2010年 02月 12日

バレンタインのバラ

c0132422_2293612.jpg


もうすぐバレンタインデーですね。
タイでは男性が女性に赤いバラの花を贈るのが一般的だそうです。
友達は「タイは女性の方が強いからね~」と笑ってました。

c0132422_2315377.jpg
バラの花はタイ北部の標高が高くて涼しい地域で育てられています。
普段は、安いと50本60バーツ(約200円)くらい、
グレードAのバラでも10本100バーツくらいの値段です。
それが、バレンタインのシーズンになると、
1本20~50バーツ、中には1本100バーツと値段がどーんと上がります。
外国産の特別なバラだと1本500バーツのものもあるとか。

バンコクなどの都市部を中心に
タイ全土の恋する若者たちが買おうとするので、
生産地のチェンマイでは逆にバラの花が品薄になってしまうようです。


周りの人にバラにまつわる話を聞くと、
「そうねえ~、うふふ・・・」
と、1人で嬉しそうに笑って教えてくれない人や、
昔の恋話を赤裸々に語ってくれる人など、
けっこう盛り上がります(笑)
タイにお住まいの方は、周りの人にぜひ聞いてみてください。




c0132422_3262514.jpg

商売上手な花屋さんと、アツアツのカップル



先日、チェンマイの花市場に行ったら、
大学を卒業したてくらいのカップルが
バラの花束を買っていました。

誰に贈るんですか? と聞いてみたのですが、
彼女の方は照れてなかなか教えてくれません。

代わりに彼が
「彼女から僕に・・・」と答えてくれました。

「誕生日なんですか?」と重ねて聞いたら、
「バレンタインだから!」と彼女。

ひゃー! 
かっわいい!!
でもちょっと早いですね~
値段が上がる前にプレゼントしたかったのかな?

この会話を聞いていたお店の人はすかさず、
「結婚式用の花飾りも注文できるよ!」と
サンプルの写真集を押し付けていました。
さすが商売人です(笑)。

それを真剣に見ている2人を見ていると
心のこもった花の贈り物って、いいなあ・・・
と思いました。




とはいえ、バラ1本20バーツって高いぞ、
と思ってしまうケチな人もいるでしょう。
そんな人には郵便局で毎年発売される
「バレンタイン記念切手」がオススメです。

c0132422_231146.jpg

バラの花が浮き出たようにプリントされていて、
なんと、バラの香りつき!
1枚たったの5バーツです。
義理バラ代わりに最適?

先日、たまたま郵便局のカウンターに並んだら、
私の前に並んでいた男性も、
後の男性も、みんなこのバラの花切手を買っていました。
けっこう人気があって、すぐに売り切れになってしまうようです。

別の用事で並んでいたのに、
「あんた、バラの花切手シートを買った方がいいよ、
いろんなバラがついてるから」
と、後の男性がわざわざ購入を勧めてくれるので、
思わず買ってしまいました(笑)。

シートは1枚14バーツです。
もったいなくて貼れないし、
実は使い道があんまりないかも・・・?
ダンナにあげてもそんなに喜ばないだろうから、
自分のコレクションにしておこうと思います。
c0132422_2312214.jpg
あなたたちには関係なさそうね


今回はなんだかとりとめのない話になってしまいました。
バラだけに話がバラバラで、どうもすみません(←オヤジか!)
[PR]

by yunkao | 2010-02-12 03:19 | チェンマイの常識?


<< ピリュー君と虫      おじいさんのひょうたん >>