みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:私のお気に入り( 32 )


2011年 07月 27日

ボロ車図鑑

c0132422_0144653.jpg

けっこう車の多いチェンマイの街。
最近は新車が目立ちますが、
時々、とんでもないボロ車が混じっています。
好みのボロ車が走っていると、
バイクを止めて、つい写真を撮ってしまう私。

タイには日本のような厳密な車検がないので、
ボロ車でも、走れる間は堂々と街中を走っているんです。

新車もそうですが、
ボロ車も、たいがい「TOYOTA]や「HONDA」や「ISUZU」などの日本車です。
日本ではもうなかなか見かけない古い車種に、
「子供の頃に家で使っていた車だ!」
とか、
「初めて買った車だ・・・」
などと、懐かしく思う日本の方もいるかもしれませんね。

c0132422_0165056.jpg

これなんか、けっこう古そうです(笑)

つい追いかけて、待ち伏せして撮ってしまいました。
なかなかいい車だと思います。

この写真を撮った翌月・・・・


c0132422_0181786.jpg

市場の路地で、同じ車を発見!

よく見ると、ナンバープレートが、
紐でくくりつけてあります(苦笑)
c0132422_024599.jpg

なんともラッキーなことに、車の持ち主と会えました。

80歳近くになるご主人は
人生2台目のこの車を、
修理しながらずっと大切に乗ってきたのだそうです。
c0132422_0273319.jpg

マツダですね。

こんな風にボロ車の写真を撮ってはいますが、
実は、車の車種のことなどは全く分からないので、
残念ながら、私にはこの車がどのくらい古いのかは分かりません。


c0132422_0304858.jpg

                                          記念撮影☆
しかし、「ボロ車」には、
お金持ち層がセカンドカーで楽しむ
「お洒落なアンティークカー」とはひと味違う味わいがあります。

ボンネットの凹みや剥げかけた塗装に、
運転手と人生を共に歩んできた歴史が刻みこまれている、
そんな趣が魅力なんですよね~。

c0132422_0292217.jpg

「見た目はボロでも、中身はまだまだ現役だよ!」
と笑っていたおじさん。

この写真を撮ったのは1年半くらい前のこと。
最近、見かけないので、ちょっと心配ですが、
きっと街のどこかを元気に走っていることでしょう。
[PR]

by yunkao | 2011-07-27 01:21 | 私のお気に入り
2011年 07月 20日

ポーンノーイ寺の定期市

c0132422_23263977.jpg

毎週土曜日と月曜日の夕方、
近所のポーンノーイ寺の境内に定期市が立ちます。

c0132422_23265938.jpg

時間によっては夕飯の食材を求める人で、
こ~んなに賑わいます。

c0132422_23274971.jpg

野菜は一山10B。安さが魅力です。
今はスダチみたいなマナーオ(ライム)が安い!

c0132422_2328240.jpg

北部料理のスープに入れる地野菜のセット。
チークの葉っぱの器がいいですね。

c0132422_2328450.jpg

枝豆は大盛りのうえ、
いつもおまけでひとつかみ放りこんでくれます。

c0132422_2328522.jpg

一瞬、「冬瓜のスープが食べたい!」と思いましたが、
この大きさ、我が家では消費できません。

c0132422_23344010.jpg

最近は、豆腐や納豆、こんにゃく、カオプーントゥア(黄色い豆の豆腐)なども売っています。
メーサイの方からきた中国製品やミャンマーの日用雑貨も多いです。


c0132422_23343576.jpg

リリリリリリリリリリリリリリリリリッリリ
と、こちらはよく鳴きますが、食用です。

c0132422_23344233.jpg

服や下着、靴など、安い中国製の衣料品も売っています。
はい、先日紹介したおばちゃんサンダルもここですよ~(笑)
お値段、59B(前回、値段を間違えていました)!


c0132422_23343712.jpg

色使いが可愛らしい、素朴な村人手作り系雑貨もあります。
ぶらぶら冷やかすのも楽しい、ローカルな市場です。

c0132422_23581063.jpg

寺の前で今年最初のラムヤイ(龍眼)を買いました。
コリっと歯ごたえが良く、あま~い! 皆に食べさせてあげようっと♪


c0132422_23532240.jpg

沢山買い物したので、家に帰りま~す。
では、またねー
[PR]

by yunkao | 2011-07-20 00:21 | 私のお気に入り
2011年 07月 18日

おばちゃんサンダル

c0132422_2435461.jpg

                                         ※ うちではありません。
サンダルを買いました。

ずっと探していた「おばちゃんサンダル」です。

雨の多いこの季節。
我が家の流しとガスコンロは、
壁のない、半分外みたいなところにあるので、
大雨が降ると、あっという間に床に水溜まりができちゃいます。

雨の日には、
ペッタンコのビーチサンダルだと、
足が濡れて気持ちが悪いので、
底が高くて、つっかけやすい、そして安い、
立派なおばちゃんサンダルが欲しかったんです。

そして、ついに近くの市場で見つけました。

c0132422_2442467.jpg

                                         相撲が始まったのでサンダルは避難


靴底のシールがちょっと「チェルシー」みたいな模様で
チープなりのかわいらしさがあります。
左の猫のしっぽのような
コーヒースカッチ味色のサンダルと
どちらにするか悩みましたが、
足が黒焦げの私は薄い色が似合わないので、濃い色に決めました。



c0132422_2445067.jpg

                                     協力ありがとう
底が高いので、水たまりも平気だし、
バイクのエンジンをキックでかけるときも、
力が入りやすくてラク。
私の足があと2センチ長かったら、
いろいろ便利だっただろうなあ~


ちなみに気になるお値段は・・・・

いくらでしょう?
[PR]

by yunkao | 2011-07-18 03:26 | 私のお気に入り
2011年 06月 23日

ぶら下がっているもの

c0132422_326072.jpg

これ、なんだか分かりますか?
タイのお店や家の軒先に、
時々ぶら下がっているもの。

写真のは、
タイ料理の食堂の軒先にありました。


答えは、鳥の巣です。
ハタオリドリ(タイ語でノックグラチャープ・タマダーนกกระจาบธรรมดา)という野鳥の巣。
きれいなので、
飾りとして軒下にぶら下げるのが人気です。
写真のはちょっと黒くなっていますが・・・(笑)



先日、郊外にある知人の家に行ったら、
「今、鳥の巣がたくさんあるよ~」と教えてくれました。

どれどれ、どこにあるのかな・・・・

上を向くと、
c0132422_3282795.jpg

あっ、あそこかな!?

ズーム!

c0132422_3275761.jpg

プラ~ン、プラ~ン。
高いヤシの木に、たーくさんありました!
どれが巣か実か、分かりますか(笑)?

知人によれば、
入口が2つあるのが親の巣で、
ひとつなのは卵を産む巣だそうですよ。

この鳥はちょうど今頃の時期に巣を作るそうで、
メスはその巣の出来栄えを見て、つがいを選ぶんですって。

それで、
タイの昔の人は、
この時期にこの巣をとったら来世での結婚が難しい、
といったそうです。

それにしても、きれいに作り上げていますよね。
家に飾りたい気持ちはよく分かりますが、
小鳥が苦労して作った巣を、
途中で人間に奪われてしまったら気の毒ですよね・・・。

最近はこの野鳥の数が減っているので、
まだ鳥が暮らしている巣をとらないようにしましょう、
と呼びかけている人もいます。


c0132422_33146100.jpg

あっ!
鳥の姿が!
私のカメラでは、近寄るのはここまでが精いっぱい(涙)

鳥の姿をよく見たい方は、
チェンマイできれいな野鳥の写真を撮っているこの方の野鳥ブログをご覧くださいね。
[PR]

by yunkao | 2011-06-23 04:18 | 私のお気に入り
2011年 04月 22日

月夜に咲くサボテンの花

c0132422_0435358.jpg


この間の満月の夜に、サボテンの花が咲きました。

実はこのサボテン、
先月、初めて花を咲かせましたが、
たった半日でしぼんでしまい、
写真を撮るチャンスを逃していました。

今回は絶対写真を撮ろう、と毎日観察。

すると、夜に咲くではないですか。


前回咲いた時にツイッターでつぶやいたら、
植物に詳しい知人が「月下美人でしょう」と教えてくれました。
その時は朝に咲いたと思っていたし、
こんな丸っこいサボテンと月下美人とが結び付かなかったのですが、
月下美人もサボテンの仲間なんですね。
ということで、このサボテンも月下美人の仲間のようです。

c0132422_051675.jpg

月夜に咲くサボテンの花。
なかなかロマンチックです。

一夜しか咲かないそのはかなさが、
花の美しさを際立たせている気がします。
桜も一年中咲いていたら、
そんなにありがたくないですものね。

(でも、本当はすべてのいのちに限りがあるんですよね・・・)

c0132422_0533937.jpg

翌日は曇りで、
昼ごろまで咲いていました。

またいつか咲いてほしいな。
[PR]

by yunkao | 2011-04-22 01:09 | 私のお気に入り
2010年 12月 13日

Mさんのお土産

c0132422_0455313.jpg

ちょっと懐かしい、マーブルチョコレート。
日本から遊びに来たMさんのお土産です。

でも中身は・・・

c0132422_046177.jpg



漆のビーズです!

カラフルでなんだかおいしそうですが、食べられません。
独特の艶とやわらかさがありますね。



Mさんは香川県の漆職人で、大のチェンマイ好き。
ダンナが香川県で陶器の展示をしたのがきっかけで知り合いました。

何の連絡もなく、ある日突然、フラリと我が家に現れたので
最初は近所のオッサンかと思いました(笑)
(それにしてもよくたどりつけたもの・・・奇跡的です)



ほんの短い滞在でしたが
c0132422_0473440.jpg

チェンマイにある漆工房などを見学したり、
(実は香川の伝統的な漆の装飾技術のひとつは
ラーンナーの漆の装飾技術の影響を受けているという、
おもしろいつながりがあるのですが、それはまた別の機会に紹介しますね。)
c0132422_048987.jpg

香川に留学していた人が始めた、
たこ焼き屋台に行ったり(オーナーは変わっていましたが、苦笑)。
楽しかったです。

ダンナは、ものづくりをする先輩と、
いろいろなお話ができて良い刺激を受けたようでした。

Mさんはこの数ヶ月間、
瀬戸内国際芸術祭での
「漆の家」という展示に携わっていたそうです。
ちょうど帰国中に開催されていましたが、
「漆の家」のことは知らなくて、残念でした。
c0132422_0505082.jpg


芸術祭のTシャツを着ていたMさん。
島の風を運んでくれたような気がしました。


c0132422_051688.jpg

                                          食べたいな~
漆のビーズは携帯ストラップにして
「漆の家」で販売したら、大人気だったとか。
私も何か作ってみます。

瀬戸内国際芸術祭は終わってしまいましたが、
「漆の家」を含む展示の一部は、引き続き見学できるそうですよ。

私たちは小豆島と豊島の展示を見てきました。
ちょっと遅くなりましたが、続いてUPしますね。
[PR]

by yunkao | 2010-12-13 01:23 | 私のお気に入り
2010年 06月 11日

「プール」DVD

c0132422_2342551.jpg

チェンマイを舞台にした映画、「プール」。

劇場で観た方も多いと思いますが、
まだの方、DVDがありますよ☆

本編と特典映像の2枚セット。
本編を観た方も、
チェンマイらしい空気が漂う特典映像の方も面白いので、おすすめです!

主演の小林聡美さんや
もたいまさこさん、
加瀬亮さん、加奈さんのナチュラルなトークたっぷりの
ファンなら見逃せないお宝映像が盛りだくさん!

野球好きのユニークな加奈さん、
もたいさんとの対談がとっても面白いです。



それから、
撮影現場の楽しい雰囲気も伝わってきます。

撮影の時、
私は現地コーディネーターとして
美術さんのお手伝いをさせてもらいましたが、
どちらかというと撮影が始まる前の準備が忙しく、
いざ撮影がはじまると、
毎日のお昼の説明書きという、なんとも楽しいお仕事もありました(笑)

昼ゴハンの場面は
特に撮影現場の雰囲気をよく醸し出している気がします。
日本人、タイ人入り混じったスタッフの方たちがたくさん登場しますが、
誰がタイ人で誰が日本人か、わかるでしょうか。

私も、時々、通訳としてちらちら写っています。
(アイスクリームパンを食べるなど、笑)



そして、本編にはなんと、我が家の椅子が出演(?)。

c0132422_2343129.jpg

美術のスタッフの方が、
「こういう椅子が必要なんだけど」、
という椅子と同じものが、ちょうどうちにあったので、セットとして使われました。

一度は壊れて棄てられそうになっていたのを、
ダンナと直して、使っていた椅子です。
小林さんやもたいさんに座ってもらって、なんという幸せもの。
何がどう役に立つか、わかりませんね。

その他、ダンナの器がセットに入っていたりするので、
映画を観ると、つい椅子や器などに目がいってしまいます・・・。



京都を舞台にした次作「マザーウォーター」は、
10月公開だそうです。
監督は、「プール」の特典映像を作った松本佳奈さんです。

今からとっても楽しみですね!

More ☆
[PR]

by yunkao | 2010-06-11 01:09 | 私のお気に入り
2010年 03月 22日

愉快な売り子

c0132422_1911419.jpg

サワディーカー  (こんにちは)      サワッディーカップ  (こんにちは)






c0132422_1913254.jpg

今日も暑いですね~
こんな日は歌でも歌いましょうか?





c0132422_1914958.jpg

♪  ルルル~  俺たちは~    
♪  ルルル~  愉快な売り子~ 
♪  ドゥ~ワ~ 





c0132422_19258.jpg

♪  バラは~  バラは~  
♪  いかがです~? 
♪  ラララ~

もっと見る
[PR]

by yunkao | 2010-03-22 19:19 | 私のお気に入り
2010年 03月 07日

白鶴の花

c0132422_12471045.jpg
先月から家の前の白い花が満開です。


旅先で初めてこの花を見た時、
鳥のような形をした小さな花がとってもかわいくて、
思わず名前を聞きました。

c0132422_1249226.jpg

トーンパンチャン(ทองพันชั่ง)というそうです。
ハーブとしての効能もある、と教えてくれました。


それからチェンマイの植木屋さんで探しましたが、
なかなか見つかりませんでした。
どうやら観賞用としてはあまり植えないようです。

ちょうどお店の人が自分用に植えている苗があるから、
それが増えたら分けてくれると言ってくださり、
しばらくしてもらった苗は、
とっても力強く、
少々水遣りを忘れても枯れることがありません。

・・・私にぴったり。

だけど、花が咲いていない時は
ただの雑草にしかみえないので、
何度か親切な大家さんが切ってくれそうになりました(苦笑)




ネットで調べると、
中国でも漢方薬として栽培されているようです。
なになに、「喉や肺を潤し、痒み止めの効果がある」、へ~。
「白鶴霊芝」というそうです。
やっぱり白い鶴に見えるんですね。
c0132422_12475038.jpg



タイでも
トーンパンチャンのハーブティーが売られています。
解熱と血圧を下げる効能があるそうです。


c0132422_1248392.jpg


くんくん、は~。

香りはカモミールティーのようで、実に爽やか。
リラックス効果はあると思います。

タイのハーブは口が曲がるかと思うほど苦いものがありますが、
これはほとんどクセがなく、
かすかに甘茶蔓茶のような甘みも感じられて、おいしい!



雨季に入って葉っぱが青々と茂ったら、
切って干してみようと思います。
これで大家さんも安心かな?
[PR]

by yunkao | 2010-03-07 13:05 | 私のお気に入り
2010年 02月 06日

おじいさんのひょうたん

c0132422_2111980.jpg



市場にお土産を買いにいったら
見慣れぬおじいさんが座っていました。


c0132422_21114215.jpg

おじいさんは、
はるばる隣の県からバスに乗って出てきたといいます。
地面にひょうたんを並べていました。


私はひょうたんの形が好きなので
思わず足を止めてしまいました。
ひょうたんの形って、
力がぬけるようなやわらかさとおかしさがありますよね。


c0132422_21125756.jpg

ひょうたんにはおじいさん直筆の
手書きのマジックの字で呪文が書き込まれています。

タイでは、よく家の前や中に
このひょうたんのお守りを吊るしています。
お金が入るようにという意味や
災いを防ぐとか、
火災予防などの意味があるそうです。

これは、おじいさん手製の琴。
c0132422_21132139.jpg

本体にやはりおじいさん直筆の呪文が書かれているので
なんと、音を鳴らすだけでご利益があるそうです。
「あんた、買う?」
と聞かれましたが・・・
上手く活用できる自信はありません。


ひょうたんの方は、ちょうど帰国前だったので、
日本の友達へのよい「いやげもの」になるだろう(ニヤリ)
と、3つ買いました。
おじいさんのバス代の足しにもなったかな。


なぜか、無料の占いもついていました。
年齢を言うとおじいさんはノートのようなものをぺらぺらとめくり、
「天使のご加護があるじゃろう」といいました。
歳しか言ってないのに、分かるのか? 
おじいさん、皆にそう言っているんじゃないの?


ところが、日本から帰ってきて気がついたのですが(ガーーン)
ひょうたんを持って帰るのを忘れていました(涙)
おじいさんの占いをバカにしたから、ばちが当たったのでしょうか・・・


3つのひょうたんは、
しばらく家でごろごろ転がっていました。
時々、ひょうたんを持ち上げてみるとさらさらと音がします。
どうしても中のものが見てみたくなって(笑)
1つ、開けてしまいました、
ごめんなさい、おじいさん。

中から、金貨ではなく、こんな種がざっくざく。
c0132422_21134879.jpg

仕方がないので、植木鉢に植えました。
上手く育つでしょうか。

お守りを壊しちゃったけど、
バチはあてないでね、おじいさん。
[PR]

by yunkao | 2010-02-06 21:42 | 私のお気に入り