2008年 04月 07日

ラーンナー・スタイルの結婚式

c0132422_11292693.jpg

友達のJ君の結婚式に出席しました☆

最近はチェンマイでもホテルで西洋式の結婚式を挙げる人が増えていますが、
ラーンナーの美術に造詣の深いJ君は
伝統的なラーンナー・スタイルの挙式にこだわりました。

北タイでは基本的に、お婿さんが嫁ぐ「婿入り婚」です。
お婿さんの家から花嫁さんの家まで、
結納品を持った家族、親類が行列になって向かいます。
行列は本来、中部の習慣ですが、
今では、北部と中部の形式が少しずつ混ざり合っているようです。
ホテルで式を挙げる場合は、会場の外から行列をすることもあります。

やや、緊張した面持ちの新郎さん。
c0132422_11592789.jpg

先頭に太鼓やドラなどの打楽器のリズムに合わせて、踊る人たち。
c0132422_10591692.jpg
途中でテナガザルの鳴声のような独特の掛け声も入り、
行列は華やかに進んでいきます。

新婦のいる家に到着。
ここで、新郎は家に入る前に、
「金の門・銀の門」を通過しなければなりません。
c0132422_1202790.jpg


これは新婦の友達で未婚の人が、
巻きスカートを止めるベルトなど、金製や銀製の鎖で「とうせんぼ」をして、
新郎がお金の入った封筒を手渡したら通してあげるという儀式。
面白い冗談が飛び出すので、雰囲気が和みます。

鎖を持った左の女性が、新郎に質問。
「あなたのお嫁さんは、・・・・この人ですか?」
c0132422_1213440.jpg



「・・・・・・・・・」
新郎絶句。


「えーーーー!  わ~た~し~?」(裏声)
c0132422_1223991.jpg

と、参列者の中で一際目を引く、派手な衣装の「彼女」。
かわいい(?)しぐさに、皆さん、大爆笑!
いい感じに盛り上がります。

やれやれ、新郎さん。
封筒を渡して、やっと、通してもらえました。
c0132422_1115312.jpg




・・・・が、まだありますよ~(笑)!
c0132422_124733.jpg



さて。
家に入ることが出来たら、
いよいよ、結婚の儀式が始まります。
これは、「婚約の儀」。
c0132422_116324.jpg

新郎から新婦へ贈り物が渡され、
金のネックレスや指輪の交換をします。
そして、祖父母と両親の前にひざまずき、深々とお辞儀をします。
とっても、感動的なシーンです!
J君、感極まって思わず、ほろり。
c0132422_1164636.jpg



続いて、結婚の儀式です。
村の長老によって結婚の祈祷があげられた後、
参列者が1人ずつ「幸せになってね」という気持ちを込めて、
白い糸を2人の手首に巻いていきます。
c0132422_12445966.jpg

2人の手首はたくさんの幸せの白い糸に包まれます。

これから一緒に歩んでいくことを、改めて心に誓う2人・・・
じ~~ん・・・・見ている私も胸が一杯になります。





その頃、外では・・・・


「お酒はいかが~~♪」
c0132422_118252.jpg

と、先ほどの「彼女」が振舞っているのは、薬草を漬け込んだ焼酎。
伝統的な薬用酒です。

参列者への食事は、ブッフェ形式のランチ。
北タイの食べ物屋台も混ざって、風情たっぷり!

儀式の済んだ新郎新婦は、各テーブルを回って、
挨拶をしたり参列者と一緒に写真を撮ったり。
日本と同じですね。

最後は、きれいな花で飾った家の門をステージ代わりに、
新郎新婦と恒例の記念撮影会です。  パシャリ☆
c0132422_1261872.jpg



その合間に「彼女」の写真も・・・・・・・パシャリ☆
c0132422_1265072.jpg

スゴイ!
レンズを向けた瞬間に、表情がガラリ!
モデルさんに、なりきってますね~☆
今日のお客さんの中で(新婦も含めて!)、
いちばん派出な衣装でちょっと浮き上がっていた彼女でしたが・・・
この場所には見事にはまっていました(笑)。
[PR]

by yunkao | 2008-04-07 13:12 | チェンマイの常識?


<< ラーンナー風市場の風景      もうすぐソンクラーン☆ >>