みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 27日

土の中のご馳走

c0132422_0293850.jpg

さて、これはナンでしょう?
イモ? 木の実?



c0132422_0295734.jpg

答えは・・・・・・キノコ!
雨季のはじめだけに出回る「ヘット・トープ」というキノコなんです。

このキノコ、なんと土の中に生えるので、
こんな風に泥をかぶっています。
地面の中にもぐっているキノコをそうっと掘り当てて集める大変な労力が必要。
希少なうえ、とても美味しいキノコなので、
例年なら市内の市場ではなかなか出会えない特別な旬の味なのです。
当然、とても高価なものです。

ところが、今年は雨が少ないせいか、どうやら豊作のようで、
行きつけの市場でもたくさん出で回っていて、値段もずいぶん下がっていました。
1リットルで50バーツ。
例年なら、80~100バーツくらいはするでしょうか。

ふふふ。
大好物なので、とっても嬉しい!

c0132422_0301938.jpg

こんな風に中が白いキノコが新鮮でおいしいんですよ。
黒くなると、味が落ち、おいしくありません。

c0132422_0304118.jpg

カゴに入れてお店の人がザバザバ洗って土を落としてくれました。
この作業が一手間なので、助かります(笑)
新鮮なのはちょっと白っぽいのですが、これは土を落としてみないことにはわかりませんね。

c0132422_031026.jpg

塩だけでヘット・トープを煮る、
この最もシンプルな方法が、最もポピュラーな調理法です。
塩しか入れていませんが、とてもいい出汁がでて、そのうえ醤油を入れたような色もつきます。

このスープには、きのこの旨みがしっかりと出て、
は~、おいしい・・・。

ダンナは残ったスープで
明日、炊き込みご飯を作るそうですが、
あいにく私は留守にするので、残念極まりないです(涙)

c0132422_031176.jpg

ヘット・トープの断面です。
外側はコリコリっとした歯ごたえ。
中はとろけるチーズのような、クリーミーな食感。
キノコの旨みがいっぱいです。
ああ、たまりません。
また来年も食べたいなあ!

ヘット・トープ料理は、北部料理のお店でこの時期、季節限定メニューとして出している所もありますよ。
まだの方は、ぜひ食べてみてくださいね!
[PR]

by yunkao | 2010-06-27 01:40 | ラムディ~!(おいしい)


<< 照れる理由      ロケット祭り☆バンファイ >>