、
初心者にとって、やはり、まだなんとなく怖いイメージがあります・・・
c0132422_22134793.jpg

ちなみにその時、
私の舌を診た先生は、
「はは~ん、あなた、食いしん坊ね。大食いに効く鍼を打つから」
ですって!
さすが良く見抜いています(笑)

c0132422_22143295.jpg

寝台で待っていると、まさに隣で女性が鍼を打たれているところ!
思わず、起き上がって見てしまいました。

患者さんは私より若い女の子でした。
彼女の顔に鍼が6本!
不思議な光景です。
お腹と手足にも、どんどん打たれていきます。


「美顔の鍼です。
お肌がつやつや、ピカピカに輝くんですよ~」と、先生。

おお!
そんな鍼があるんですね。

私にも美顔鍼を打ってくれるのかと思っていましたが、
問診の結果、お腹の調子を整える鍼になりました。


仰向けに寝て、
ぽこんと出したお腹に、手際よく鍼が打たれます。
イタッ・・・・・・く・・・ない?
大きな蚊が刺すくらいの感覚で、ほとんど痛くありません。

お腹4本に腕と足、全部で10本くらいでしょうか。
そして、鍼が刺さった状態のまま、15~20分くらい横たわっています。

体がどーんと重いような感覚・・・


「鍼を打ってる間は体が動かなくなるのよ」
という先生の言葉に暗示をかけられたのかもしれませんが、
実際、手も足も動かすことが出来ません。(怖いからも・・・)



鍼を刺されて動けない私・・・
まるで標本の昆虫のようです。
もし私が虫だったら・・・

・・・モンンシロチョウ? (←願望)

そんな、しょうもないことを考えていると、


グーグー・・・グーグー・・・

と、隣のベッドから女の子のいびきが聞こえてきました。

顔に鍼がささったまま寝られるなんて!
まだ5分くらいしか経ってないのに!
心底リラックスしてるんだな~、うらやましい。

もし寝返りなんかしたら大変ですから、
小心者の私は、寝るなんてとんでもない。

でも女の子のいびきのお陰で、
ちょっとリラックスできました(笑)


そうこうしているうちに、タイマーが鳴り、終了。
心なしか手足の血行が良くなっている気がします。
先生も私の舌を診て、
「いい色になってる」と喜んでいました。
1回で治せるものではないそうなので、また行ってみようかなと思います。






さて、家に帰ってダンナに質問!
「私を虫に例えたら、何だと思う?」
「ええっ! 虫?! そりゃ、イモムシだろ」
ヘンな質問に驚いたわりに、即答でした。
まあ、モンシロチョウのイモムシということにしておきましょう(苦笑)。
[PR]

by yunkao | 2009-07-05 01:24 | びっくり!小事件
2009年 07月 03日

サボテン・コレクション その2

c0132422_2163837.jpg


でました☆
サボッテン!

7月になったのだから、ここは気持ちを引き締めて!
という自分への戒めに、登場しました(苦笑)

中だるみというヤツでしょうか。
つい、だるーんとなっちゃいますが・・・

故郷では、
もう阿波踊りの練習で
鳴り物の音があちこちで響いているそうです。
そんな話を聞いたら、
ちょっと血が騒いできましたよー

c0132422_2165374.jpg


ちなみに植木鉢は私作です。
ちまちまと手びねり、削りをしたのですが、
う~ん、使わないかな?
と思って、本焼きはしませんでした。

サボテンの鉢にはぴったりでした。
[PR]

by yunkao | 2009-07-03 21:16