カテゴリ:路地裏散策( 10 )


2013年 10月 23日

ソンペット市場と路地裏の風景②

c0132422_214930100.jpg

ソンペット市場。
お堀側のムーンムアン通りからみえる
黄色い建物が目印です。

c0132422_2154962.jpg

クウェティアオ(米粉の麺)屋や新聞屋、時計屋などが
昔ながらに営業しています。

c0132422_21563491.jpg

市場の中は広々しています。
このような木造の市場は
市内では、ここだけしか残っていないそうです。

毎週日曜日の朝になると、
市場の一角で、北タイ料理やお菓子、工芸品などを売る屋台が集まると聞き、
出かけてみましたが、
小さな屋台が2、3軒しかでていなくて、ちょっと寂しい感じ。

来ていたお客さんに
「いつも来ているんですか?」と話しかけたら、
その方がソンペット市場のオーナーさんでした。
c0132422_2222154.jpg

オーナーのチャリダー・ナパーラックさんです。

「日曜日の朝市の試みは、去年の12月から始まりました。
ソンペット市場周辺は観光客も多い場所なので、
外国の人にもぜひこの市場で
おいしい北部料理を食べてほしいと思っています。

始めた頃は、屋台もお客さんも多かったんですが、
ローシーズンの今は、見ての通り、少ないですね。
でも、ハイシーズン(11月頃から)になったら、屋台も増えると思います。

市場を売ってしまうことは簡単ですが、
この建物は50年くらい前からあり、
売り子も客も、皆さんお互いに古い付き合いです。
できる限り保存していきたいと思っています」

ソンペット市場のローカルな雰囲気は、
このエリアに滞在する観光客にとっても、大きな魅力でしょう・・・。
c0132422_2228227.jpg

ソイ6の路地を行きかう人の流れ

c0132422_22454191.jpg

市場にいるスマイル犬。

c0132422_22461389.jpg

しゃがんで写真を撮っていたら、上から赤ちゃんが、ばあ~





・・・・・そんな変わらないソンペット市場と、変わりゆく周辺の露地裏の風景を
スライドショーにまとめましたので、ぜひご覧ください。










[PR]

by yunkao | 2013-10-23 23:00 | 路地裏散策
2013年 10月 23日

ソンペット市場と路地裏の風景①

c0132422_1394954.jpg

旧市街の北東にあるソンペット市場。
市場近辺の路地にはたくさんの安いゲストハウスがあり、
バックパッカーの多いエリアです。
朝夕は、旅行者と地元の人が入り混じり、なかなか活気があります。

最近、このエリアにおしゃれなホテルが増えてきて、
それに伴い、カフェや小さなギャラリーなどが次々とオープンしています。

市場のすぐ横の路地、
ムーンムアン通り・ソイ6には、
マッサージ屋やツアー会社に混ざって
個性的な小さな雑貨店やパン屋さんなどがあるので、
気候のいい日は歩いて回ると楽しいです。

アートな感覚のアクセサリーやナチュラルで着心地のいい洋服が
楽しくディスプレイされていて、
見るとどれも欲しくなって困りますが。
c0132422_1326523.jpg

MaYom room
c0132422_13442065.jpg

MaYom roomで扱われているチェンマイの新しいブランド「nuu」の服。
ヨーロッパリネンが使われていて、さらりと心地よい肌触り。
c0132422_1327793.jpg

rendee design(ラテ・カップはダンナ作を使ってもらっています)
c0132422_13481817.jpg

rendee designのオリジナル雑貨。
ホーローの容器に猫とコムロイの絵が彫られています。
c0132422_13574725.jpg

旅する洋服屋さんの「nanairo」の帽子。
端切れを利用した一点ものです。
c0132422_1459401.jpg

Rainbow Waterの天然石ペンダント。
下のタンクトップは藍染です。


道端のおいしい食べ物も、いろいろあります。
ダ・ホームベーカリーと無人ベーカリー。
c0132422_13594198.jpg

「La-Mer」ホテルの焼き立てパン。
ほかにも、おいしい揚げバナナやフルーツシェイク、
夜のバーベキュー、モヒートなどなど。

ソイ6以外にも、
有名なお洒落雑貨とカフェ・レストランの店「ジンジャー」があるソイ7には、
「Arte House」という、
ゲストハウス&カフェ・ギャラリーが新しくできています。
c0132422_149085.jpg
c0132422_14185540.jpg


他におすすめは、お堀の角を曲がった最初の露地入り口にある「Charca House」。
c0132422_14123612.jpg


ここは9年前からあるホテル&カフェレストランです。
もともとはここで北タイのお惣菜を売っていたそうですが、
建築家の娘さん夫婦の代になり、
木造の家屋を改装してカフェにしたのだそうです。

タイの古民家の外観と、洋風な内装との違いに驚きますが、
実際に入ってみると違和感がなく、
古い建物の醸し出す、ゆったりした雰囲気が味わえます。
c0132422_1413117.jpg


オーナーさんの話では、
安宿しかなかった10~20年前に比べ、
ここ5年くらいで、ラーンナー風のホテルや外観に気を配るゲストハウスが増え、
路地の雰囲気が少しずつよい方に変わってきているそうです。
オーナーさんは地域の人から相談を受けると、
無料で塀や門などのデザインをして、
一緒に路地の景観作りに取り組んでいるのだと話してくれました。
c0132422_14313728.jpg


つづく・・・・














.
[PR]

by yunkao | 2013-10-23 15:35 | 路地裏散策
2009年 07月 27日

モスクのある路地

c0132422_12285631.jpg

先週、偶然通りかかったモスクのある路地。
お祭りをしていたので、ちょっと立ち寄ってみました。



c0132422_12291370.jpg

歩いたことのない路地です。
子供達の声が聞こえてきます。



c0132422_12293110.jpg

お祭りと関係なく、いつもどおり遊ぶ子供達。
タイは95パーセントが仏教徒だといわれますが、
チェンマイをはじめとする北タイには、
中国系イスラム教徒の人が多く住む地域があります。
(まだ激しい抗争が続く深南部は、ムスリムの人口が80パーセントを占めています)



c0132422_12294886.jpg

モスクの中では、料理やお菓子が売られていました。
甘いものに目がない私・・・
女の子が手を伸ばしているお菓子を買ってみました。



c0132422_12301125.jpg

それが、このトレーに入ったお菓子。
ういろのようなタイプと、もち米のままのタイプと2種類あり、
ココナッツミルクが入った、やさしい味でした。



c0132422_12302832.jpg

帽子を選ぶ男の子。
あれこれ、とっかえひっかえ被っていました。



c0132422_12304546.jpg

衣料品の出店では
ムスリムの帽子やスカーフ、サロンやドレスが売られています。
刺繍がきれいですね。



c0132422_1231252.jpg

衣料品店の美人の奥さんは、パキスタン人。
チェンラーイ県出身のご主人と結婚して、タイに移住し、もう20年だそうです。
お祭りに合わせてチェンラーイから親戚に会いがてら、駆けつけたんですって。
一緒に写真を撮りましょう、と言ってくれたのですが、
ご主人、なかなか上手く撮れず・・・(笑)



c0132422_12311826.jpg

写真が撮れるのを待っていると、
目の前で、おばあさんが熱心にお孫さんのスカーフを選んでいました。
この、ピンク色に決まったようです。
とっても、かわいいですね。


ほんのひと時でしたが、
知らない街を旅しているような気分でした。
[PR]

by yunkao | 2009-07-27 13:44 | 路地裏散策
2009年 04月 02日

暑い日のミシン屋台

c0132422_931612.jpg

あつ~い、昼下がり。
ミシン屋台の犬くん、
今日は挨拶はありません。
すやすや・・・
扇風機の風が、気持ち良さそう~

お目覚めかと思ったら・・・

c0132422_933351.jpg


                                 ふや~~

こんなに暑い日は、人間も休みたいです。
[PR]

by yunkao | 2009-04-02 09:13 | 路地裏散策
2009年 03月 19日

青い扉

c0132422_1424696.jpg

青い扉と・・・・おしり





c0132422_1432438.jpg

青い扉と・・・・あたま
[PR]

by yunkao | 2009-03-19 01:47 | 路地裏散策
2009年 03月 07日

ネコのいるミシン屋台

c0132422_1014688.jpg


こちらの衣料修繕屋さんには、
ネコがいますね~

年季の入ったミシン台に、どっかり寝ころんでいます。

c0132422_1021179.jpg

                                なに~?

おっと、寝ているところ、お邪魔してごめんなさい。


c0132422_1023146.jpg

                                ふは~~  
    

チェンマイは本日も平和です。  
[PR]

by yunkao | 2009-03-07 10:10 | 路地裏散策
2009年 03月 06日

犬のいるミシン屋台

c0132422_1153786.jpg

ミシンの屋台があります。
ズボンのすそ上げなどを頼めます。
犬はお手伝いできません。
[PR]

by yunkao | 2009-03-06 01:13 | 路地裏散策
2009年 01月 13日

日向ぼっこ

c0132422_1311677.jpg

ポカポカ~

早朝冷え込んで、
やっと日差しが出てきました。
ソイ(路地)をバイクで走っていると、
ポカポカ~な風景がありました。

お布団のとなりで、犬が日向ぼっこ。

犬だけではありません。
c0132422_1315123.jpg


鳥も。
c0132422_1322146.jpg

ポカポカ~


日本から来ている友達に、
「どうです、チェンマイ結構寒いでしょう?」と聞いたら、
「日本に比べれば、全然~。あっはっは!」と一笑されました。
寒いけど、やっぱり暖かいチェンマイです。


「サワディーカー!サワディーカー!」
c0132422_1332582.jpg

挨拶上手なオウムも一緒に、
ポカポカ~


c0132422_1341153.jpg

[PR]

by yunkao | 2009-01-13 01:48 | 路地裏散策
2008年 09月 03日

古い壺

c0132422_1593598.jpg

チェンマイ郊外のあるお宅。
塀にずらりと古い壺が並べてあります。

ナンプラーとか、プラーラー(魚を醗酵させた調味料)とか、プー・ドーン(蟹を塩で付けこんだもの)などの貯蔵用だったのでしょうか?
街中ではあまり見かず、珍しかったので、
陶芸をしているダンナに見せようと写真に撮りました。とても薄く挽いてあるようですよ。


雨水が溜まらないように、椰子の実で蓋をしてあります。
c0132422_15103967.jpg
蚊はこういう暗い所が大好きですからね。


おそらくただの「飾り」だけではなく、
塀の高さが低いので、
「目隠し」や「泥棒よけ」にしているのではないでしょうか。
c0132422_15113963.jpg

もし、誰かが無理に塀を越えようとしたら、壺が落ちて大きな音がするし、
壺をどけようとすると、姿が目立ってしまいますよね。



そういえば、私も以前「泥棒よけ」をしたことがありました。
京都に下宿をしていた大学時代を思い出します・・・。

下宿先は木造の古い民家で、
女子専、風呂無し、家賃3万円。
1階は無人事務所で、
下宿部屋は2階の2部屋だけです。

「お隣さん」は少し年上の建築学部生でした。
美人で賢そうな彼女の部屋は、物が少なくすっきりしていますが、
その代わり、建築や美術関係の高価な本がずらり。
「この本、すごいですね」と言うと、
「こういう本は、つい買っちゃうのよね~」
と、爽やかに笑っていました。


ある夜、私がバイトから帰ってくると、
下宿の周りにパトカーが停まり、人が集まってざわざわしています。

何があったのだろう・・・
ドキドキしながら
そこに居たお隣さんに声をかけました。


彼女が1人でいる時、
男が下宿側の木を上って2階のベランダに上がり、
戸を開けて中に入ろうとしたので、
すぐに警察に通報したのだそうです。
戸締りをきちんとしていたから良かったものの・・・
想像すると恐ろしい・・・。
それから、この犯人の男は
どうやら彼女を狙ったストーカーらしい、ということでした。


まもなく、お隣さんは引っ越していきました。
すぐに代わりの女子大生が入ってきましたが(何しろ家賃が安いので)、
2人ともなんだか落ち着きません。

それで、下宿のガレージに置いてあった
古いジュースのガラスビン(2リットルサイズ)を2人でベランダに並べました。
全部で200本近くありました。

これなら不審者が侵入しても、
大きなビンがいっぱいで歩く場所がありませんし、
ビンが倒れたら、大きな音がするでしょう。


このビンのお陰で(?)、
卒業まで無事何事も起きませんでした!
(大家さんには叱られましたが。)

ただ、その時の2人は、
自分達がストーカーされているわけではないことに
全く気付いていませんでした(苦笑)



・・・そんなわけで、
塀に壺や植木を並べる気持ちが
少し分かる気がするのです。

c0132422_15123674.jpg



おわり
[PR]

by yunkao | 2008-09-03 11:40 | 路地裏散策
2008年 08月 30日

植木鉢

c0132422_18371892.jpg

バイク専用駐車場前にある食堂の軒先。
観葉植物がにぎやかです。

この植木鉢、よく見るとヘルメットですね(笑)

ひとつずつ、植物の名前が書いてありますよ。
c0132422_1839694.jpg

                                      シーソーパー


c0132422_1841673.jpg

                                      ピースアヤック

c0132422_18421546.jpg

                                      プラヤーモン

食堂の人に誰が育てているのかと聞いたら、「うちの爺さん」ですって。
「うちの爺さん」は、食堂のテレビでムエタイを観戦中。
「よく育ってますね」と、あいさつだけしました。

c0132422_18453230.jpg

[PR]

by yunkao | 2008-08-30 18:58 | 路地裏散策