みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 25日

チェンマイに初めて雪が降った日

c0132422_0381358.jpg

チェンマイ動物園のパンダ館に、パンダ・スノードームがオープン!
チェンマイ初の人工降雪施設です。

今月18日から一般公開されていますが、
一足お先に、12日の取材向けの公開に紛れ込んで見てきました(古くてすみません)

c0132422_0374699.jpg

入場前に、防寒用の赤いジャケットとブーツ、手袋を貸してもらえます。
タイは南国ですからね~

記者会見ではチェンマイ知事が、
「本日はチェンマイに初めて雪が降った日です!」
とコメントしていましたが、
さて一体、どんなものなのでしょうか・・・


いざ! 入ってみましょう!



c0132422_0383525.jpg

うわっ!
さっぶーーーーー! 何これ!

吹雪で視界が悪いです・・・



はっ!
c0132422_039012.jpg

雪だ・・・

雪を見るのは、10年以上ぶり(ずっと冬に帰っていないので)。
ああ、これ、これ~。本物みた~い。
思わず、「きゅっきゅっ」と踏みしめます(笑)


c0132422_0392183.jpg

ドーム内は万里の長城を模ったデザインになっています。

c0132422_0394511.jpg

中国風の門に、つららが・・・

パンダに合わせて作られているのは分かりますが、
私としては、どうせなら、
タイの田舎によくある藁葺き屋根の東屋に雪が積もっているという
シュールな景色を見てみたかったなあ~(笑)

冬の12月から2月頃まで、
パンダ一家はこのスノードームで暮らし、
お客さんは、2階からパンダを見学する予定だそうです。

「故郷と同じように雪のある環境にいれば、
パンダも『サバーイジャイ(いい気分)』で、また赤ちゃんができるだろう」
と、知事は言っていましたが・・・・・・


でも、ちょっと寒すぎません?
c0132422_0405100.jpg

ドームは-5℃に温度調節されています。
しばらくすると、ほっぺたが痛くなってきました。

パンダのいない時期は、
一般の人が純粋に雪を楽しむドームとなります。
ちなみに入場券は、大人が150バーツ、子供が100バーツ。
定員は50名。制限時間は1回20分です。

c0132422_0402623.jpg

やっぱりタイの人にとって、雪は珍しいものですからね。
マスコミの人も楽しそう。 ・・・仕事は?




また、ドームの中にはスロープが作られていて、
ソリ遊びもできます。


c0132422_0411262.jpg

あ、誰か降りてきますよ~




c0132422_0413824.jpg

                 ザーーーーーー




c0132422_042187.jpg

                 ザッ




c0132422_0422192.jpg

             ・・・・・・・・・・。

ん? どうした、パンダ君。



c0132422_0424127.jpg

あはは。
ひとりじゃ、起きられなかったんですね(笑)



c0132422_043195.jpg

「次がありますから」と、パンダ君は去っていきました。

パンダ君、おつかれ!
[PR]

by yunkao | 2009-07-25 02:18 | チェンマイの常識?


<< モスクのある路地      日食 >>