みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 06日

おじいさんのひょうたん

c0132422_2111980.jpg



市場にお土産を買いにいったら
見慣れぬおじいさんが座っていました。


c0132422_21114215.jpg

おじいさんは、
はるばる隣の県からバスに乗って出てきたといいます。
地面にひょうたんを並べていました。


私はひょうたんの形が好きなので
思わず足を止めてしまいました。
ひょうたんの形って、
力がぬけるようなやわらかさとおかしさがありますよね。


c0132422_21125756.jpg

ひょうたんにはおじいさん直筆の
手書きのマジックの字で呪文が書き込まれています。

タイでは、よく家の前や中に
このひょうたんのお守りを吊るしています。
お金が入るようにという意味や
災いを防ぐとか、
火災予防などの意味があるそうです。

これは、おじいさん手製の琴。
c0132422_21132139.jpg

本体にやはりおじいさん直筆の呪文が書かれているので
なんと、音を鳴らすだけでご利益があるそうです。
「あんた、買う?」
と聞かれましたが・・・
上手く活用できる自信はありません。


ひょうたんの方は、ちょうど帰国前だったので、
日本の友達へのよい「いやげもの」になるだろう(ニヤリ)
と、3つ買いました。
おじいさんのバス代の足しにもなったかな。


なぜか、無料の占いもついていました。
年齢を言うとおじいさんはノートのようなものをぺらぺらとめくり、
「天使のご加護があるじゃろう」といいました。
歳しか言ってないのに、分かるのか? 
おじいさん、皆にそう言っているんじゃないの?


ところが、日本から帰ってきて気がついたのですが(ガーーン)
ひょうたんを持って帰るのを忘れていました(涙)
おじいさんの占いをバカにしたから、ばちが当たったのでしょうか・・・


3つのひょうたんは、
しばらく家でごろごろ転がっていました。
時々、ひょうたんを持ち上げてみるとさらさらと音がします。
どうしても中のものが見てみたくなって(笑)
1つ、開けてしまいました、
ごめんなさい、おじいさん。

中から、金貨ではなく、こんな種がざっくざく。
c0132422_21134879.jpg

仕方がないので、植木鉢に植えました。
上手く育つでしょうか。

お守りを壊しちゃったけど、
バチはあてないでね、おじいさん。
[PR]

by yunkao | 2010-02-06 21:42 | 私のお気に入り


<< バレンタインのバラ      夢のダンボール・ワールド >>