みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 28日

明るい銀行員

c0132422_1612822.jpg


ニセ札が流行っているので、
ATMは使わず、より安全な銀行の窓口でお金を下ろしました。

私がいつも利用している銀行には、
顔見知りの銀行員さんがいます。

女優の賠償千恵子さんにちょっと似たオトナ美人。(写真が無くて残念)
とても明るい方で、毎回、日本語で
「おはよーござーます!」
とあいさつしてくれます(笑)
日本好きみたいです。

前回行った時は、カウンターで
「ドラえもんの歌、歌ってみてください(タイ語)」
と頼まれ、
えー!と思いながらも、
「アンアンアン♪とっても大好き~」とフルコーラスで歌ってしまった私。
お客さんが誰も居なかったので良かったですが・・・


「日本人は子供からお年寄りまで、
ドラえもんの歌が歌えるって、本当なのね!
この前は日本人のおじいさんに歌ってもらったのよ」

と、しきりに感心する彼女。


私のほかにも「ドラえもん」を歌わされた日本人がいるようで・・・
日本ではありえない展開です(笑)



さてさて、引き出したお金を受け取った私。
時世柄、
「・・・・本物ですよね?」
と聞くと・・・

「あ~ら、ぜ~んぶニセモノだから、心配しなくてもいいわよ~」
と、彼女。

「フフフ、冗談☆
 今、裏で刷り上がったばかりの本物よ!」


・・・と、こんな調子です。


銀行員さんに教えてもらった1000バーツ札の見方ですが、
右端の「1000」の印刷が、
角度によってオレンジと緑に見えたらOK!なのだそうです。


お金を引き出すたび、残高を見てはブルーになる私ですが(苦笑)、
この明るい銀行員さんのお陰で、ちょっと救われています。
[PR]

by yunkao | 2008-12-28 16:09
2008年 12月 27日

ニセ札騒動

c0132422_1431625.jpg


やはり不景気の影響でしょうか?
タイではニセ札が出回っていると騒ぎになっています。
私も、食堂やお店でお金を使うたびに、
お札の見分け方などを聞いて勉強しています。

見分け方は、人によっていろいろ。
お札の端のほうにある銀色の部分に
数字が浮かび上がるかチェックするとか、
水で塗らして色が落ちたら偽物とか、
色鉛筆でこすって色が付いたら偽物とか。
でもこれで本当に分かるんでしょうか?

ニセ札が出回るのは、今回が初めてではありません。
以前からいろいろな対策が講じられているようです。

中には、ニセ札探知機という機械もあります。
知り合いの人が持っていたので見せてもらったのですが、
レジスターのような形で、
お札を乗せる部分がガラスになっていて、下から光を当ててチェックします。
試しにただのメモ用紙を置いてみると・・・・・・

「ニセ札! ニセ札! ニセ札! ニセ札!」

と、すごい音量で叫び出しました(笑)。
店頭でこれに引っかかるとビックリするでしょうね。
知らずに使ってしまった人は災難です。
私も気をつけよう・・・

日本から来ている人が、
「市場で偽物と言われて使えなかった」という1000バーツ札を見せてくれました。
確かに銀色の部分が無かったり、ちょっと違います。
でも、これを知り合いのタイの人に見せると、
「これは古いお札だけど、使えるよ」と教えてくれました。

最近はニセ札を怖がって、
1000バーツや500バーツ札の受け取りを拒否されることもあるのだそうです。
消費者としては、とても困りますよね。

さらに、
「100バーツや20バーツ札にもニセ札があるんだよ」とは、
よく行くクウェッティアオ屋のおじさん談。
「100バーツ札は、数字の部分のざらざら感で本物かどうか見分けられるけど、
ヨレヨレの古い100バーツ札では、判断が難しいんだよ」と、
毎日お金を触っているおじさんも、頭を抱えています。

何かと物入りな年の瀬。
大事なお金がニセ札だと本当に困ります。
この所、タイでもいろいろな問題が続いています。
[PR]

by yunkao | 2008-12-27 14:57
2008年 12月 22日

猫カフェの猫

c0132422_1164839.jpg

日本には「猫カフェ」というのがあるとタイのニュースでも話題になっていました。
お客さんはカフェの中で飼われている猫に触ることで癒されるんだそう。
アナウンサーは、
「都市に住む日本人の多くが、住宅事情からペットを飼えない」のだと解説してました。

日本よりは住宅事情が良さそうなタイですが、
チェンマイにも「猫カフェ」、ありました!
その名も「cat cafe」。
ちゃんと猫もいますよ。




ここの猫は、最初見たとき、
神様のお供え物を、がつがつ食べており・・・・・

私に気がつくと・・・・・・

                        はっ! 
c0132422_1215596.jpg

                                      えっ?


                            よっ!
c0132422_123455.jpg

                                     イテテテテ


                          むんず☆
c0132422_1241536.jpg

                             ぎゃ~!!


                             はっ
c0132422_127928.jpg

                                  


とっても人懐っこい猫で、
お客さんが来ると、このように近寄ってきます。




でも、このお店。
実は、大きな木彫の猫がいるので、「cat cafe」なのです。
日本の猫カフェとは全然違いました。
本物の猫はそんなに大事にされてません(笑)


「ほら、見て。ここにも木彫りの猫があるんだよ」と店のおじさん。
c0132422_132081.jpg

「この猫は人懐っこいですね~」と私が言うと、
「あ、そいつ、欲しかったら持っていってもいいよ~」ですって。
飼ってるわけじゃなかったんですね。


チェンマイもここ近年ペットブームですが、野良犬、野良猫も健在です。
動物を触って癒しを得るという感覚は私もよく分かりますが、
ここではまだ、それで商売は出来ないようです。
[PR]

by yunkao | 2008-12-22 02:38 | アジのあるお店
2008年 12月 21日

ありがとう

c0132422_1248119.jpg

実家から小包が届きました。

開けてみると、
ゆずの香りがぷ~ん。


ひとつは痛んでいましたが、
もうひとつは大丈夫でした。


部屋の中は、
目の覚めるようなフレッシュな香りでいっぱい。


今日は冬至ですね。
今晩、ゆず風呂に入りたいですが、
湯船がないので、足湯にゆずの皮を浮かべようと思います。

レモンはホット・レモンにして飲もうかな。


c0132422_125701.jpg


皆さんも風邪などひきませんよう。
[PR]

by yunkao | 2008-12-21 13:03
2008年 12月 14日

犬の防寒着

c0132422_16163287.jpg

定期市にでていた屋台です。
黄色い看板には、「犬の防寒着」と書いてあります。

涼しいこの季節、
犬用の服がよく売れているんですって。

こちらはペットショップ。
c0132422_16193757.jpg

       「これは○○ちゃんには、小さいわね~♪」

c0132422_16204473.jpg

プーさんのフード付きや、
サンタクロースのアップリケが付いたクリスマスっぽい服まで、
犬用と言っても、なかなか凝ってます。

それにしても、タイの犬は寒がりなのかな?
犬って、涼しいのが好きじゃなかったっけ?
だいたい犬には毛が生えてますからねえ。
c0132422_16225329.jpg

こんなに毛がふさふさしてるのに(↑)、必要?

確かに、夜、外で寝ている犬は寒そうに見えますが、
たまに、服を着せられた犬が痒そうにして、
「わ~ん」ともがいているのをみかけます(苦笑)
犬は自分で服を脱げませんものね。

もしかしたら、飼い主のおせっかいなのかもしれません。


でも、もし、私が犬を飼っていたら・・・
やっぱり、服を着せると思います。
理由は・・・かわいいから(笑)



それでは☆
2008年チェンマイ犬街角ファッション・チェック!
お楽しみください~

             「この子、寒がりなのよ~」
c0132422_17102414.jpg
ご主人様とペアボーダーが素敵ですね☆



c0132422_1633247.jpgc0132422_16333611.jpg










驚きの表情が似合う(?)赤服              タオル地が肌にやさしそう

c0132422_1634255.jpgc0132422_16342611.jpg










私をドライブにつれてって~な気分          色あせたプーさん柄がキュート☆


さすが小型の愛玩犬は、服を上手に着こなしていますね。


お次は、トンパヨム市場のオシャレさん。


c0132422_16494824.jpgc0132422_16502024.jpg














「花柄がぼろぼろになったから、ひよこ色にしてもらったの」
そうですか~、よかったですね^^


飼い主が着古したTシャツのお下がりを着せてもらう犬もいます。


c0132422_16593036.jpgc0132422_16545073.jpg










犬の体にフィットするよう、
余った生地をくるっと丸めてゴムでしばった「お団子」が、
背中かお腹にあるのが特徴です。



まっ! 
そこの、あなた。

c0132422_1733239.jpgc0132422_17461.jpg











うす紫色がお似合いですよ~              私のズボンと色がかぶってますネ


こちら、新聞屋のプードル兄弟もオシャレですね!

c0132422_1763134.jpg

兄弟でおそろいのボーダーシャツ。
きまってます☆
(でも、新聞が取れないョ。)



この服は・・・・

c0132422_17333795.jpg

ニットです!
もしかして、手編み?
・・・あったかいです(涙)


こうして見ると、
犬の服は周りの人間の心も温めているようですね~

そして、飼い主が犬を大切にしている気持ちが伝わってきます。



「わんわんわんわん!」
c0132422_17164776.jpg

            「おじいさん、変な人がいるよ!」

c0132422_17171535.jpg

「大丈夫だよ~、その人は写真撮ってるだけだから、放っておきなさい」

おじいさんのTシャツを着せてもらった犬くん、
驚かせてごめんね~。
[PR]

by yunkao | 2008-12-14 18:52 | チェンマイの常識?
2008年 12月 10日

草刈

c0132422_16322961.jpg

先日、大家さんがどこからか草刈機を借りてきて、
うちの前の草を刈ってくれました。

いつもは私がハサミのような草刈バサミで、
ちょきちょきと刈っています。
意外と力仕事で、5分もすれば大粒の汗が噴出してきます。
腕は筋肉痛になり、コーヒーカップが持てなくなるほど。
でも、いい運動になると、
プラス思考で取り組みますが、
やっぱり億劫なので、すぐに草ぼうぼうにしてしまいます(苦笑)。


シュバババ、シュバババ!

大きな音と共に、草が刈られていきます。

は~、すっきり!!


雨季は10日も放っておくと、
すぐ20cmくらいの高さに伸びて、文字通り、草ぼうぼうですが、
乾期のこの時期は、雨がぜんぜん降らないので、
しばらくはもつでしょう。

大家さん、ありがとう!



c0132422_163392.jpg

                     木の枝打ちをしてくれる大家さん

ところで。
5年くらい前の話です。

ある日、隣の部屋に住んでいた友人が、
窓を開けて夜遅くまで仕事をしていました。

夜中の3時ごろ。

がさっ、がさっ、がさっ、がさっ・・・・・・・・・・

こちらに近づいてくる足音がします。
草を踏みしめるその音は、どうも犬や猫ではなさそう。
「こんな時間に誰が来たんだろう?」と、
友人はすぐに音のするほうを見ましたが、
そこには誰もいなかったそうです・・・



翌日、友人が大家さんにこの話をしていると、
下宿の隣の土地に家を建てて住んでいるおばさんがやってきました。

「明け方ごろ、見知らぬおじいさんが夢に現れて・・・
何も言わず、笑っているんですよ」
と、大家さんに言います。

夢の中のおじいさんは背が高くて細身だったという、おばさんの話を聞いているうちに、
もしかして・・・と、大家さん。

家の中から、
数年前に亡くなった大家さんの父親の写真を持ち出しました。

その写真を一目見て「この人です!」と、おばさん。
おばさんも大家さんも、聞いていた私たちもびっくりでした。

当時、大家さんはお父さんから受け継いだ土地の一部を、
このおばさんに売ってあげたところでした。

タイの、特に田舎の人は、
目に見えないものの存在を信じています。
もしかして、土地のことを心配したお父さんの霊が
見回っていたのかもしれない・・・
大家さんはその後しばらく、土地を売ったことを気にしていました。


私もここに住んで長くなりましたが、
一度も「お父さん」にお会いしたことはありません。
でも、住まわせてもらっているという、
感謝の気持ちは持っていたいなあと思います。
[PR]

by yunkao | 2008-12-10 17:06 | びっくり!小事件
2008年 12月 07日

クラッシック・カーのパレード

c0132422_16573452.jpg

ターペー門で行われたクラシック・カーのパレードを見ました。

毎年、メージョー農業大学の学祭中に行われるこのパレード。
60年代はトラクターがパレードしていたそうですが、(「たっぷりチェンマイ!」p157参照)
今ではトラクターも珍しくなくなったので、クラシック・カーに代わったようです。

広場に集まったクラシック・カーは約20台。ジープ約15台。
その他、ハーレーなど、自慢の車が勢ぞろい。
クラシック・カーの好きな人には、たまらないでしょうね。
私はぜんぜん分からないんですけど・・・



c0132422_17103569.jpgc0132422_171508.jpg










コレ動くのかな~                     「ほ~!これは・・・(ぶつぶつ)」

c0132422_1752684.jpgc0132422_175529.jpg










車内も凝ってます                    触り放題~、ペタペタ



c0132422_17223488.jpg

一応、農業がテーマのお祭りだから、
パレードに参加する学生も教授もカウ・ボーイのファッションできめています☆

みんなお洒落だなあ~と見とれていると・・・・・



パッカパッカパッカ・・・・
c0132422_17252669.jpg

え? なぜか、馬に乗ったインディアン・ガール
そして、ボーイ。

「古い車もいいけど、今の時代、やっぱ馬だよね~」とインディアン。
c0132422_17261129.jpg

「インディアン、ウソつかないよ~」                  ??

そして、このメージョー大学乗馬部を率いる代表のヌッさんです。
c0132422_17283466.jpg

ヌッさんもメージョー大学のOBで、
今はメージョー大前の皮細工の工房で、
オリジナルの革製品を作っています。

カッコイイ皮のズボンも馬具も、みんなヌッさんの手作り。
「ハロー? 今、オーダーいっぱいで忙しいから、ちょっと時間もらえますか?」
な~んて、商談中(かな?)。


さあ!
いよいよ、クラッシック・カーのパレードが出発です。
やっぱり、実際にチェンマイの街を走っている姿を見たいですよね。

来ましたよ!

わあ。

水牛カー(?)、堂々としています。
c0132422_17354879.jpg


その後ろにはパッカパッカと乗馬クラブのみなさんも。
c0132422_17363553.jpg

仲のよいカウボーイとインディアン。


どんどん来ますよ~


c0132422_17372365.jpg

        プップー!

c0132422_1738124.jpg

        あ、ルパンの車だ。

c0132422_17382537.jpg

        日本車もありますね。乗りたいなー

c0132422_17384863.jpg

        渋いな~

        あ、この車!
c0132422_17391132.jpg

      ちゃんと動いてます!
      おじさんを乗せて・・・

街を走るクラシック・カー、とてもきれいでした。
チェンマイの車は、大型のピックアップ・トラックが主流です。
でも旧市街を走るなら、このぐらい小さくてお洒落な車なほうが楽しいのに。
そして、お堀の中くらいはたまには交通規制をして、
馬が走れるようになればいいのになあ。
[PR]

by yunkao | 2008-12-07 18:53 | きらきら☆歳時記
2008年 12月 06日

ムエタイ

昨日、12月5日は国王の誕生日で休日でした。

土曜日も休みという友達は、この3連休に田舎に帰っています。
逆にチェンマイに遊びに来る人も多く、
バンコクナンバーなど県外からの車が増えて、
狭いチェンマイの街は、あちこちで渋滞しています。

ドーイ・ステープなど山の上のキャンプ場は、人でいっぱいだそうです。
さすが南国、タイ。
冬の間は、みんな寒さを求めて北の方にやってくるんですね~


さて☆

我が家の近所の広場では、
毎年、国王の誕生日にセレモニーが行われます。
c0132422_23532498.jpg

そして、セレモニーの後は恒例のカラオケ大会。

そのステージの裏には・・・・

なんと!

c0132422_2355573.jpg


ムエタイのリングが!!


選手は試合の前に
ムエタイの師に感謝を捧げる踊り(ワイクルー)を踊って、精神統一。
勝利を祈ります。
c0132422_23553528.jpg


よく見ると、まだ15、16歳くらいの少年です。
日本でいえば、相撲大会のようなものでしょうか?

子供の頃、ムエタイ大会に出場したことがある、
という知り合いが何人かいますが、
「恐くてリングに上がると、足ががたがた震えた」とか、
「試合が終わると、全身、隅々まで痛くて歩けなかった」とか言ってました。
やっぱり、大変なスポーツです。

間近でみると、ものすごい迫力!
恐くて、とても、生ではみていられません・・・

・・・デジカメの液晶画面を通して見ます。

c0132422_23562636.jpg

キックやパンチが入るたびに、
観客が声を揃えて、「オウ!」と掛け声をかけます。
その度に、痛っ!と思う私。
 
「(観客)オウ!」   (私)痛っ!
「(観客)オウ!」   (私)痛っ!


「オウ! オウ! オーーーーー!」  痛い~~~~
c0132422_012453.jpg


この人がコーチでしょうか。
c0132422_064425.jpg

リングに片足上がってます(笑)

試合に勝つと、2万5千バーツの賞金がもらえるのだそうです。
なるほど~
きっとお金を掛けているお客さんもいるんでしょうね。
とにかく、すごい熱気です!

c0132422_091946.jpg


夜11時を過ぎても、
「オウ!オウ!」の掛け声が、我が家まで聞こえてきました。


ちなみにこの勝負は、赤の勝ちでした。
お疲れさま!
[PR]

by yunkao | 2008-12-06 18:39
2008年 12月 01日

夜空の笑顔

c0132422_22533555.jpg

さっき食堂に行ったら、外で夜空を見上げている人たちが・・・

「月が笑ってるんだよ」
と食堂のお兄さん。
c0132422_225432100.jpg

ほんとだ・・・
三日月と星が笑ってるみたい。

携帯やデジカメで写真を撮る人も。
c0132422_22591125.jpg


道行く人がナニ?ナニ?と、
つられて夜空を見上げる姿がおもしろい。


c0132422_22563733.jpg


みんなお月様の笑顔に、
思わずスマイル(笑)
[PR]

by yunkao | 2008-12-01 23:08 | かわいい出来事