みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 08日

おじいさんの油、おばあさんの油

c0132422_1493393.jpg

こちらが「おじいさんの油・左」と「おばあさんの油・右」です。
頭痛や筋肉痛、虫さされ、目まい、気つけ薬として、
塗ったり、嗅いだりするお薬です。
どちらもメンソールが入っていて、
すーっとした感覚と共に痛みを和らげ、呼吸を楽にしてくれます。
薬局で20バーツくらいで売られています。

私は頭痛がする時に、ちょっとこめかみに塗ったりします。
特にタイがもっとも暑い4月には、よくお世話になります。



c0132422_15035.jpg

「おばあさんの油」。
瓶が5センチと小さくて可愛いんですよ。
本当は「ナンマン・ドークマイ・カーオ(白花油)」という、きれいな名前があります。
私と同じ片頭痛仲間が
「これ、うちのおばあさんが、手のひらにどばっと出して、
額にパシャパシャかけてたんだよ」と紹介してくれたので、
勝手に「おばあさんの油」と呼んでいるだけなんです。

パシャパシャかけると、ものすごい刺激で大変だと思いますが、
(ちょっとでもかなりの刺激があります)さすが、おばあさんです。
そんな使い方をしていたら、小瓶では数回で中身がなくなっちゃいますが、
大瓶も販売されているのでご心配なく。

メイド・イン香港で、「ペフアイイウ」って書いてあります。

成分表を見ると、
消炎鎮痛剤などに用いられるサリチル酸メチル、樟脳、殺菌作用の強いユーカリオイルなど。
そして、ラベンダーオイル。
気持ちを落ち着かせるフローラルな香りが含まれていて、
白いお花のイメージにぴったりですね。




c0132422_1504166.jpg

そして、「おじいさんの油」も、やはりちゃんと「Siang Purre Oil」という名前があります。
成分は「おばあさんの油」と似ていますが、
こちらはスパイシーなシナモンやクローブが入っているので、
活力が出て元気にしてくれそう。
「じいちゃんは今日もがんばるんじゃ!」
c0132422_151117.jpg

パッケージの「おじいさん」の写真が目印。
立派なお髭が、いかにも効きそうな感じですよね。
メイドイン・タイランドと書いてありますが、
きっと写真の中国系の方が伝えたものなのでしょう。



どちらも薬なので、決しておしゃれな香りではありませんが、
痛みやかゆみを抑えてくれる、
おじいさんやおばあさんの言葉のような
ありがたい油なのです。
[PR]

by yunkao | 2011-09-08 02:33 | 私のお気に入り


<< ランプーンへ      看板 >>