みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

傘さして

c0132422_0232518.jpg

昨日、うちの辺りは朝と夕方に雨が降りました。


同じチェンマイ市内でも、
場所によって
どしゃ降りだったり、まったく降ってなかったり、
路地を入ると雨がやんだり(ホントの話!)、
局所的に降ることが多いです。


この時期、バイクで出かける時は、
行く方向の空模様を目で見て確かめます。
真っ暗だったら、行かない方が無難。


雨が止んで、
太陽が出ると暑いので、
雨傘はそのまま、日傘になります。
c0132422_024846.jpg

ね、お母さん。
[PR]

by yunkao | 2008-06-30 00:44 | きらきら☆歳時記
2008年 06月 29日

c0132422_23255114.jpg

先週日曜日に知り合いのSさんに頂いたお花。
何という名前か分かりませんが、とってもきれいです。
さっそくダンナの花器に活けました。



けっこう長持ちして、一週間たってもまだ咲いています。
c0132422_23272453.jpg

白い水差しにもよく似合ってます。
[PR]

by yunkao | 2008-06-29 00:25 | ダンナの陶器
2008年 06月 26日

アヒルご飯

c0132422_14285792.jpg
本日のお昼ご飯。
ダンナは「バジルとアヒルの炒め物と目玉焼きのせごはん、大盛り」
(カーオ・グラパオ・ペット・カイダーオ・ピセート)
しっかりした歯ごたえ+ちょっとクセのあるアヒルの肉には
ホーリーバジルの爽やかな香りと、唐辛子のピリピリがよく合います。
揚げた目玉焼きの黄身がとろっとしているのも、おいしい。
ボリュームがあって、男性向きの一品です。

チェンマイ大学の裏門にあるアヒルご飯のお店「ペット・ヤーン・ナムプン」。
もう、40年以上続いている老舗です。
c0132422_14304439.jpg
アヒル・ラーメンもあり。
アヒルのこの照りは、ハチミツ(ナムプン)なんですって。
お昼時には、チェンマイ大学の学生や先生達で賑わいます。

アヒル以外にも、豚や鶏もあります。
ほんのり苦い、ニガウリのスープも欠かせません!


私はいつも、「鶏肉の蒸し焼きごはん」を注文します。
(カーオ・ガイ・オップ)
c0132422_1429361.jpg
全く辛くなく、もし、もの足りなければ、
ライムとナンプラー、唐辛子やニンニクの入ったタレをつけます。
蒸し焼きにした鶏肉の足はと~っても柔らかく、
ほんのり甘じょっぱい、あっさりした味付け。
中までしっかり味がしみ込んでいます。


最近始めた新メニューだそうですが、
初めて食べた時、そのおいしさに我を忘れて、
黙々と食べてしまいました!

・・・だから、
本当はスプーンとフォークで食べるところを・・・・
c0132422_14301262.jpg

スプーンとスプーンで食べてしまったのです(笑)。

実はお店の人が間違えて持ってきたんですけど、
私も全く気付かず、半分食べ終わった辺りでやっと気がつき、
まあいいか~と、最後までスプーン&スプーンで食べきりました(汗)
いや~、それほど美味しいんですよ!




c0132422_1431293.jpg

機会があったら、食べてみてくださいね。


「ペット・ヤーン・ナムプン」
ステープ通り チェンマイ大学裏門、ドイカムの向かい側
営業 9:00~19:00、土日休み。
カーオ・グラパオ・ペット・カイダーオ・ピセート45B
カーオ・ガイ・オップ30B
[PR]

by yunkao | 2008-06-26 18:02 | ラムディ~!(おいしい)
2008年 06月 24日

火事だ!

c0132422_2333076.jpg

皆さん!!  大変!!
火事です!!!!
ウ~カンカン。





・・・というのはウソで、
日曜日の夕方の雲です。
c0132422_232582.jpg
無造作な電線がチェンマイっぽい?

c0132422_2322029.jpg
わ~、赤いなあ~
まるで山火事のようです。
ちょうど、夕暮れ時。
久しぶりにとってもいいお天気で、
夕日を受けた雲が、炎のように輝いているんです。
灰色の雲は、煙のよう。
びっくりして、しばらく立ち止まって眺めてしまいました。





c0132422_234129.jpg

ここは、大学生が集まる集合屋台です。
ちょうど、夕飯時。
皆、雲には気付かずに御飯を食べていました。
[PR]

by yunkao | 2008-06-24 03:27 | びっくり!小事件
2008年 06月 21日

ヤー・フェークで村おこし

c0132422_13551270.jpg
蛍がいそうな農業用水路。
ここはチェンマイの街から25kmほど離れた
メーリム郡キーレック区にあるサーン村です。

水路の土手に生えているのは「ヤー・フェーク(ベチベルソウ)」という草。
根っこが2m以上にも伸び、しっかりと地面を支えるので、
山岳部の土砂崩れ防止や河川の堤防の補強にと、
政府や王室のプロジェクトが、
タイ国内の農村部に植え付けることを勧めています。
知人にこの草のことを話したら、
「ああ、王様の草ね」と言ってました。
良く知られてるんですね。

これがヤー・フェークの根っこです。
こんなに長いんですよ~
c0132422_13571656.jpg

この細かい根の間にたくさんの微生物が繁殖するので
土壌を豊かにするし、河川の浄化作用もあるそうです。
コンクリートで固めるよりも低コストで、環境に優しいという訳です。


ヌン君(写真右)はフリーのコンピューター・エンジニア。
いつも我が家のパソコンの調子が悪くなると
彼にみてもらっています。
c0132422_1358575.jpg

そんな彼がある日、
「うちの村で、草からカバンや帽子を作ってるので、いつでも見に来てください」
と、誘ってくれました。
コンピューター・エンジニアという職業のイメージとは正反対の意外な話に
ちょっとびっくりです!

左は奥さんのノーイさん。
お手製のヤー・フェークの帽子が似合ってますね!
サーン村はノーイさんのご実家なんです。

「村人が協力して、生ゴミから有機肥料を作ってるんですよ」
と、案内してくれました。
c0132422_140179.jpg
生ゴミに微生物を混ぜて分解させます。
「ドロドロになった肥料は、水に薄めて畑にまきます。
臭いですけど、化学肥料はコストがかかるので農民の悩みの種なんです。
上手くいけば、農家は助かるし、消費者も安心ですよね!」とヌン君。

ノーイさんの実家は農業を全くしていませんが、
2人は仕事の傍ら、こんな風に、
持続可能な農村開発のお手伝いをしているのだそうです。


村では20人くらいの女性達が協力して、
ヤー・フェークの工芸品を作っています。
ノーイさんはそのリーダー。

ここが、村の中にある作業場です。
c0132422_14151160.jpg

木陰で女性達が工芸品作りをしていました。

「ヤー・フェークの葉の部分は、
よく乾かして屋根をふいたり、
ゴザや帽子、かばんを編んで売ると、村の収入になります。
豚小屋やトイレに敷けば、防臭効果もあるんです。
全く無駄がありません」ですって。

農業の合間に手が空いた女性が
しっかり乾燥させたヤーフェークを切りそろえ、まとめます。
c0132422_142229.jpg

刃物でしごいて、平べったく、そして柔らかくします。
c0132422_1431393.jpg


テープ状のヤー・フェークを編んだり、縫い合わせると……

帽子や
c0132422_1443124.jpg


花台、
c0132422_1452875.jpg


こんな、ジョルダーバックに!
c0132422_2132219.jpg

軽くて丈夫なのが魅力です☆

これは・・・・・・?
c0132422_1463117.jpg

                                             フフフ~

「工芸品作りはまだ始めて1年くらいで、
私達も試行錯誤を繰り返しながら少しずつ制作しています」
とノーイさん。
今は王室プロジェクトの物産展に出品するための商品を作っている所で、
残念ながら、街中では販売していないそうでした。

もっと沢山作っても売れるんじゃないですか?
と訪ねると、

「大儲けをしたい訳じゃなくて、
必要なものは自分たちでまかなえるようになるのが目標です。
国王がおっしゃる、
『ポーピヤン(足るを知る)』の精神なんです」
とヌン君は説明します。
「少しずつが、ちょうどいい」のだそうです。


あ!
作業場の隣に、かわいい東屋がありました。
c0132422_1474440.jpg

「この屋根は、昔、脱穀用に使われていた大きな籠に
ヤー・フェークを葺いたものなんですよ。
今は機械化されて、もう使わないけど、
何かに活かせないかと考えたんです」とヌン君。
c0132422_1485036.jpg
ほんとだ!
大きな籠が屋根の芯になっています。
これは素敵なアイデアだなあ! 

この他にも、
村の側を流れているピン川から農業用水を引くのに使う電気ポンプの変わりに、
「昔ながらの水車」を復活させる準備もしているそうです。

「水車を作れる人も年をとってしまい、
今やっておかないと、無くなってしまうんですよ。
肥料も、ヤーフェークの工芸品も、結果がでるのはずっと先。
成功してサーン村が他の村のお手本になったり、
観光客にサーン村の農業を見学に来てもらったりしたいですね」
と、ヌン君は夢を語ります。

すごいなあ。
コンピューターの知識もすごいけど、
こんなこともしてたんだと
驚いたり、感心したり。

「自然とか歴史とか、好きなんですよねえ」とヌン君。
ノーイさんも汗をかきながら、楽しそうに作業をしていました。
とっても素敵な2人です☆


では、物産展、楽しみにしてますよ~(バックが欲しい!)




ヌン君が制作したサーン村のHPはこちら。

(タイ語です)
[PR]

by yunkao | 2008-06-21 22:13 | ちょっと遠くへ
2008年 06月 19日

暗闇に光るもの・・・

夜です。
c0132422_128552.jpg

真っ暗。

この暗闇に・・・


光るものが・・・
c0132422_1224073.jpg

ピカッ☆
蛍の光です。


最近は、蛍の季節です。
夜になると、あちこちでピカピカと光る蛍。
すぐ近くに古い農業用水路があるので、そこから飛んでくるんでしょう。

蛍が低く飛ぶと雨、
高く飛ぶと晴れ、
といいますが・・・
明日は雨かな?



ほ~ ほ~ ほ~たる 来いっ♪

来た!
c0132422_123368.jpg

アパートが隙間だらけなので、
時々、部屋の中に紛れ込みます。


人差し指と比べると、こんなサイズ。
c0132422_124716.jpg


あっ! パタッ。
c0132422_1244518.jpg

へ~。
この、お腹の白いところが光るんですね。

ジタバタ、ジタバタ!
c0132422_1293191.jpg


逃げろ~
c0132422_1255482.jpg


ふふふ。
逃げても、すぐに分かります。
c0132422_1264327.jpg
光るから☆


夜中に停電になった時、
5匹くらいの蛍が、
家の前でピーカピーカと飛び交っていて
とてもきれいでした。
電灯が明々とついている時は、
蛍の光に気がつかないんですね・・・。

蛍の季節だねえ、って友達に話したら
「真っ暗な森の中で
無数の蛍が飛び交っているのを見たときは感動したよ~」
と彼女。
「一生のうちで一度でも、見られてよかったなぁ」だって。

ほ~。
よっぽど、きれいだったんでしょうね。

へ~。
きれいだろうなあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(←想像中)



そして。
c0132422_1272819.jpg
また、真っ暗。


この暗闇に・・・・・・・・・




光るものが・・・・・・

c0132422_1281789.jpg
私のめがねです(笑)


買ったときには気付きませんでしたが、
停電しても、めがねは光ってる!
・・・かけてないときは便利だけど、
かけてると、ちょっと恥ずかしいかなあ(笑)


でも、その姿を見てみたい。
と、またしょうもないことを思いついた私。

床にカメラを置き、
私も床に寝転がって、セルフタイマーで撮りました。
シャッタースピードが遅いのでじっとしていないといけません。


ハイ、チ~ズ☆

c0132422_12909.jpg


あれ?
めがね以外にも光る線が!

蛍の光です☆

たまたま、部屋に紛れこんだ蛍とツーショット♪
微妙に怖い写真ですけど・・・・・・(笑)

夕べは枕元に飛んできて、
ピカピカ光っていましたが、
寝つきの良い(のびた君並)私は、蛍がどうなったか知りません。
外に出られたかな?
[PR]

by yunkao | 2008-06-19 16:19 | きらきら☆歳時記
2008年 06月 14日

チェリーな虫

2人でご飯を食べに行く時は、
ダンナの運転するバイクの後に乗っています。
ブロロロロ・・・
上を見上げてパシャ。
のんきなもんです。
c0132422_14453223.jpg

6月7日の空。
この日、日本では飛行船が話題になりましたよね~
もちろん、チェンマイは飛んでません。

と、そこへ・・・
ブ~~ン

着地♪
c0132422_1446638.jpg

チェリーみたいな
きれいな色をした虫が、ダンナの肩に!
てんとう虫の仲間かな?
赤いシャツと色が似ています。

ピカピカして、きれい!
パシャッ☆

c0132422_14484628.jpg
結局、家までついてきて、
黄色い椅子にとまらせたら
あっという間に飛んでいきました。


赤い服がよかったのかな・・・まさかね。
[PR]

by yunkao | 2008-06-14 15:03 | かわいい出来事
2008年 06月 12日

ラジオ体操の思い出

c0132422_012430.jpg
1・2・3、はい☆
チェンマイ市内の小学校の放課後。
元気な掛け声に合わせて、子供たちが体操をしています。

一体、何の体操をしているのでしょうか・・・?




・・・・子供の体操といえば、
思い出すのはラジオ体操です。

日本では小学生の夏休みは、
朝のラジオ体操から1日が始まりますよね。
私も毎朝、近所の公園に行ってました。

近所のお寺のおじさんが体操の係りで、
体操が終わると、カードにスタンプを押してくれるんです。
がんばって通って、
スタンプをたくさん押してもらったなあ。

そのスタンプには、
トンボのかたちとか、カエルみたいなのとか、
いろいろな種類があり、
何を押してもらえるか、とても楽しみでした。

小さな木製のスタンプで、
形が潰れて、木なのか花なのかよく分からないのもあって、
子供心に、その潰れたのは押して欲しくない・・・なんて思ったり。

今になって思うと、
あのスタンプはおじさんの手作りだったのかもしれません。

ダンナに
「夏休みのラジオ体操の時に、はんこを押してもらった?」
と聞くと、
「ボールペンのキャップの裏で○を押してくれてたよ」
と言います。

やっぱり、あの妙に味のあったスタンプは
近所の子供たちのために、おじさんが作ったんだ!
そう思うと、なんだか嬉しくなりました。
おじさん、今も元気かな?
ありがとう。
おじさん。


それから、
おじさんにはラジオ体操の後で
「腕立て伏せの格好をして、片足をぐるぐる回す」方法も教えてもらいました。

それは、私が当時好きだったテレビ番組
「カンフー・チェン」の必殺技で、
正義の味方のカンフー・チェンが
その足をぐるぐるっていうのをすると、
悪者が次々と倒される、
とてもかっこいい技です。

おじさんに特別に教えてもらった私たちは、
それはもう、得意げに、小学校で披露していました(笑)。

・・・という話をダンナにしたら
「それはブレイクダンスだろ」
と言われ、
さらに、
「そんな足ぐるぐるじゃ、敵は倒せない」
と指摘されました。

ガーーン。
確かに。
足ぐるぐるじゃあ、ねえ。
やっつけられないよね・・・。

あれは技じゃなかったんだ~と、今ごろ気付いた次第です。
へなへな~




c0132422_0112692.jpg

あ、それで、
答えはエアロビクスです!

タイでは肥満児がけっこう増えているから
小学校でもエアロビ、なのでしょうか?


・・・小学生が体操をする姿を見て、
ちょっと子供の頃を思い出したのでした。
[PR]

by yunkao | 2008-06-12 01:57 | かわいい出来事
2008年 06月 09日

2色の花

c0132422_2155494.jpg
隣のお家のこのお花が満開です。

すーはー、すーはー
あ~、いい香り。
暗くなると、一段と匂いが強くなるようです。

夕方6時ごろ、
花に近づいて、すーはー。
花を直接匂うより、空気に漂っている香りのほうが、なぜかいい匂い。

すーはー、すーはー
すー・・・・・・あれ?
c0132422_217113.jpg
白い花も咲いてます!


木をよく見ましたが、ホラ。
同じ枝の花でした。
c0132422_2195340.jpg


ちょっと不思議な2色の花。
大家さんが通りかかったので
花の名前を聞きましたが、
大家さんも知りません。

近所の人に聞いてくれました。

「なんちゅう花か知っとる?」
c0132422_2111913.jpg

                        「知らんな」        「わしも知らん」

                        「あっ、ほんでもええ匂いするな~♪」
c0132422_21123846.jpg


という訳で、近所に聞きまわったところ
オカマの散髪屋さんが知っていました。
「これは、プット・ナムブットね~」 (トは発音しない感じで言います)
この辺には、あまりない花みたいです。


ちょっと分けてもらって、
さっそく家に飾りました。
一枝で2色の花が楽しめて、得した気分。
c0132422_21161072.jpg




そして、次の日。


c0132422_21452068.jpg
あれ、白い花が無くなってる!
確かに夕べ摘んできたのと同じ花です・・・
花の数も同じなのに、これは、一体・・・・・・


そうか~。
よくよく見ると、謎が解けました!

夕方、新しいつぼみが開いた時は白い花ですが、
一晩のうちに黄色く変化して、
もっと時間がたつと、オレンジ色になるんですね~。
すご~い! おもしろいなあ。


すーはー。

c0132422_2149527.jpg

それにしても、
この花、いい匂いです。
[PR]

by yunkao | 2008-06-09 22:30 | きらきら☆歳時記
2008年 06月 08日

ジャックフルーツ(カヌン)

c0132422_0174395.jpg
アパートのジャックフルーツが食べ頃になりました。

タイ語ではカヌンといいます。
サナップ・サヌン(援助する)という言葉の、サヌンとカヌンの音が似ていることから、
困った時に援助があるようにと、
家の裏に植えたりする、縁起の良い木です。
日本にも、こういう木があるのかな~?

「この木は6年くらい前に植えたんだけど、成長が早いね。
隣の家の木は、じいさんの代からのカヌンで、100年くらいたってるよ」
と、大家さん。
北タイではポピュラーな木のようです。

世界最大の果実といわれているだけあって、巨大!
これだけ大きな実を支えるので、
木質は堅く、楽器や家具に使われるそうです。
なんだか・・・子豚がなっているみたい(笑)
c0132422_031579.jpg

辺りには独特のあま~い匂いが漂っています。

アパートの屋根の上に張り出した枝にも実がなっていて、
もし落ちてきたら屋根が壊れてしまうので、
大家さんが実をとります。
c0132422_2301659.jpg


この実、中くらいの大きさですが、
計ってみると約10キロ!
これが落ちてきたら・・・大変です(汗)。
c0132422_034566.jpg


採った実は、しばらく置いて熟れるのを待ちます。
c0132422_0354026.jpg

「たたいてみたら分かるよ~」と大家さん。
手でポンポンとたたくと、
確かに、熟れた実は鈍い音でした!

ご近所で、ジャックフルーツを解体(?)中です。
c0132422_04912.jpg

こんな風に、繊維の中から実を取り出します。
c0132422_0494593.jpg
けっこう、大変な作業です。

次に、実の中にある種を取り出します。
この種も、煮て中身を食べるんです。
ほくほくしていて芋みたいですが、甘みはほとんどありません。
c0132422_0514086.jpg


これが、ジャックフルーツの食べられる部分。
きれいな黄色ですね!
c0132422_0411925.jpg

市場ではこのようにむかれたものが、袋に入れて売られています。

味はバナナの味をうんと濃くしたような・・・バナナ・ガムのような感じ?
新鮮な実は、しゃきっとした歯ごたえがあります。
表面はぬるりとしていて、
熟れすぎた実は、すこし発酵したような香りがあり、
それが嫌だという人もいます。


若い実は煮ておかずにするそうです。
c0132422_0423136.jpg

「タム・カヌン」という北部の料理もあります。
c0132422_0425956.jpg

煮て潰した実を豚肉などと炒めています。
果物っぽさは全くありません。
ジャックフルーツの中にも、
料理に向く種類と、熟した実を食べる種類とがあるそうです。


ジャックフルーツは、
ドリアンほどではありませんが、
独特の香りがあって、繊維も豊富なので、
いつも、3房も食べたら十分。
この時期、よく頂くのですが、
全部食べきれないことが多かったんです。

先日、大家さんに、この前作ったマンゴーのジャムをおすそ分けしたら、
代わりに凍らせたジャックフルーツを頂きました。
c0132422_1542356.jpg

これ、意外といけます!

ぬめりもなくなるし、匂いも全くありません。
バナナを凍らせたようにカチカチにはならなくて、
ゼリーを凍らせたような、くにっとした歯ごたえで美味しい!

そろそろ、終わりの季節ですが、
今年は冷凍ジャックフルーツをたくさん食べました~♪
[PR]

by yunkao | 2008-06-08 02:44 | 今日のおやつ