みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:みちくさフォトギャラリー( 8 )


2011年 11月 21日

ハニワロード(神話の里)

c0132422_095973.jpg

10月、東京の展示を終えて、出雲空港に到着しました。

ダンナの実家のある島根に帰省中、
行きたい場所がありました。

神魂(かもす)神社です。

c0132422_0123015.jpg

大社造りという建築では、
日本最古のものといわれる社を見てみたかったのです。

大きさは違いますが、出雲大社の作りとよく似ています。
高床を見事な柱が支え、
屋根の上には、千木というクロスした飾りがあるところなど、
北タイの高床式米倉などの伝統的な建築物とも、よく似た特徴があります。

アジア文化とのつながりを感じさせ、
なぜか、ほっとするようなあたたかいものを感じ、
ちょっと感動しました。

出雲国造りの祖、天穂日命(アメノホヒノミコト)が降臨し、創建したと伝えられているそうです。
イザナミとイザナギが祀られています。

参拝客はまばらで、
曇りだったせいもありますが、
境内にはぴんと張り詰めたような、清々しい空気が流れていました。




そこから約2kmの「ハニワロード」という散策コースを辿って、
八重垣神社まで、散歩しました。
道の途中に置いてあるハニワが、なんとものんきな道しるべです。
途中の農村の風景はのどかそのもの。
涼しい時期にのんびり歩くと、最高に気持ちが良かったです。

c0132422_0411125.jpg

刈り取られた稲が、こんな風に干されていました。
これは、「ヨズクハデ」と呼ばれている形だそうですが、
ヨズクとはみみずくのことで、
姿が似ていることから、この名前になったそうです。
(遠目すぎてよく分かりませんね、すみません)


さあ、八重垣神社に到着しました。
c0132422_0394716.jpg

恋愛成就で有名な八重垣神社は、「女子」でにぎわっていました!

お守りコーナーに並んでいるカラフルなお守りに思わず、
「かわいい~♪」とさけんだら、
同時に
「かわいいわ~♪」
という、年配の女性の声が。
おもわず、お互い顔を見合わせました(笑)
その方が、
「こんな年で(恋の)お願いしてもいいのかしらね」
とおっしゃるので、
「もちろんですよ!」
と、答えておきました。


奥にある鏡の池では、紙に硬貨を置いて浮かべ、
その紙が沈む速さで、恋愛成就を占うことができます。
(スライドショーで見てくださいね)


c0132422_123558.jpg

祈祷してもらうこともできるようです。

この神社には、
女子のわくわくした空気が満ちていました(笑)




さて。
この日のメインの目的は、
陶芸の三島耕二先生を訪ねることでした。

c0132422_1737100.jpg

先生は、昨年から古民家で陶芸教室や作品作りをされています。
この2つの神社の目と鼻の先に
三島先生の「いまみや工房」があります。


c0132422_1113843.jpg

旧農家の古民家は、立派な蔵や地下室、離れもあって、素晴らしい環境です。
三島先生は、こつこつと手作業で、工房として改装しています。

この日は寒かったので、
タイから来た私たちのために、初薪ストーブを焚いて下さいました。




これは、工房のすぐそばにある「意宇(おう)の杜」と呼ばれる場所です。
c0132422_1141793.jpg

田圃の中に木が茂っているだけのようにも見えますが、
神話の「国引き」伝説が残っている場所なのだそうです。

この辺りには、その昔、神様が国を引っ張ってきた、という伝説があります。

それによると、
一仕事終えた神様がたいそう疲れて、
「おう~」と言って、杖をついて休んだのだそうです。
すると、その杖をついた所から木が生えてきたので、
そこを、「意宇(おう)の杜」として、御まつりしているということです。詳しくはこちら。


こんな風に、この辺りは神話の里として、知る人ぞ知るところなのですね。
神秘的な雰囲気を感じながら撮った写真を
スライドショーにしてみましたので、
ぜひ、ご覧ください。




[PR]

by yunkao | 2011-11-21 02:48 | みちくさフォトギャラリー
2011年 11月 10日

尾久の商店街

c0132422_2201953.jpg

東京で展覧会をさせていただいたギャラリーは
荒川区尾久の商店街の端っこにありました。

この辺りは都電荒川線が通っていますが、
東京で走っている路面電車は、ここだけだそうです。
もちろん、乗ってみました(ムダに)!

尾久銀座商店街では、ちょうどお祭りをしていて、
商店街なのに、ヤギやひつじ、子牛などがいて
大勢の子供連れのお客さんが動物たちと触れ合っていました。

商店街にあるお風呂屋さんやお花屋さん、
おもちゃ屋さん、八百屋さん、豆腐屋さん・・・
どこも働いている人の姿が生き生きとして、
買い物をする時の会話も楽しみのひとつです。
歩いて暮らせるのがいいなあと思いました。

撮りたいシーンがいっぱい!
でも、フィルムのカメラ1台しかなく(デジカメを失くしてしまった・・・涙)、
散歩の途中で持ち合わせのフィルムを全部使い切ってしまいました。
すると、商店街でやっていたフリマで
古い写真屋さんが期限切れのフィルム(2002年まで!)を
10本100円(!)で売っていました。

「封を開けてないから使えると思うよ」
とカメラ屋のおじさんは、にやにや。
とりあえず使ってみたら、ちゃんと写ってました。感激!

そんな写真を集めました。
スライドショーで、どうぞ。















・・・
[PR]

by yunkao | 2011-11-10 02:24 | みちくさフォトギャラリー
2008年 11月 10日

みちくさフォトギャラリー(2008/徳島、高松編)

c0132422_0372631.jpg

眉山からの眺め





c0132422_038151.jpg

大麻比子神社の狛犬





c0132422_0384551.jpg

樹齢千年の楠





c0132422_039219.jpg

映画「バルトの楽園」のセット





c0132422_0395478.jpg

大谷焼きの登り窯





c0132422_0411140.jpg

噴出す木





c0132422_042367.jpg

                         焙煎中




c0132422_0424426.jpg


[PR]

by yunkao | 2008-11-10 22:52 | みちくさフォトギャラリー
2008年 11月 08日

みちくさフォトギャラリー(2008/島根編)

ダンナの実家は島根県江津市にあります。
家の裏は日本海。何もない静かな町です。

c0132422_14563868.jpg

風車       最近は風車のある風景が増えてきました。  




c0132422_14573557.jpg

止まってくれなかった猫




c0132422_14581454.jpg






c0132422_14585760.jpg

びっくりハウス!       昔の小さな遊園地跡です。





c0132422_14595268.jpg

二連猫





c0132422_151499.jpg

敬川町のドラえもん





c0132422_1515698.jpg

海辺の猫





c0132422_15492.jpg

                      海の夕暮れ




c0132422_153345.jpg

                         缶
[PR]

by yunkao | 2008-11-08 15:17 | みちくさフォトギャラリー
2008年 10月 16日

みちくさフォトギャラリー(チェンマイの猫)

c0132422_18472081.jpg

ラーンナーの猫
伝統的な民家にいた、きれいなシャムネコ。



c0132422_18511757.jpg

猫と花
植木鉢のそばには、よく猫がいます。



c0132422_1972380.jpg

店番?
招き猫かな?



c0132422_18495464.jpg

占いの猫
引き出しの中には、おみくじが入ってます。



c0132422_18493827.jpg

魚のえさ
左に見えるプラスチックの箱には、「魚のえさ」と書いてあります。



c0132422_18503280.jpg

落ち葉
髪型(?)がきまってます。



c0132422_18485451.jpg

プラートゥーと猫
プラートゥーとは、サバを蒸した庶民のおかずです。



c0132422_19225.jpg

お寺の猫
「天国だにゃー」。お昼寝中。(死んでるわけではありません)
[PR]

by yunkao | 2008-10-16 19:14 | みちくさフォトギャラリー
2008年 04月 26日

蒲郡の思い出

c0132422_21235478.jpg
おととい、まとめて現像に出したフィルムの中に
以前に撮ったフィルムが1本、混じっていました。

4年前、愛知県の蒲郡市で撮った写真。
・・・随分、前ですね~(笑)。
ずっとカメラの中に入っていたせいか、
なんだか色が変質しているような・・・。
それとも、このカメラで撮ると、こんな色なのかな?
でも、その不思議な色合いが、
面白くて、気に入りました。

ダンナの実家においてあった、義父のカメラを使用。
c0132422_2125466.jpg
まだ使えるか、試してみよう!と、散歩中にダンナと撮ったんでした。
すっかり忘れていました。


蒲郡では、毎年、ダンナが陶芸の展覧会をしていました。
ギャラリーから、そう離れていないところに
竹島という、小さな島があり、海岸から小さな橋がかかっています。
c0132422_21281930.jpg


小さいので、すぐに一周できてしまいますが、
神社があって、神秘的な雰囲気。
c0132422_2130392.jpg


展覧会中、お客さんが少なくて
海沿いを散歩ばかりしていたなあ・・・
c0132422_21323379.jpg

漁師さんの町らしく、静かで磯の香りがします。
c0132422_21331840.jpg



もっと、このカメラで撮ってみようと、
チェンマイに持って来ましたが、
しまいこんだまま、それっきり。

c0132422_2275530.jpg

この間、ふと思い出して、
中に入っていたフィルムを巻き戻しました。
自分でも、もう、何をいつ撮ったのかなんて、すっかり忘れていたんですが・・・
c0132422_21362045.jpg

デジカメと違って、
古いカメラなので、操作に時間がかかるし、
現像もしなきゃいけないし、
ぜんぜん便利じゃありません。

でも、半ば色あせて写っていたのは、
ゆっくりした時間や想い。
4年たっていても、写真を見るといろいろ思い出してきます・・・
c0132422_21353116.jpg

写真って、面白いなあ~
これからは、時々このカメラでチェンマイを撮ってみようかな。
[PR]

by yunkao | 2008-04-26 22:14 | みちくさフォトギャラリー
2008年 04月 21日

みちくさフォトギャラリー② 犬のいる街

c0132422_012739.jpg

       母を待つふたり




c0132422_17553835.jpg

       相談するふたり




c0132422_17565353.jpg

       ムーヨーン(豚でんぶ)君





c0132422_1811427.jpg

       信号待ち




c0132422_1321646.jpg

ソンクラーン





c0132422_1821598.jpg

 僕は止まれない





c0132422_18361229.jpg

 夜の屋台





c0132422_1851346.jpg

 市場の床
[PR]

by yunkao | 2008-04-21 18:55 | みちくさフォトギャラリー
2008年 03月 27日

みちくさフォトギャラリー①   ビエンチャン

c0132422_14292650.jpg
黄色い家



c0132422_14302575.jpg
白い棚



c0132422_14315489.jpg
耳掃除



c0132422_1433921.jpg
占いの椅子



c0132422_14345881.jpg
お寺の小学校



c0132422_1436501.jpg
行き倒れ



c0132422_14381752.jpg




c0132422_14391825.jpg
昼寝
[PR]

by yunkao | 2008-03-27 14:48 | みちくさフォトギャラリー