みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 29日

影絵と人形劇

c0132422_15171251.jpg
wanderingmoontheatre.comの絵葉書より

影絵と操り人形のショーが近所で行われていたので
ダンナと友達を誘って観にいきました。

会場は作家であり画家であるテープシリ先生のお宅です。
影絵を演出するのは、娘さんのティップさん。


木の床にクッションを置いただけの小さな会場は満員。
家族連れが多く、アットホームな雰囲気でした。
前には黒いカーテンが張り巡らされた影絵用のステージ。
上映が始まり電気が消されると、真っ暗になりました。

「こわいよ~」
とたんに泣き出しそうな子供の声が聞こえて、
会場の笑いを誘いました。



c0132422_1518116.jpg
チケット(右)とチラシ(左)です。
内容はオーストラリアの絵本「The Red Tree」を題材にしています。

主人公は赤毛の女の子。
次々と不可解な困難に襲われたり、
待っていても何も起きない・・・
誰も理解してくれない・・・

満たされないまま自分の部屋に帰ってくると、
色鮮やかな一輪の花が咲いて、大きく育ちます。
(映画「茶の味」の最後のシーンを思い出します)
その希望の花は、自分自身にあるのだということでしょうか。
ちょっと大人向けのお話です。

音楽のほかに台詞は一切無しで、
主人公の感情も、人形の繊細な動きで表現されます。
操る人は丸見えですが、
小さな子供には、もう人形しか見えていません!
そんな風にのめりこめる子供が
ちょっとうらやましい。


2重、3重に垂れたスクリーンに影絵が映し出され、
セロファンのカラフルな光がくるくると回る様子は
万華鏡をのぞいた感覚に少し似ています。

幻想的で楽しい時間でした。




ティップさんは10年間、影絵のステージを続けていて、
現在はThe Wandering Moon Peforming Groupというグループで
チェンマイを中心に活動しています。
アジア各国からヨーロッパまで、
招待を受けて上演した経験のあるタイを代表する影絵グループだそうですが、
残念ながら、タイ国内ではあまり知られていないのだそうです。



今回の上演はThe Wandering Moon Peforming Groupに
バンコクで操り人形のステージをしているチームが加わった、初めての試みだそうです。
c0132422_15185968.jpg
「日本人の方もぜひ見に来てくださいね」
The Wandering Moon Peforming Group代表のティップさん。(HPはこちら→☆


c0132422_15194016.jpg

最後に人形と触れ合う時間がありました。
子供達は興味深々です(笑)
暑い中がんばった人形使いさんも嬉しそうですね。



チェンマイにお住まいの方、
雨が降って涼しくなったので、出かけてみてはいかがですか?



公演は4月30日まで。
場所はワット・ウモーン手前のテープシリ先生宅。
夜19:00(約1時間)。チケット代は50B(最終日は100B)。
予約した方が確実です。085-040-1565(英語・タイ語)



※好評につき、追加公開が決まったそうです!
  5月8日~10日までの3日間です。

[PR]

by yunkao | 2009-04-29 16:47 | 私のお気に入り
2009年 04月 25日

ダンナの自転車

c0132422_24391.jpg


ダンナの誕生日に自転車を買いました。

毎日ろくろをひいたり、
長時間コンピューターの前に座っていなければいけないので
足腰を鍛えるためです。

以前からジョギングはしていました。
でも、チェンマイの街は、普通の道は歩道がなくて危険なので
運動公園に通わなければなりません。

ダンナいわく
「同じ所をぐるぐる回るのは飽きた」
のだそうです。
なるほど。

c0132422_245395.jpg


旧市街にある創業30年の老舗自転車店「チャイタワット」。
今ではマウンテンバイクの専門店になっています。


2日間通って悩んだ末、
結局、お店で一番安い自転車にしました(笑)

日本では普通に安いほうの自転車だと思いますが、
タイの一般的な金銭感覚からいうと
かなり高級品です。
当然、うちの家計にとっても・・・・・・(涙)

だけど、健康には代えられませんものね!

c0132422_25327.jpg

そんな高級品の自転車ですが、
チェンマイは自転車ブーム。
狭い店内には、お客さんがいっぱいです。
みんな、お金持ちだなあ~


最近はほぼ毎日、
夕方になると近くのドイステープという山に自転車で登っています。

ドイステープはチェンマイの象徴のような山。
麓から頂上まで約11キロの道がついています。
さすがに頂上までは行けないそうで、
麓から約6キロのところにある展望台を目指します。
c0132422_255650.jpg

上り口にあるシーウィチャイ高僧の像。
(このお坊さんは麓から頂上のステープ寺までの道を整備したことなどで有名で、
多くの人から尊敬されていて、
亡くなった今でもこの像を拝みに訪れる人がたえません)
c0132422_261080.jpg


私もお坊さんにお参りして、
ダンナの安全を祈りました。
この道はカーブが多く、
車やバイクも多いので、結構危ないんですよ。


自転車は一台なので、
私はバイクで行きます(笑)


自転車で登る人は沢山います。
時々、抜いたり、抜かされたり・・・
30分くらいこいだでしょうか。


あと1キロの表示が見えました!
c0132422_263492.jpg


この辺りまで来ると麓より少し標高が高くなるので、
空気がひんやりとしていて涼しいです。

自転車をこいでいる人は
暑そうですけどね。


急な傾斜が続きます。
歩いたほうが速いような速度ですが、
歩かずにがんばって登ります。


私は一足お先に展望台へ。

c0132422_265084.jpg

は~~

いい眺め。
赤い花の向こうにチェンマイの街が見えます。
ちょっと、もやがかかっていますけど。


あ!
やっと、ダンナがやってきました。
犬と一緒に・・・・・
(こんなところにも野良犬が!)


ゴーーーーーーール!
c0132422_27158.jpg


へとへとです(苦笑)


c0132422_272862.jpg

展望台の駐車場には自転車好きの人たちがすでに到着していて、
自転車の話をしていました。


(下りはすごいスピードで、
私の運転では追いつけず、写真が撮れませんでした)
[PR]

by yunkao | 2009-04-25 03:13 | チェンマイの常識?
2009年 04月 23日

水掛け

c0132422_9583592.jpg

今年のソンクラーンは
旧市街の水掛け合戦に参加しました☆

私がソンクラーンの水掛けをして遊んだのはもう随分前のこと。
濡れたら面倒だし、
けっこう乱暴に水を掛けられる
クレージーなお祭りなので、
あまり好きではありませんでした。
最近は写真を撮るばかり・・・。

今年は東京から友達(若い女性)が遊びに来ていて、
水掛け祭りを経験してみたいと言います。

私も元気な彼女達につられて、
つい水鉄砲など買ってしまいました。

水鉄砲で遊ぶなんて、
小学校低学年以来。
思わず子供に戻っていました^^

道行く人にピュー、ピュー!っと水を掛けます。
もう、子供そのもの(苦笑)
これが、けっこう楽しい!

水を掛ける人の気持ちが、やっと分かりました。
お祭りは、やはり参加したほうが楽しいものですね。

太陽が強烈に照りつける屋外は40度近い気温があり、
少しくらいの水なら気持ちがいいのです。


でも・・・・
c0132422_9585153.jpg

                                 ザッパーーン!

氷で冷やしたバケツいっぱいの冷水を頭からかけられると、
冷たいを通り越して、痛い。
一瞬、心臓が止まりそうになります。(高齢者は危険)
誰が考えたのか知らないけど、
氷水は禁止にして欲しい!


水掛け祭りを楽しむには
それなりの体力が必要です。


私は2日目にあえなくダウン。

原因は睡眠不足と熱射病。
頭はガンガン、足はフラフラ。
どれほど気分が悪くても
見ず知らずの人から
お構いなく水を掛けられるのは辛いものです・・・(涙)

お年寄りや小さな子供、
大きなカメラを持っている人などには
常識的な判断として、水を掛けないことになっています。

ただ、
酔っ払いや子供、羽目を外した外国人は
その辺の判断ができないことも多く、
絶対安全、というのはありません。



「水を掛けるのは好意ということになっていますから、
掛けられても怒ってはいけないんですよ~」

なーんて偉そうに、日本から来た友達に説明しながら、
「調子に乗るな、この酔っ払い!」とか、
「いいかげんにしろ~、クソガキ!」とか、
しょっちゅう怒っていた(心の中で)私・・・(笑)


また、
「3日間あるソンクラーンのうちの、
真ん中の日にあたる14日は、喧嘩して人を罵ったり、
悪いことを言ってはいけないのだそうですよ~」

と、説明しておきながら、
家でダンナと喧嘩・・・(苦笑)



トホホホ・・・
まだまだ修行が足りない私です。


でも、よく遊んだな~。
多分、この先、もうやらないと思いますが(笑)。
[PR]

by yunkao | 2009-04-23 12:31 | きらきら☆歳時記
2009年 04月 22日

自転車娘パレード

c0132422_11415488.jpg



4月13日~15日まで、
ソンクラーン(タイ正月)のお祭りでした。

三箇日は、
家族で新年を迎え、
お寺に行ったり、水掛をしたり、
お年寄りのところへ挨拶に行ったりします

13日は大晦日にあたる日。
ターペー門広場では早朝から大規模な托鉢が行われます。

その後、ナワラット橋からターペー門広場まで
自転車娘パレードが通ります。

美人が多いといわれるチェンマイ。
車の少なかった
昔のチェンマイのイメージなのだそうですよ。

このパレードは
市が開催している美人コンテストの1部なのですが、
スポンサーのひとつであるコカコーラの看板が
やけに目立ってます……(苦笑)

8時ごろ。
チリン、チリン♪
c0132422_11422213.jpg


きれいな民族衣装を身につけた、
ちょっとレトロな雰囲気の女性達が、
唐傘を片手に自転車をこいでいきます。


私の唯一の著書である、チェンマイのガイドブック
「たっぷりチェンマイ!」の表紙の写真は
3年前のこのパレードを撮影したものです。
c0132422_12422059.jpg

やはり不思議な光景ですね(笑)
チェンマイに来る時は、
ぜひ、お買い求めください!
(ちょっと宣伝でした^^)


皆さん、とてもきれい~。

c0132422_12194249.jpgc0132422_12203233.jpg
















これから美人コンテストに出場する選りすぐりの美女達です。
(中には愛嬌たっぷりの方もいますが)
色鮮やかな集団を目の前にすると、
テンションが上がります。
私も男性カメラマンに負けず、パシャパシャと写真を撮りまくり、
なんだかとてもオヤジっぽい……。


普段、チェンマイの街中は車が多くて、
こんな風に長閑に自転車をこげる雰囲気ではありません。
中には自転車に乗りなれていない出場者もいるようで……


おっとっと!
c0132422_1143652.jpg

                           きゃ~~
    
傘をさしてゆっくりこぐのって、確かに難しいですよね。


朝早いので、見物する人が少ないのがちょっと残念。
さらに今年は、例の赤シャツ軍団の影響で、
お祭り気分になれないという人も多かったでしょう。

1年で最も賑わうはずのお祭りですが、
今年はチェンマイを訪れる観光客は外国人だけでなく、
タイ国内の他県からのタイ人旅行者も減っているように感じました。

あっ! 
赤いシャツを着た人が・・・
c0132422_11433118.jpg

ふふふ、嬉しそうに見ていますね。

美人の笑顔は無敵です☆
[PR]

by yunkao | 2009-04-22 13:30 | きらきら☆歳時記
2009年 04月 17日

眠るひと

チェンマイの街を歩くと、よく寝ている人をみかけます。
日本だと仕事中に昼寝は怒られますが、
チェンマイでは昼寝自由(?)。用があるときは起こしましょう。

最近治安が悪くなったといいますが、
これだけいろいろな所で人が寝ているということは、
まだまだ安心だということでしょうか。

そんなチェンマイの昼寝コレクションを一部ご紹介しましょう。




c0132422_14372792.jpg

寝る子は育つといいますが。
お昼のナイトバザールにて。屋台の上は涼し~い。


c0132422_14374784.jpg

食堂にて。人がたくさんいるところが落ち着くのかも。


c0132422_14592917.jpg

真ん中の女の子に注目。お父さんの背中でぐっすり。


c0132422_14384364.jpg

「ちょっと君~!そんな所にバイクをとめちゃダメだよ」    
トゥクトゥクで駐車禁止を取りしまるお巡りさん、後ろに娘さんが寝ています。



寝るのは子供ばかりではありません。
お祭りなどで、ぐでんぐでんに酔っ払ったおじさんもよく道に横になっています。
最近はソンクラーン(タイ正月)の祭りがあって、そんな人が大発生しました(笑)

c0132422_14394152.jpg

お母さんに足を向けていいの~?



c0132422_14401643.jpg

              犬も添い寝?




そして、店番。
これもお客さんが来なければ退屈で、
気が付くとついつい夢の中だったりするようです。

c0132422_14404058.jpg

お母さん、お疲れさま


c0132422_1442254.jpg

あの・・・、カバンください


c0132422_14422846.jpg

売り物ではありません(笑)



寝ている人を見ると、のんびりした気分になりますね~。
[PR]

by yunkao | 2009-04-17 15:53 | チェンマイの常識?
2009年 04月 10日

ゴールデンシャワーと桜

c0132422_1234179.jpg


日本から桜の便りが届く、今日この頃。


タイではこの時期、
ゴールデンシャワーという花が咲き、
ソンクラーン(タイ正月)の季節の彩りになっています。
c0132422_1525079.jpg

                                     房状に垂れ下がって咲く花


ゴールデンシャワーはタイの国花。
タイ語では国王の花という意味の
ラーチャプルックという名前がつけられています。
北部弁ではドーク・ナーレーン、
熱風の花という意味だそうです。

どの名前も花の雰囲気を上手く表していますね。

c0132422_1534334.jpg

                                      花のアップ


この花が一番好き、
というタイの人はたくさんいます。

ソンクラーンは帰省して、
家族と過ごすという人が多いのですが、
私の友人は、長距離バスで家に帰ると
いつも窓からこの花の黄色い並木道が見えて、
「やっと帰ってきた」と実感するのだそうです。

c0132422_142239.jpg

                             お堀のラーチャプルック


別の知り合いは、
子供の頃、
ソンクラーンになると
村でお祝いの行事を開き、
会場になる小屋にこの花を飾りつけるお手伝いをしたり、
中に種の入った長い棒状の鞘を刀代わりにして、
チャンバラごっこをして遊んだ思い出を話してくれました。

c0132422_1525183.jpg

                                  この鞘の中に種が入っている



強烈な日差しを浴びて、きらきらと降り注ぐ花の光。
この花の下で日本のようにお花見をする習慣がないのは、
ただただ猛烈に暑いからでしょうね。

c0132422_15037.jpg

日中、用事で外に出かけるとぐったり。
日に何度もシャワーを浴びて、Tシャツを着替える毎日です。





今日は故郷の友人が桜の写真を送ってくれました。
c0132422_163170.jpg

                                       kaoruさんの写真
春のおすそ分け、とってもうれしいです。



そういえば、
もう何年も桜を見ていません。
桜を思い出そうとしたら
子供の頃遊んだ公園の桜、
それもなぜか、
散り積もった花びらが
風が吹くたびに波のように押したり寄せたりする風景が目に浮かびます。
私の足と祖母の声も・・・。

桜やラーチャプルック、季節を告げる花に
大切な思い出を重ねる人は多いのかもしれません。



「桜が咲くのはいつなの?」
タイ人の友人と話していて、
いつか日本に行きたいなーという話題になると
必ず聞かれるのは、桜の咲く時期。
桜並木は一度は見てみたい、憧れの風景だそうです。

そんな友人が、
コツコツお金を貯めて、先日、とうとう日本へ遊びに行きました。
今頃、満開の桜を眺めていることでしょう。

お土産話が楽しみです。
[PR]

by yunkao | 2009-04-10 02:15 | きらきら☆歳時記
2009年 04月 07日

ノーイノーン

c0132422_0491899.jpg

近所のよく利用する商店の庭に、ちょっと気になる実が生っていまして・・・
木の下でじっと見たり、
うろうろして写真を撮ったりしていた、挙動不審な私(笑)。

そして、次の日。
商店に買い物に行くと・・・・・・

c0132422_050729.jpg

なんと!
店のおばさんが昨日の様子を見ていたらしく、
熟れた実をひとつ持ってきてくれるではありませんか!
しかも、よく冷えています!

指で押すとくぼむくらいの柔らかさで、ちょうど食べごろだそうです。
熟した実は、美しい紅色をしています。


この実、「ノーイノーン」というそうです。
大きさは手のひらくらい。


切ってみましょう。

ぱかっ☆

c0132422_0504373.jpg

名前が以前紹介したノーイナーに似ていますが、
中身もノーイナーそっくり。
クリーム状の果肉を、スプーンですくって食べます。

いただきま-す!
c0132422_051118.jpg

・・・・・。


・・・これは・・・・(汗)


・・・・おいしい!!


種の周りの甘いとろりとした房状の果肉はほのかに酸味があり、
まるでレア・チーズケーキのような味です。
(ノーイナーにはほとんど酸味はありません)


皮の近くは濃いクリーム色で、
アボガドのようにねっとり、そして、梨のようなざらざらした舌触り。

実はノーイナーより大きめで、
半分食べても充分な満足感です。

種もノーイナーにそっくりですね。
c0132422_0513326.jpg


でも、雨季の8~10月頃に出回るノーイナーと違って、真夏の今が旬。
そしてなぜか市場では、ほとんど売られていない珍しい果物です。
[PR]

by yunkao | 2009-04-07 02:05 | 今日のおやつ
2009年 04月 04日

今年の梅

c0132422_2392399.jpg

梅を買いました。

3月の中頃に、北タイの山岳部では梅が収穫されます。
昨年、知り合いの方に分けてもらって
梅干を作ったので、
今年もできたらいいなあと市場を探してみました。


ナイトバザールの裏手にある金曜定期市です。
ここは、山岳部からのちょっと珍しい野菜や果物が売られています。

c0132422_2394697.jpg

はっ!
この大袋に入っているのは、梅では!?

「それ、最後の一袋だよ!
一袋10キロ入りで、200バーツを150バーツにするよ~」
と、店のおばさん。

10キロは多すぎますが、
梅が欲しいという友人の顔が思い浮かんだので、買うことにしました。

うんしょ、うんしょ。

両手で抱えて、バイクまで運びました。
が、当然、バイクのかごには入りません。

どうやって持って帰ろう・・・


c0132422_23101561.jpg

バイクの隣で、おじさんがアイスを食べています。
とりあえず、梅はバイクの脇において、
私もアイス食べよう。

c0132422_23104327.jpg

このアイス、ココナッツとバニラとタロイモの3色でした。
おいしい~
梅味もあればいいのに~(笑)




食べ終わってバイクに戻ると、
おじさんが
「あんた、バイクに乗っていなさい」
と言うので、
バイクにまたがると、
前のところ(足の間)に梅を置いてくれました。
c0132422_2311938.jpg

なるほど~!
こうすれば、もって帰れますね。
ただ、1人で積むのは大変だな~、コレ。
コープクンカー、おじさん。


家に帰って、さっそくお酒に漬けました。
c0132422_23114320.jpg


c0132422_23121165.jpg

右はお酢。
梅サワーです。

梅干用に塩に漬けたのも、梅酢が上がってきました。
今年はおいしく出来るかな?
[PR]

by yunkao | 2009-04-04 23:44 | ラムディ~!(おいしい)
2009年 04月 02日

暑い日のミシン屋台

c0132422_931612.jpg

あつ~い、昼下がり。
ミシン屋台の犬くん、
今日は挨拶はありません。
すやすや・・・
扇風機の風が、気持ち良さそう~

お目覚めかと思ったら・・・

c0132422_933351.jpg


                                 ふや~~

こんなに暑い日は、人間も休みたいです。
[PR]

by yunkao | 2009-04-02 09:13 | 路地裏散策