みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 21日

タイ族のイベントにて

c0132422_23452057.jpg

去る9月7日、8日の2日間、
3人の王様像広場にて
「4つのタイ族と少数民族の文化」というテーマでイベントが行われました。

4つのタイ族とは、
タイルー、タイクーン、タイヨーン、タイヤイで、
チェンマイも含めた、北タイに住むタイ族の人たちです。

約200年前、チェンマイはビルマに占領されていましたが、
ガーウィラ王らがビルマより取り戻し、
荒れ果てたチェンマイの都を復興させる時に、
中国の雲南省やミャンマーのシャン州付近から
これらのタイ族の職人家族を移り住まわせたといわれています。

チェンマイをはじめ、北タイの文化を「ラーンナー文化」といいますが、
ラーンナーには、タイユアンを始め、これらの民族の文化が混じりあっているんですね。


c0132422_23475952.jpg

イベント中は、広場に立てられたブースで各民族の文化紹介をしていました。
写真の、漬物を煮込んで作るタイルーの家庭料理は初めて食べました。
その他、織物の実演や、竹馬など昔ながらの遊び体験など、
いろいろ見るところがありました。


c0132422_23504062.jpg

これはタイヤイの「トー」の踊り。獅子舞に似ています。

しかし、雨季まっただなかのチェンマイ。
イベント中も残念ながら、ほとんど1日中雨が降ったりやんだり。
2日目は、雨の中、パレードが行われましたが、
出演者も見る人も、みんな傘を差して参加していました。


c0132422_23541987.jpg

ステージでは各民族の伝統舞踊やファッションショーが行われました。
司会をしているのは
タイヤイ文化を紹介するサンカム・ジャンヨート先生。
私はこの先生に、タイヤイの踊りやタイヤイ料理など
タイヤイの文化について、いろいろと教えてもらっています。

先生に挨拶すると、
「あなたも一緒に踊りなさい」

・・・・・ええっ!? 

ちゃんと覚えているかどうかも怪しいのに大丈夫かな、
と、躊躇する私に
「今踊らなければ、いつ踊る?」という先生(苦笑)


という訳で・・・・・・

c0132422_073686.jpg

手前が私です(笑)

天上界にいるという空想上のトリを模した「フォン・ノックギンガラー」という踊り。
大きな羽をつけて軽快に跳ねるように踊るこの踊りは、
若い女の子が踊ると、まるで天女の舞のように美しいのですが・・・・(涙)
まあ、それでも楽しんで踊ることができました。

ありがとう、先生。







[PR]

by yunkao | 2012-09-21 00:42 | きらきら☆歳時記


<< 金曜市場のおもちゃ屋台      タイのチェリー >>