<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 25日

ミャンマー料理の店

c0132422_1184534.jpg

ニマーンヘーミン通りにあるミャンマー料理の食堂。
外国人にも人気があります。


c0132422_1193369.jpg

最初はこのアウンサン・スーチーさんの横に貼ってある
「BURMESE TEA」という張り紙に誘われて食堂に入りました。
どんなスパイシーな紅茶が出てくるのかと期待して待っていると、
いつものコンデンスミルク入りオレンジ色の激甘ティーが出てきました……。

それ以来、紅茶は頼んでいません(苦笑)

でも、料理がとてもおいしかったので、
今では毎週のように通っています(笑)


私がよく注文する料理は、

ミャンマー料理の「スープ・トゥア(レンズ豆のスープ)」。
タイ料理には、この豆はあまり使いません。
c0132422_120312.jpg


そして、一度食べたら病み付きになる
「ヤム・バイブアボック(ブアボック菜のサラダ)」です。
c0132422_1203033.jpg

ブアボックという草を、ピーナッツやトマト、玉ねぎなどと合えたサラダで、
全く辛くなく、ブアボックのかすかな苦味がオツな味です。

オーナーさんはタイヤイ族(シャン族)の方で、
このサラダはタイヤイの料理なんだそうです。
ミャンマーにはシャン州というタイヤイ族の多く住む州があり、
そこからタイ北部に多くのタイヤイ族の人が入ってきています。
ここのお店の従業員もシャン州からやってきた人が多いようです。

だから、ビルマ料理というより、
タイヤイ料理のお店ですね。


実はこのお店、
最初はイサーン料理の店として2004年にオープンしました。
だから、普通のタイ料理も揃っています。

トムヤムは「マイ・ペット(辛くしないで)」と言わないと、相当辛いです。
c0132422_1205280.jpg

ヤム・カイダーオ(目玉焼きのサラダ)もあります。
c0132422_121252.jpg


私はいつも「ミャンマー料理の店」と呼んでいますが、
本当は「ナムプン・ノーンビー」という店名があるそうです。

ノーンビーという娘さんの名前からとったんですって。
c0132422_1215842.jpg

ノーンビーがピースしてくれました。ありがとう。




あ、ドライブスルーのお客さんが来ました。
c0132422_1225849.jpg
「カレー、まだ~?」
c0132422_1232686.jpg

                                     「ねえ?」




という訳で、安くて美味しい、一風変わった食堂として人気があります。


c0132422_1222443.jpg
お店の人たち、今日も元気です!






「ナムプン・ノーンビー」
ニマーンヘーミン通り ヒルサイド2側
営業 10:00~22:00頃、仏祭日休み
ミャンマー料理は日本語メニュー有り ※品切れ(?)のメニューが多い(笑)

[PR]

by yunkao | 2009-03-25 02:32 | ラムディ~!(おいしい)
2009年 03月 21日

ダンナの陶器 2009年(その2)

最新作を一部、ご紹介します。

c0132422_22475587.jpg

片口 左高さ9.5cm 長径11.5cm
湯冷ましにもいいです。


c0132422_22482554.jpg

コーヒーカップ 高さ8cm 直径10cm
一段入ったくびれがたっぷり感を出しています。


c0132422_2251451.jpg

飯茶碗 高さ12.5cm 高さ7cm
新しく作った黄色釉。手にすっと吸い付くようなマットな質感で持ちやすいです。


c0132422_22485883.jpg

トリ花器 高さ13cm 長径14cm
口元に水色とピンクが出ています。


c0132422_22493152.jpg

三つ足花器 高さ10cm 直径9cm
手のひらサイズです。野の花にも。


c0132422_2250582.jpg

これは前に紹介したカッパちゃん花器の変形です。
だるまさん花器 高さ12cm 直径8cm
実は三つ足です。


c0132422_2251359.jpg

三つ足花器 右 高さ11cm 直径10cm
横から見た時の、底のラインが決め手です。


c0132422_2252316.jpg

上左の花器に、庭の花を活けてみました。



※作品を購入してくださった方が、
素敵に使ってくださっている様子をブログで紹介してくださいました。


Yukaさんのブログ 

NUM NUANさんのブログ
[PR]

by yunkao | 2009-03-21 23:19 | ダンナの陶器
2009年 03月 19日

青い扉

c0132422_1424696.jpg

青い扉と・・・・おしり





c0132422_1432438.jpg

青い扉と・・・・あたま
[PR]

by yunkao | 2009-03-19 01:47 | 路地裏散策
2009年 03月 18日

久しぶりの雨

2月下旬から気温が上がり始め、
3月、4月はタイで最も暑い季節を迎えます。

この時期、
パーユ・ルドゥー・ローン(暑い季節の嵐)といって、
中国のほうから低気圧や、冷たい空気がおりてくると、
雨が降ったり、大風が吹いたり、
ヒョウが降ることもあります。

この嵐が来ていると金曜日に会った友達が言っていたけれど、
夕べ、本当に雨が降りました。

おとといからパラパラしていたんですが、
昨日はザーッと降リ出して
思わず外に出ました!

植物が気持ち良さそう。
c0132422_11513970.jpg


乾季のチェンマイはもう、かれこれ4ヶ月以上雨が降っていません。
最近の暑さで空気はカラカラで埃っぽく、
山焼きの煙が充満して、
のどや目が痛く感じる日もあります。

雨がそれらを洗い流してくれます。


は~~♪
c0132422_11521424.jpg


あっ!
c0132422_11531367.jpg

光りました。
雷です。

そういえば、雨が降り出す前に、
大きな蟻がたくさん部屋の中に上がっていたり、
カエルが姿を現したり。
動物は雨の予感がするんでしょうね。


水分を含んだ土の香りが漂います。
この匂いが好きです。

ダンナは釉薬を水に混ぜるとこの匂いがするといいます。
土には釉薬の成分が入っているので、
きっと同じ匂いがするのでしょう。
「この匂いを嗅ぐと世界が広がる感じがする」のだそうです(笑)


久しぶりの雨に潤いました。
[PR]

by yunkao | 2009-03-18 11:55 | チェンマイの常識?
2009年 03月 16日

プアン・クラーム

c0132422_9461424.jpg

大家さんが植えてくださったプアン・クラーム
どんどん育っているので、
ツルを這わせる柵を足してくれました。

c0132422_9463263.jpg

この方が、ムー・イェン(冷たい手)のおじいさんですね!

c0132422_9465192.jpg

長く伸びたツルをはわせて、
隣のこの木に絡ませるようにするんですって。
育ったら、西日を和らげて涼しくなりそうです。


「花が咲いたら、ここは紫色の家になるわね~」
と大家さん。


楽しみです。

c0132422_9471172.jpg

[PR]

by yunkao | 2009-03-16 10:04 | かわいい出来事
2009年 03月 13日

大好き☆目玉焼き

c0132422_19471681.jpg

カーオ・パット・ガパオ・ムー・カイダーオ。
豚とホーリーバジルを炒めたものをご飯に添え、
最後に目玉焼きをのせた料理です。
タイの屋台や食堂の定番メニューです。

この目玉焼き、
たっぷりの油で揚げます。
白身のふちはカリカリっと揚がって、
黄身はこのように・・・・
c0132422_19475622.jpg

とろ~り☆

ソースのように、ごはんと具に絡めて食べます。

鳥インフルエンザのせいで、
最近は「良く火を通しますか?」と聞いてくれるお店もあります。
c0132422_19504995.jpg

でも、やっぱり半熟がおいしいのです。

日本には「卵かけご飯」という
素晴らしい食べ物がありますが、
タイの人は、
生卵をかけるご飯って、
ちょっと受け付けないようです。

c0132422_19513819.jpg

でも、このカイダーオ、
卵かけご飯に通じるものがあるような・・・


焼き飯や野菜炒めご飯など、
一皿料理を注文する時に
「カイダーオ・ドゥアイ!(カイダーオも!)」と言えば、
大抵プラス5(~10)バーツでのせてくれます。

目玉焼き1つで、
こんなにもボリューム感とご馳走感がUPするとは!


目玉焼きの存在感・・・
c0132422_19521459.jpg


目玉焼きの魅力・・・
c0132422_19524052.jpg






アレルギーなど例外の人はいますが、
卵って、
きっと世界中の人が大好き。
子供も大人も好きですよね。

大昔から、
人間は、卵をご馳走だと思っていたに違いありません。

森の中でトリの卵を見つけたヒトは、
「あ、卵! チュル~~♪」
・・・と吸ったよなあ。

卵のおいしさは、
人の感覚の奥深くに、
予めあるような気がします。

チュル~~


日本から来ていた友人も
「目玉焼きのせ」にはまって、
何にでものせていました。

つられて私も・・・

パッタイ(タイ風やきそば)とか・・・(普通はのせません)
c0132422_19531793.jpg


このパッタイはすでに卵が入っているので、
コレステロール高め。


カオマンガイ(鶏飯)とか・・・(普通はのせません)
c0132422_19535152.jpg

ある意味、親子丼?


そう☆
目玉焼きサラダ(ヤム・カイダーオ)、
というメニューもあるんですよ。
c0132422_2045096.jpg

硬めに揚げた目玉焼きを一口大に切って、
オニオンスライスやパクチー、
にんじん、トマト、木耳、
ニンニク、ナンプラー、ライム汁、唐辛子、砂糖などで、あえるだけ。

ライムの酸味が目玉焼きと合う、さっぱりとした一品。
今晩、いかが~?
[PR]

by yunkao | 2009-03-13 20:34 | ラムディ~!(おいしい)
2009年 03月 11日

オシャレ湯たんぽ

c0132422_12471460.jpg


どこかレトロでアジア的な色彩の花柄。

先月、ちょっぴり体調が悪かった時に、
センスの良い方から頂いたものです。

c0132422_12475095.jpg


さ~て、ナンでしょう?






ジャーーーーン☆
c0132422_23562943.jpg


c0132422_23565835.jpg


湯たんぽです(笑)

ひとつはワロロット市場に売っていました。
c0132422_002593.jpg

おそらく中国製で、
なぜか、箱に牛の絵・・・。

水はすでに入っている状態で売られていて、
電気で温めるんですよ。

プラグを差し込むところがハート型なのがにくいですね。
c0132422_23573578.jpg


約7分で、緑のランプが・・・
c0132422_23594951.jpg

赤に変わります!

けっこう熱くなります!
3時間くらいはもちますよ。

タイは暑いのに湯たんぽ?
と、不思議に思う人もいるかもしれませんね。
でも、長時間、パソコンの仕事をして肩が凝っているとか、
どこか痛いところがあるとか、
そんな時には、とってもいいんです。


最初から水が入っているんですけど、
裏にこんなボタンが。
c0132422_23581319.jpg

「排気」の文字が・・・ここから蒸気が出るのかな?
それとも、ここを押すと水がでるのか?
恐くてまだ押していません(笑)

もうひとつの湯たんぽは、お湯を注ぐタイプ。
冷やしても使えるので、
これから暑くなると、アイスノン代わりに活躍してくれそうです☆
[PR]

by yunkao | 2009-03-11 12:57 | 私のお気に入り
2009年 03月 10日

窯開け

c0132422_1593822.jpg

窯開けは一番の楽しみです。
一晩置いて、冷め割れしないよう、
充分に温度が下がってから開けます。

今回も、なかなかいい色が出ていました!
新しく作った釉薬も、いい感じです。

c0132422_20595.jpg

新作は、また後日UPしますね。
[PR]

by yunkao | 2009-03-10 02:03 | ダンナの陶器
2009年 03月 09日

ダンナの陶器 2009年(その1)

今年に入って焼いた作品を少し紹介します。
白い土に白い釉薬をかけたものは、うっすらとピンク色がでました。
その他、鉄分を含んだ土も使っています。

c0132422_1131550.jpg

小鉢 ロクロ目が柔らかい印象です


c0132422_11312731.jpg

鉢 直径19cm 高さ5.5cm


c0132422_11314678.jpg

皿 26cm 微妙に楕円になってます

c0132422_1132576.jpg

白鉢 長径22cm 楕円形


c0132422_11322877.jpg

鉢 直径22cm やや四角い形


c0132422_11325225.jpg

鉢 直径18cm 高さ6cm


c0132422_11331791.jpg

カップ&ソーサー


c0132422_11333789.jpg

花器 長径27.5cm 高さ18cm 3本足です
[PR]

by yunkao | 2009-03-09 11:52 | ダンナの陶器
2009年 03月 08日

窯炊き中

c0132422_19261888.jpg

チェンマイは気温36度。

今日はダンナの窯炊き。
木陰の涼しそうな窯に見えますが、
ところがどっこい!

モウレツに暑いです・・・。
フ~

c0132422_1927263.jpg

もうちょっと温度を上げてまいります。
[PR]

by yunkao | 2009-03-08 19:33 | ダンナの陶器