みちくさチェンマイ

yunkao.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 23日

町中の象

市場に小象がやって来ました!
c0132422_1105643.jpg


パオーーーーン☆
c0132422_1112578.jpg

わ~、ビックリ!!
ふふふ。
象さんの鼻の穴もふたつなんですね~


お客さんは象使いから餌のサトウキビや果物を買って
小象にあげます。

c0132422_1132982.jpg

                          わ~い


こんな風に、たまに町中で見かける象は、
象が多いことで有名なスリン県などから出稼ぎに来ているそうです。
象使いと一緒に町を歩いて、餌代を稼ぎます。

私の家のすぐ側を歩いていたこともありました。

もともとは、山の中で材木を運んだり、
農作業の手伝いをするために使われていたらしいですが、
時代が変わり、木材の伐採が禁止になって
象の働く場所が無くなり、
象使いと共に町中で芸をしながら日銭を稼ぐようになったようです。

タイでは、こんな象たちを可哀想だと問題視する人も多くいます。

確かに都会は車も多く、暑いし、象たちにとっていい環境とはいえないでしょう。
時には苛立った象が暴れるといった事件も起きたりしています。

ただ、象使いは自分の象が小象の時から死ぬまで面倒をみるのが普通らしく、
そのためには、どうにかして餌代(もちろん自分たちの食費も)を
稼がなければいけないというのが現実のようです。

芸達者な小象さんですね~
c0132422_1123813.jpg

それにしても!
間近で小象を見ると、ますます可愛いです☆


象はタイでは大切にされている動物で、
ずっと昔から人と関わってきました。

象も住みにくい世の中になりましたが、
象使いも象も
ハッピーに暮らしていけたらいいですね・・・。




c0132422_113121.jpg

[PR]

by yunkao | 2009-02-23 02:29 | チェンマイの常識?


<< サボテン・コレクション その1      花祭り >>