みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 04日

アヒル麺食堂

c0132422_2023837.jpg

ジャーーーン!
アヒルご飯(カーオ・ナーペット)です!
美味しそうでしょう~

c0132422_209475.jpg

この料理を作っているのは、
サンパコーイ市場の側、
ジャルンムアン通りに面した
アヒル麺食堂「スアタオ・バミー・ペットヤーン」のご主人、ジェサダーさんです。

ちょっと強面ですが、
あれこれ質問しても、ひとつひとつ親切に教えてくれました。

c0132422_203214.jpg

アヒルはハチミツを塗って、
大きな釜で1時間半ほど蒸し焼きにしているそうです。
お腹の中には、生姜やパクチーの根、コブミカンの葉などなど、
17種類のハーブが詰められているので

ふ~~ん、とってもいい香り~

c0132422_2033924.jpg

お腹の中のおいしいスープも、たれの一部になるんですよ!

c0132422_2035921.jpg

たとえば、これ!
お店の人気メニュー「バミーヨック・ナーペット」。

ちなみに麺の緑色は、パンダナスの葉を用いた自然色です。



c0132422_2041841.jpg

これに、特製のたれをたっぷりとかけてくれます・・・

すると、こんな感じ☆

c0132422_2043960.jpg

たれは透明感があって、すっきりした味わい。
もともとアヒルの肉自体は少々クセがありますが、
薄くきれいに切り揃えられているので、
たれとよくからまって食べやすく、美味しいです!

ジェサダーさんの中国人のお祖母さんから伝わる、秘伝のたれ。
チェンマイでは確かにここでしか味わえません。



c0132422_20411749.jpg

そして、チャーシュー麺(バミー・ムーデーン)。
(もちろん、アヒルもあり)

この豚骨スープ、静かにじーんとくる美味しさです。
市販の砂糖や化学調味料は一切使わないというこだわりがあり、

「スープにはサトウキビを炭火で炙って皮を剥いたものを、
たっぷりの豚骨と15種類のハーブと一緒に3時間以上煮込んでいるから、
自然な甘さが出ているんですよ」
と、秘密を少し教えてくれました。
教えてもらっても・・・・・・真似できませんけど(苦笑)

毎朝5時に起きて準備をし、
8時半の開店に間に合わせるジェサダーさん。
今のお店は、何の飾り気もない小さな食堂なのですが、
以前はコーラート県の中華料理レストランで11年間、コックをしていたそうです。
アヒルの切り方や盛り付けが、
はっとするほどきれいな理由が分かりました。

「他の中華料理は出さないんですか?」
と聞いたら、
「市場の側のこの場所でやると決めたからには、
地元の人に食べに来てもらえるメニューにしないとね。
そして、この店で出しているのはレストランのメニューではなくて
祖母から母に伝わる料理なんですよ」

うう~、おふくろの味なのですね(涙)!


c0132422_2045657.jpg

さて、こちら。
これは生卵の入った黄色い麺。
なんと麺も、ジェサダーさんの手打ちです。


おおっと~!
c0132422_2051424.jpg

手さばきが早すぎて、麺が見えません(笑)!

というのは冗談ですが、
こんな風に作るのですね。

けっこう柔らかくて、舌触りなめらか。
日本のラーメンに比べるとコシが無く、あれ?っと思うかもしれません。
でも、これはきっと感覚の違いなのでしょうね。
私は「こういうモンなんだなあ~」と思って食べています。


c0132422_2053162.jpg

はい、こちらは豚のカリカリ揚げのせご飯(カーオ・ムークローブ)。
これにも、専用のたれをた~っぷりかけてくれます。

小さなエビがぷりっとまるごと入った
エビワンタン(ギヤオ・グンソット)も、いけますよ~

駅に近いので、旅の前の腹ごしらえにいかがですか?








c0132422_21312428.jpg

スアタオ バミー・ペットヤーン ซัวเถา บะหมี่เป็ดย่าง
8:30~20:30 不定休
カーオ・ナーペット  35B
バミー・ムーデーン 25B
[PR]

by yunkao | 2009-08-04 22:20 | ラムディ~!(おいしい)


<< 不思議な石      モスクのある路地 >>