みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 21日

森の蜂蜜2

c0132422_19333443.jpg

はちみつハンターはさっき自分で打った杭をつたって
するすると上っていき、
杭がないところからは、木にまたがって進み、
ついに、蜂の巣のある場所まで到達しました。

ハンターが松明に火をつけ、
煙を巣に近づけたとたん

ブーーーーーン!!!!!

物凄い羽音と共に、
茶色い巣がみるみるうちに白くなりました。
c0132422_19441010.jpg

遠くからみて茶色だと思っていた蜂の巣ですが、
茶色い蜂が巣に集まっているからで、
巣の色そのものは白だったんですね・・・


巣から離れた蜂がいつこちらを襲ってこないか・・・・
ハンターは長袖を4枚、ジーンズを2本履いて防備していますが、
見学者は全員、半そで一枚、足元はサンダル・・・無防備です。
私も長袖を着てくるのも、虫よけも忘れてきてしまった・・・

村の人は
「もし蜂が襲ってきたら、
道に停めてある車の中に避難してくださいね」
と朗らかに言っていたけど、
森の斜面をここまで登ってくるのも一苦労だった私。
果たして、車の所までたどり着けるのでしょうか。

「蜂に襲われて逃げる時は、ずーっと遠くまで走らないといけないんだ。
100メートルくらい走って疲れたからといって立ち止まって、もし追ってきた蜂に見つかったら、
その後もずーっとついてきて、蜂の群れが村まで来てしまうんだよ」

さっき、ハンターが言っていました。
・・・私、そんなに走れません。

煙と、ブーンとうなる羽音に渦巻かれ、
なんだか心臓がドキドキしていきました・・・・

うう、胸がちょっと苦しい・・・かも・・・

もしかして、昼に食べた蜂の子にあたったのかと
先程の蜂の子の映像が一瞬頭をよぎるほどでした。
(多分、ただの緊張です)

一方、蜂蜜ハンターは蜂にたかられながら、
黙々と作業を進めていました。
c0132422_22521640.jpg

蜂の巣の上の部分を一部切り取り、
巣の下にすえた一斗缶に入れます。
蜂蜜が蓄えられているのはその部分だけで、
あとは卵や幼虫が育つ部屋になっているそうです。

同行した村人が、
下から、ハンターに何やら声をかけました。

すると、ハンターは巣を1かけ切り取って、
一斗缶の中に入れました。

後でわかったのは、
「蜂の子も少しとって」とお願いしたようです。

村の蜂蜜ハンターは、こんな風に蜂の子を少し採ることもありますが、
普段は蜜しか採らないのだそうです。
次回もまた蜂蜜を分けてもらうために
蜜だけを採って、卵や幼虫は美味しいけど、残しておく。
それが森と共生するパカヨーの知恵なんですね。


ハンターは一斗缶に結んだロープを使って、
まず蜜の入った一斗缶を木の上から地上に下ろし、
その後、無事に降りてきました。
c0132422_2255345.jpg

この人がハンターです!

c0132422_19421091.jpg

ターウォン君。
この暑い時期にあの防備。汗びっしょりです。
お疲れ様でした。
今回は大人しい蜂だったそうで、一か所も刺されなかったそうです。
よかった・・・・

採れたての蜂蜜をちょっと味見。
c0132422_19452467.jpg

甘~い♡
ちょっぴり苦みがあって、深い味です。

蜂や巣と蜂蜜を分けるため、
一斗缶にガーゼのような布をはって、ろ過します。
瓶に詰めると、村人が買いに来るのだそう。
c0132422_19454811.jpg

ハチミツは村人にとって薬でもあるそうです。
体調が悪い時になめたり、傷口にぬったり。

白い巣は溶かしてろうそくを作ります。
c0132422_19444616.jpg

これはターウォンさんが蜂の巣10個分で作った1mくらいある大きなろうそく。

見学している方から見ると、
命綱なしで、20~40mもの高い木に登って、
時には蜂に襲われ、命懸けの大変危険な仕事に思いますが、
採っている本人にとっては、そんなに大変なことではないようです。
「怖かったのは 最初のころだけ。
22歳の時に蜂蜜採り名人のおじさんについて教えてもらったんです。
僕はプンルアンの蜜が蜂蜜の中で一番おいしいと思っています。
4~5月の間だけ、20回くらい採りに上ります」

ターウォンさん、今はキャリア10年のベテランです。
「一斗缶のロープの結び方が重要なんですよ」
と言って、実演してくれました。
「最初の頃はこれがうまくできなくて、
せっかく採った蜜を落としてしまったこともありました」
c0132422_2256830.jpg

ハンターにとって重要なポイントのようです。

村を出る時に、採れたてのプンルアンの蜜を分けてくれました。
蓋にハンターのサインを入れてもらって、
なんとなく、我が家の高い棚の上に飾っています。


後日、タイの新聞に
「葬式中、村人がプンルアンに襲われ気絶した人も!」という事件が載っていました。
また、ターウォンさんではありませんが、
村人が蜂の巣を下見(蜜が入っているかどうか)した時に、
蜂に襲われ、200か所も刺されてしまい、
すぐに病院に運ばれたので、なんとか一命を取り留めたという事件があったそうです。

・・・やっぱり命懸けの蜂蜜です。

c0132422_2342512.jpg


                          高さ40m近い木。ハンターはどこでしょう?



[PR]

by yunkao | 2013-07-21 23:13


<< カレンの森のお茶とはちみつとお話の会      森の蜂蜜 >>