みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 23日

ビエンチャンの自家焙煎コーヒー

c0132422_21233649.jpg
ビエンチャンの街には
おいしいコーヒーを出すカフェがたくさんあります。
そんなカフェめぐりは
お散歩の楽しみのひとつ。

いつものように通りを歩いていると、
気になる看板が!
c0132422_21244926.jpg

「House Roasted coffee」
自家焙煎コーヒーってこと?
こだわりのコーヒーを出すお店でしょうか?

行ってみましょう~♪

シンプルな店内。
籐のソファーがナチュラルな雰囲気です。
c0132422_2126326.jpg

ラオスの手織りの布の
柄を活かしたコースターも渋くてかわいい!
c0132422_21265729.jpg

コーヒーは
ライト、ミディアム、ダークと
焙煎が選べます。

さっそく、ミディアムを注文。
しばらくすると
コーヒーの香りが漂ってきて
幸せな気分に~。

パーシン(ラオスの手織りのスカート)を穿いたウエイトレスさんが
コーヒーを持ってきてくれました。
c0132422_21501871.jpg


チェンマイもラオスも
コーヒーは深入りが主流です。
でも、こちらで丁寧に自家焙煎されたコーヒーは
香りよく、苦すぎず、
う~~ん、
おいしい・・・。
c0132422_21291342.jpg


そして、House Roasted coffeeのオーナーさんは
なんと!
日本の方でした。

オーナーの松島陽子さんは、
大学院生時代、ラオスのコーヒー栽培に興味を持ち、
その研究調査のためラオスを訪れ、
フィールドワークをしていたのだそうです。

その時から、生産現場の村に長く滞在し、現地の人々と関わりながら、
ラオスのコーヒー栽培や流通について考えてきたといいます。

その後、現地の方と結婚され、
このお店をはじめて、1年ちょっと。
c0132422_21425313.jpg

                             アイス・コーヒー

専門家の松島さんに、
ラオスのコーヒーについて、教えてもらいました!

ラオスのコーヒーは主にラオスの南部、
パクセーという町から50km離れたパクソンという地域で
栽培されているそうです。

ラオス産のコーヒーは、国外ではあまり知られていません。
お隣の国ベトナムでは、コーヒーを輸出しているそうですが、
生産が追いつかない時に「ベトナム・コーヒー」として、
ラオスのコーヒーが輸出されることもあるのだそうです。

エスプレッソなどに入れるロブスター種は、
丈夫なので、たくさん栽培されていますが、
ロブスター種よりも香りのよいアラビカ種は少ないのだとか。
そして、そのアラビカ種の中に「ティピカ」という種類のコーヒーがあり、
森の奥のごく一部に植えられているのだそうです。
松島さんがお店を開く前、
ラオスで生産されている4種類の豆を焙煎してみたところ、
この「ティピカ」が一番おいしかったといいます。

でも、ロブスター種に比べて栽培に手間がかかり、
特別な需要もないので、「ティピカ」を栽培しても生産農家は割に合いません。
だから、放っておくと、せっかく成長した「ティピカ」の木は
どんどん切られてしまいます・・・
c0132422_2145346.jpg

                    ラテと手作りのチーズ・ケーキ

ラオスにはいろいろな国から支援金が入っていますが、
そのお金も、結局、生産現場まで届いていない・・・
という現状をよく知る松島さんは、
「小規模でも自分でやったほうがいいのかもしれない」
と考えました。

そこで、まず、今残っている「ティピカ」の木を切らずにすむように
契約栽培(※1)
という手段をとって、毎年、農家から豆を買い取り、
ビエンチャンの自分のお店で販売することにしたのだそうです。

淡々とお仕事をされる松島さんですが、
お話をうかがってみて、
実は、このお店で出される一杯のコーヒーには、
松島さんのラオス・コーヒーに対する並々ならぬ愛情が
込められているんだなあと思いました。
ちょっと感動です。

ラオスの生産者とのつながりが深い松島さん。
森の中で収穫に使う籠(※2)や米を収穫する時に使う天秤籠を
さりげなくディスプレイに使っています。
産地の空気が伝わりますね~。
c0132422_21462164.jpg


お店の女の子が、ハンド・ピッキングで
一粒一粒、豆を選り分けています。
c0132422_21331666.jpg


お客さんの割合は、
日本人が4割、西洋人が5割、残りはラオス人。
ラオス人のお客さんには、
援助で海外留学を経験した人が多く、
帰国して美味しいコーヒーが飲みたいと
松島さんのお店を訪れます。

松島さんは本当に素敵な方でした。
(写真を載せられなくて残念・・・)

飲んで気に入れば、
豆を買うことも出来ます。
c0132422_21342894.jpg


ビエンチャンをお散歩する時に
絶対、立ち寄りたいカフェができました~☆
c0132422_21352882.jpg




松島さんから後日、メールで詳しい説明をいただきました。
(※1)ラオスでは契約というものがなかなか守られにくく、売るほうも買うほうも信用していないので、厳密には契約栽培ではなく、これまでの信頼関係を通じて、直接収穫時に買いに行きます。
(※2)コーヒー生産地では、背負子になっているタイプの籠を使います。まずは、小さめの籠を腰に取り付けて収穫し、それがいっぱいになると、大きい背負子の籠に移し変えます。


House Roasted coffee

住所
Ban xiengnueun
Manthaturad Rd
Vientiene Lao
営業時間
8:30~19:30 月曜定休
[PR]

by yunkao | 2008-03-23 23:48 | みちくさラオス


<< 気になる街角のもち米      ガンさんの脱力オブジェ >>