カテゴリ:私のお気に入り( 32 )


2016年 08月 28日

朝のウォーキング

c0132422_23414347.jpg
今朝のチェンマイ。
毎週、土曜日の朝は、
メーヒア地区の
チェンマイ大学農学部の試験場内で開かれている
安全野菜市に買い物にでかけます。

この市場では、
無農薬や減農薬の安全な野菜が
安い値段で販売されていて、
いつも両手にいっぱいの買い物をしてしまう私ですが、
今日は少し控えました。
c0132422_23450403.jpg
なぜなら、
ドーイカム寺から市場までの道を
ウォーキングしている友達にくっついて
歩いてみることになったからです。

この辺りはドーイステープのすそ野の森林保護区になっています。
いつもはバイクで何気なく通り過ぎていますが、
早朝、木々が生い茂る中、
のんびり歩くのは本当に気持ち良かったです。
c0132422_23490379.jpg
広い農業試験場もぐるっとまわります。
トウモロコシが沢山なっていました。

c0132422_00012142.jpg
道端には様々な食べられる野草が勝手に生えています。
これはタコブという甘い木の実。
1つ2つ摘んで食べました。

c0132422_00033403.jpg
いい匂いの花が落ちていたり・・・。

雨季は日差しも柔らかく、
大雨でさえなければ、
散歩にぴったりの気候だと思います。
タイでは雲がない晴天(暑い)より
曇っていて日差しが少ない日(涼しい)を
「良いお天気」といいます。


c0132422_23495092.jpg
ようやく市場に到着。
すでに大勢の買い物客で賑わっていました。
私のお目当ては、
豆腐とバナナ、ライム、オクラ、旬の地野菜や果物、
魚、もち米、コーヒー。
バナナ1房はけっこう重いのでやめておきました。
c0132422_23513453.jpg
こちらは農学部の学生によるお店。
なかなかの盛況ぶり。
生みたての新鮮な卵がありました。

c0132422_23544992.jpg
ここで朝ご飯タイム(ヤッター!)。

まず、スターフルーツのジュースを一気飲みして、

揚げた魚やゆで卵、
魚肉の唐辛子ペースト(ナムプリック・プラー)
そして、紫米のもち米。

素朴なメニューですが、
ほどよくお腹もすいていて、
最高においしい!

腹ごしらえができると、
再び歩きます。
今日は1万歩を越えました。

たくさん笑いながら歩いた、
気持の良い朝でした。









[PR]

by yunkao | 2016-08-28 00:23 | 私のお気に入り
2014年 02月 27日

サボテン・コレクション その5

c0132422_16543024.jpg

サボっている間に、
うちのサボテンはどんどん育っていました。

c0132422_165540100.jpg

これなんか、見事な感じ。

c0132422_16552275.jpg

最近は「多肉女子」っていう言葉もあるそうですね。

c0132422_16545391.jpg

もりもりと・・・増殖中です。







[PR]

by yunkao | 2014-02-27 17:05 | 私のお気に入り
2012年 06月 10日

ネムの木に降る雨

c0132422_13321433.jpg

                                        ต้นฉําฉาที่ยิมคานา

ネムの木は特別大きな木ですが、
「ジムカーナーゴルフクラブ」に生えているこの木は、
チェンマイで最も大きなネムの木だと思います。

木の根元に立って見上げると、
自分の小ささを思い知らされます。
 

ピン川沿いに「ジムカーナーゴルフクラブ」が出来たのは1898年、
今から113年も前のことです。

それ以前にもここには
ボンニューやボンベイといったイギリス木材会社の従業員らが集った、
乗馬やテニスクラブ、射撃場などがあり、
この木は、その頃に植えられたといわれています。

グリーンピースによって「保護樹」に選ばれ、
ゴルフ場としても、この偉大な木をいつまでも守っていくつもりだそうです。



チェンマイは雨期に入りました。


先日、
ジムカーナーゴルフクラブのレストランで遅いお昼を食べていたら、
雨が降ってきました。

ネムの木の大木に雨が降り注ぐのを眺めていたら、
・・・・眠くなりました。









[PR]

by yunkao | 2012-06-10 13:43 | 私のお気に入り
2012年 02月 27日

かわいい猫

c0132422_024581.jpg

知り合いの方が、
かわいい猫を見せてくれました。

ハンドン市場のおもちゃ屋で、
何年も店頭に並んでいたらしく、
若干、薄汚れていますが、
チェンマイ風の味がありますね。

お店の人が
「え、これを買うの!?」
と、驚いたそうですが・・・(笑)

口元の歪みと、
つぶらな瞳(ブルー)とピンクの鼻、
それから、耳がぺろぺろで非常にちゃちくて
かわいいです。

c0132422_03892.jpg

その他の特徴としては、
おなかのスイッチを入れると、
前後に動いて、「ミャー」となくらしい。

その様子が、
たいそうかわいらしかったのだそうですが、
3分で壊れたそうです(苦笑)

そして、もうひとつの特徴としては、
このように、目が光ります。

c0132422_033282.jpg

ピカーーー
ちょっと怖い・・・(笑)




[PR]

by yunkao | 2012-02-27 00:40 | 私のお気に入り
2011年 12月 09日

NAP2011でお買い物

c0132422_02973.jpg

12月恒例のNAPが始まりました。

チェンマイで一番おしゃれな通りニマーンヘーミンのソイ1が、
12月12日まで歩行者天国となり、
手作り感あふれるブースが並び、素敵な雑貨や作品が展示・販売されます。

c0132422_0312562.jpg

まずは腹ごしらえ!
という人は、
入口付近の昔懐かし風屋台で北タイ・スナックも食べられるし、
あったかいスープパンや手作りアイスクリームもあります。

c0132422_0343915.jpg

今年は初参加というお店がけっこうあります。
ここは、カラフルなバックやマスコットを売るお店。
おしゃれなお客さん、青いバックがお似合いですよ~。

c0132422_0361351.jpg

手帳のカバーを探していたら、ぴったりサイズのがありました。
皮製ですが、セール品で250B(600円くらい)。安いですよね?
しおりの先についた鈴もかわいくて、大満足。

c0132422_039525.jpg

こちらはリサイクル素材で作った雑貨のお店。
ポップな色遣いがニクイです。

c0132422_0414238.jpg

かわいい彼女はデザイナーさんの一人です。
このイベントの醍醐味は、
デザイナーやアーティストと直接会って話せること。
彼女作の、ポリタンクを利用したスピーカーは
i-podがそのままつなげられて便利ですよ~


c0132422_0441046.jpg

こちらは木工作家のチャート君の作品。
去年までとうって変わって、作風がポップになっています。
何か、心境の変化があったのでしょうか(笑)
でも変化することはいいことだなと思います。

c0132422_0453046.jpg

チャート君です。
すぐ近所に住んでいるのですが、
普段、意外と会う機会がなく、
毎年、ここでお互いの近況を報告したりします。

c0132422_0472323.jpg

こちらは若手陶芸作家さんのブース。
作家さんが学生だった頃から知っている人なので、
毎年、作品をみるのを楽しみにしています。

c0132422_0485464.jpg

彼が作家のチさんです。
まだ20代ですが、丁寧な仕事をしています。
手に持っている灰釉の鉢を買いました。
薄手で軽く、色と形のバランスもいいので、普段の食卓で活躍しそうです。

c0132422_051217.jpg

そして、今回、特に気に入ったのは
「walk on the wild side」のブース。
草木染めで雰囲気のあるTシャツやスカーフを作っています。
普段はイサーンの実家で制作していて、ネット販売のみ。
チェンマイで本物を見られる、またとない機会です。

c0132422_053599.jpg黒檀染(左)、藍染(右)
c0132422_1331877.jpg



c0132422_054017.jpg

作っているのは、ナラー(左)さんとサシー(右)さん。
かわいらしいカップルです。

「チェンマイ大を卒業して、バンコクで働きましたが、
実家で祖母が織りや染めをしていたので、
実家に戻り、昔から故郷に伝わる知恵を生かして、
自分達の好きなTシャツを作っています。
Tシャツなら、若者も着られるし、
今と昔をミックスさせられますよね」
という、ナラーさん(ちょっと寛平ちゃん似?)。

ダンナは、ナラーさんが着ているのと同じ模様のTシャツを1枚買いました。
この写真では見えにくいですが、アリクイの絵がユーモラス。
藍と黒檀とで2回染めて出された独特の色あいが、
まるで物語を想像させるような、豊かな表情をもっています。

自然の中で、手を使った仕事をして暮らすお2人の充実感が
Tシャツの色に溶け込んでいるような気がします。



c0132422_102672.jpg

作家にとって、買ってもらうことが一番のはげみになることを、
私たち自身も日ごろから実感しているので、
気に入った作家さんのものを買いました。
Tシャツ屋さんの紙袋はかわいいからとっておこう~♪








[PR]

by yunkao | 2011-12-09 01:57 | 私のお気に入り
2011年 12月 06日

ラオスから来た売り子さん

c0132422_232956.jpg

チェンマイで年に一度開かれる、ギフトフェアが開催中です。

北タイをはじめ、タイ全国から工芸品を中心としたお店が集まるので、
クリスマスや年末年始のプレゼントを探すのにぴったり。
値段も特別に安くしているところがほとんどです。
布や竹細工、銀細工、木工品、陶器、民族衣装、アクセサリー・・・・
どれも素敵で、目移りします。

そんな中、毎年、楽しみにしているブースがあります。

それは・・・
お隣の国、ラオスの首都ビエンチャンから来ている
織物屋さんです。



チェンマイでは、
学生や公務員の人は毎週金曜日に民族衣装を着ますが、
一般的には、仏教行事でお寺に行く時や伝統的な結婚式などでしか
民族衣装を着る機会はありません。

でも、ラオスでは、
女性は日常的に民族衣装を身につけています。
パーシンという腰布は手織りのものが多く、繊細で美しいです。
その柄も色もさまざま。

だから、ビエンチャンにいったら
タラートサオという大きな市場に行って、
布を見るのが楽しみのひとつでした。

ビエンチャンにはなかなか行かれませんが、
この織物屋のブースにいると、
まるでタラートサオにいるみたいな、
幸せな錯覚がおきるんですよね・・・。


最近は日本からのオーダーが多いらしく、
その要望に応えるために、
廃れていた草木染めがまた増えてきているようです。

柔らかな色合い。
複雑で緻密な織模様。
は~、なんてきれいなんだろう!
自然とテンションが上がります(笑)
c0132422_2321262.jpg

しかし、このお店の人は、
客よりさらにテンションが高く、
そして、まれに見る笑い上戸です。

かなり手強い値切り交渉にも、笑って対応。
c0132422_23215326.jpg

              半額にしてよ                           ははは、冗談じゃない

笑っていますが、あまりにもひどい値切りには、
「これは人の手で作っているんですから」ときっぱり。

でも、たいていは、かなり良心的なお値段です。

c0132422_23221762.jpg

「スカーフの小は150Bを100B(300円きる)、
大は200Bでいいわよ。シルクですよ、本物の」
と彼女。

「小」や「大」は、日本語で言っているんです。
実は、日本には工芸フェアーで何度も行っていて
その時に覚えたんですって。

「日本では2000円もするのよ!」
と言う時の2000円も日本語です。
笑い声と一緒に動画でどうぞ。






フェアは12月12日まで、北部産業振興センターで開催中。
このラオスのブースを探してみてくださいね(笑)
[PR]

by yunkao | 2011-12-06 00:28 | 私のお気に入り
2011年 12月 04日

つるのおんがえし

c0132422_1057533.jpg
幼稚園の年長さんに絵本の読み聞かせをしてほしい
とお願いされ、
「つるのおんがえし」を読んであげました。

文はまつたにみよこさん、絵はいわさきちひろさんです。
日本に帰った時に古本屋でゲットしました。
いわさきちひろさんの絵は、
タイでも人気があります。

ちょっと切ないお話だけど、
美しい絵を味わってもらいたいな、
あと、タイは寒い冬がないから、
日本の冬の景色を伝えるのに、いいかもしれない。

タイ人の読み聞かせを聞くと、
タイ語の独特のリズムと抑揚を活かしていて、とっても楽しいんです。

c0132422_10582692.jpg


私のタイ語では、とてもそんな風にはできないので、
つるの鳴き声を入れたり、
機織りの真似をしたり……、
お話からかなり脱線します(読み聞かせじゃないですね、苦笑)

c0132422_110463.jpg


とかしていると、
いよいよお話のクライマックスがきました。
c0132422_10592181.jpg

機織りをする姿をのぞいてはいけない、
という、むすめとの約束を破って
おばあさんが、そっとのぞこうとします。
「やめろ、ばあさま!」
と、止めるおじいさん。


ここで、子供たちに聞きました。

私     「約束、覚えてるかな? 
       織ってるところ、見てもいいのかな?
       それとも見ないでおく?」

子供たち 「見てもいい! 見てもいい!」
       「見るー! 見るー!」 

のぞいた部屋では、
つるが一羽、
自分の羽を抜きながら、機を織っていました。

機場の戸が静かに開いて、
やせ細ったむすめが出てきて言いました。

「じいさま、ばあさま、わたくしは、ゆきの日に
たすけてもろうた つるです。
すがたを みられては、もう おそばに いられません。
おわかれします」

むすめはそういうと、
みるまにつるの姿になって、
こうと一声鳴いて、夕焼けの空に舞い立っていきました。


子供たち  シーーーーン


タイの絵本にはない、なんとも切ない後味です。
子供たちの中には、泣き出しそうな顔の子も・・・。
こんな空気にしてしまって、いいのだろうか・・・(汗)

でも、約束の厳しさや、
誰にでもいつか必ずやってくるお別れの日のこと、
そんなことを、このお話は教えてくれます。

子供向けの絵本は、ハッピーエンドが多いのですが、
こういう悲しいお話の方が、心に残るものかもしれません。

子供たちがこのお話のことを覚えておいてくれたらいいな。








[PR]

by yunkao | 2011-12-04 02:59 | 私のお気に入り
2011年 09月 08日

おじいさんの油、おばあさんの油

c0132422_1493393.jpg

こちらが「おじいさんの油・左」と「おばあさんの油・右」です。
頭痛や筋肉痛、虫さされ、目まい、気つけ薬として、
塗ったり、嗅いだりするお薬です。
どちらもメンソールが入っていて、
すーっとした感覚と共に痛みを和らげ、呼吸を楽にしてくれます。
薬局で20バーツくらいで売られています。

私は頭痛がする時に、ちょっとこめかみに塗ったりします。
特にタイがもっとも暑い4月には、よくお世話になります。



c0132422_15035.jpg

「おばあさんの油」。
瓶が5センチと小さくて可愛いんですよ。
本当は「ナンマン・ドークマイ・カーオ(白花油)」という、きれいな名前があります。
私と同じ片頭痛仲間が
「これ、うちのおばあさんが、手のひらにどばっと出して、
額にパシャパシャかけてたんだよ」と紹介してくれたので、
勝手に「おばあさんの油」と呼んでいるだけなんです。

パシャパシャかけると、ものすごい刺激で大変だと思いますが、
(ちょっとでもかなりの刺激があります)さすが、おばあさんです。
そんな使い方をしていたら、小瓶では数回で中身がなくなっちゃいますが、
大瓶も販売されているのでご心配なく。

メイド・イン香港で、「ペフアイイウ」って書いてあります。

成分表を見ると、
消炎鎮痛剤などに用いられるサリチル酸メチル、樟脳、殺菌作用の強いユーカリオイルなど。
そして、ラベンダーオイル。
気持ちを落ち着かせるフローラルな香りが含まれていて、
白いお花のイメージにぴったりですね。




c0132422_1504166.jpg

そして、「おじいさんの油」も、やはりちゃんと「Siang Purre Oil」という名前があります。
成分は「おばあさんの油」と似ていますが、
こちらはスパイシーなシナモンやクローブが入っているので、
活力が出て元気にしてくれそう。
「じいちゃんは今日もがんばるんじゃ!」
c0132422_151117.jpg

パッケージの「おじいさん」の写真が目印。
立派なお髭が、いかにも効きそうな感じですよね。
メイドイン・タイランドと書いてありますが、
きっと写真の中国系の方が伝えたものなのでしょう。



どちらも薬なので、決しておしゃれな香りではありませんが、
痛みやかゆみを抑えてくれる、
おじいさんやおばあさんの言葉のような
ありがたい油なのです。
[PR]

by yunkao | 2011-09-08 02:33 | 私のお気に入り
2011年 08月 26日

ビンの中身は?

c0132422_0525266.jpg

サンパーコーイ市場のお参りグッズ売り場です。
お線香の籠の中に、へんなものを見つけました。

c0132422_053738.jpg

コーラのビンに、色とりどりの何かが詰まっていますが、
一体、なんでしょうか?

中身を取り出してみましょう。


c0132422_0532174.jpg

これは・・・

よく見ると・・・魚ですね。

荷物を縛るテープを細く切って作ってあります。
葉っぱでできた魚は時々見かけますが、テープ製は初めて。
テープだから、カラフルで変色せず、丈夫ですね。

それにしても、なぜお参りグッズ売り場に、これがあるんでしょう。
千羽鶴のようなものでしょうか。


c0132422_0533579.jpg

「大きいのもあるでよ」と、おばあさん。

じゃあ、ビン詰めをひとつと、大きいのを3匹ください・・・・・


c0132422_0535895.jpg

並べてみると、ちょっとかわいいかも。
[PR]

by yunkao | 2011-08-26 01:24 | 私のお気に入り
2011年 08月 09日

話が上手になるお守り

c0132422_164839.jpg

昨日、こんなお守りをもらいました。
「ノック・サリカー」という、鳥の形をしたお守りです。
サリカーという名前の鳥は、とても鳴き声がよいそうで、
このお守りをつけていると、上手く話すことができ、
人も喜んで話を聞いてくれるのだそうです。

今日は、チェンマイに留学に来たばかりの学生さんたちに
「チェンマイの歩き方」についてお話をするようにお願いされていたので、
さっそく、このお守りをつけてみました。

やはり、お守りをつけていても
話下手なのは改善されませんでしたが、
私も学生さんと一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

女子大生にもこのお守り、
「かわいい」と人気で、
ささやかな話題作りになってよかったです。

c0132422_17114.jpg

                                            ナニソレ~? 
ピリューくんも興味津々?

c0132422_172435.jpg

                                       ペロッ! オイシイノ?


このトリは食べられないんだよ・・・
[PR]

by yunkao | 2011-08-09 01:28 | 私のお気に入り