みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 09日

11 Treasure(イレブン トレジャー)

チェンマイ門裏の路地は、市場もあり、
ローカルな地元の風情も残しつつ、
ホテルやゲストハウスが多く、
バックパッカーなど旅人が行き交うエリアです。

ある日、1軒のお店を通りかかって、
ちらっと素敵なブラウスが目に入りました。
「中南米の雑貨屋さんができたのかな?」
と、ガテマラの刺繍ブラウスにあこがれている私は入ってみました。


c0132422_123439.jpg


ブラウスにあしらわれた刺繍は、よく見ると、
北タイの山岳民族の人によるものでした。
でも、ズラウス自体はちょっとボヘミアン調にデザインされています。

そこに現れたオーナーさん。
元「キャンドゥー・デコール」のデザイナーのマーさんでした。
私は彼女のお店のファンでしたが、
いつの間にか閉店していて寂しいな~と思っていました。
でも、お店の場所を移し、名前も変えて
またここで始めていたんですね!
思いがけず再会できてうれしかったです。

ブランドのコンセプトは、「モダン・エスニック」。
手仕事の温かみと自然を感じさせる素材を、
マーさん独自の色彩感覚で今風にデザインしているのは、
「キャンドゥー」時代から変わりません。
そんな服やアクセサリーは、
ポップな色彩とどこか懐かしいテイストが持ち味です。


c0132422_12202739.jpg

かごもいろいろ。
戸棚の中には、マーさんが旅先で見つけてきた、
アンティークの布などが入っています。
フフフ、開けてみたいでしょう?

旅好きなマーさん。
旅で得たインスピレーションをデザインの中に取り入れているそうです。
c0132422_12232812.jpg

タイ国内はもちろん、インドや中国雲南省、
ベトナム、ミャンマー、メキシコなどで作られた
手織りの布やアンティーク雑貨も一緒に販売されています。
国籍も時代もバラバラなものが並んでいますが、違和感を感じさせないのは、
マーさん独自の美的センスで選ばれたものだからなんですよね。

c0132422_1221113.jpg

かわいい象。
ディスプレイもどこか、旅の気分。


c0132422_1236174.jpg

「キャンドゥー」のときにも人気だった、
モン族のクロスステッチが自慢のマキマキ財布。
鮮やかな色使いがキュートです。

c0132422_12223158.jpg

デッド・ストックのブローチ。
今なら半額でひとつ100Bだそうです。
(自転車と鶏のブローチはもうありませんよ)
c0132422_12235544.jpg

お茶も飲めます。
カルダモン・ティーーやローズ・ティーがポットで50B。
ただし、席は少ないので座れたらラッキーです。


2階はゲストハウス(全3部屋)です。
内装も、もちろんマーさんによるもの。
木造ならではの落ち着いた雰囲気で、
トイレ・シャワーは共有ですが、
まるでマーさんの家に泊まっているような親しみのある空間です。

c0132422_12242496.jpg

ローシーズンは200B(扇風機)~350B(エアコン)と格安。
長期で利用する人も多いそうです。
c0132422_12204139.jpg

                               ベランダにサイくんが。

c0132422_12244261.jpg

こちらがオーナーのマーさんです。いつもおしゃれ。
マーさんがしているアクセサリーなんかも要チェックです(笑)。

マーさんワールドに浸っていると、
なんだか私も旅に出たくなってきます・・・・




c0132422_12245539.jpg


営業時間 11;00~21;00 日曜定休
部屋 ローシーズン200B~350B
電話08‐1671‐8563
住所 11 Ratchapakinai Rd.T.Prasingha A.Muang Chiangmai Thailand 50000








[PR]

by yunkao | 2012-08-09 12:40 | アジのあるお店


<< お婆さんのお菓子      サボテン・コレクション その4 >>