みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 07日

昔ながらの喫茶店「ソムヌック・コーピー」

c0132422_034562.jpg

タイにはオーリエンという昔から飲まれているコーヒーに似た飲み物があります。
ミルク入りはカフェー・ボーラーン(昔のコーヒー)といい、
コーヒー豆以外に、タマリンドや大豆、とうもろこしなどがブレンドされ、
独特のコクと苦みがあります。
これに砂糖やミルク、コンデンスミルクがたっぷり入るんです。

チェンマイは今でこそたくさんカフェがあり、
どこででもおいしいレギュラーコーヒーが飲めますが、
10年くらい前は、コーヒーと言えば、ネスカフェかカフェー・ボーラーンでした・・・。
c0132422_0274066.jpg

「ソムヌック・コーピー」は、
今の時代、ちょっと珍しいカフェー・ボーラーンの喫茶店です。
店名の「ソムヌック」とはオーナーの名前で、
「コーピー」とはコーヒーの古い呼び方だそうです。

築100年の民家を利用した店内には、
ソムヌックさんが集めたアンティーク雑貨が所せましと飾られています。
c0132422_1292022.jpg

こちらがソムヌックさん。
10年間、自転車でカフェーボーラーンを売り続け、
6年前にチェンマイーランプーン通りに、このお店をかまえました。

ソムヌックさんの淹れるカフェー・ボーラーンは、
苦すぎず、甘すぎず、とてもまろやかな味。
なんと、チェンマイを訪れた王室の方にも
カフェー・ボーラーンを献上したことがあるという、
立派な(?)カフェー・ボーラーンなのです。

c0132422_0343640.jpg

最近は飲み物だけでなく、軽食も出しています。
ハムのカーオパット(焼き飯)は、なんだか懐かしい味。
お勧めは、タイのハーブが入ったスパゲティーや
かりっと揚げた目玉焼きの酸っぱいサラダ。
コーヒーのお供に、トーストやサンドウィッチもあります。

c0132422_038385.jpg

座敷の席。
「ここは座る場所、寝てはいけません」
と書いた札が置いてあります。
寝たくなる人の気持ちは分かりますけどね(苦笑)

c0132422_0391675.jpg

高床の下を川が流れています。
は~、気持ちがいい~
でも、この時期、
もしかしたら夕方は蚊が多そうです。

とにかく、古いもの好きのカメラ小僧たちや
読書を楽しむ常連客が集うお店です。
c0132422_041516.jpg

そして、隣にはソムヌックさんの古道具屋があり、
アンティークの家具や雑貨が売られています。
世界中に配送できるそうですから、
気に入ったのがあれば、ぜひどうぞ。

c0132422_0454231.jpg

とにかく、喫茶店の店内も
アンティークの冷蔵庫や自転車、コーヒー屋台など、古いもので埋め尽くされ、
まるで50年前のチェンマイに紛れ込んだような気分・・・

c0132422_0471641.jpg

ちょっとしたチェンマイの名物店になりつつあり、
こんな風に記念写真を撮るお客さんも多いようです。

時間があれば、ソムヌックさんが淹れる昔ながらのコーヒーを
飲みに行ってみてはいかがですか?




ソムヌック・コーヒー
時間 9:00~17:00 不定休
場所 チェンマイ・ランプーン通りからジムカーナゴルフ場に入る道に生えた大きな木の向かい側
電話 08-1575-4338



c0132422_113311.jpg

[PR]

by yunkao | 2011-06-07 01:43 | アジのあるお店


<< 都の平穏を祈る儀式 スープチャ...      6月4日の日記 >>